葉桜の「日々是好日」

アクセスカウンタ

zoom RSS 立礼席狂騒曲 〜喧嘩上等!(嘘)〜

<<   作成日時 : 2017/05/01 14:23   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

いつの間にやら「黄金週間」に入りました。
一年中で一番爽やかで良い季節のはずなんだけど
何かやたらと暑くないですか??

昨日、津和野方面に出向いたんだけど、
気温が何と27℃。夏じゃん!
津和野って盆地だからか、冬は超寒い、
夏は超暑い場所なんだけど、この時季に
真夏日近くなるってね〜

前々から書いているけど、日本は春と秋が
なくなって、夏と冬だけになった感じ。
この間までストーブ出してたんだけど…
いきなりこんなに暑くなってしまった。
でも、明け方は寒いのよね。

ここはサバンナ? はてまた砂漠地帯?
一日のうちの寒暖の差も激しすぎるわ。

さてさて…やっとやっとやーーーっと
終わりました、親睦茶会!

まあ、お茶の世界のことは書いても
なかなか一般の人には通じにくいので
アレやコレやの諸事情は省きますが…

とにかく疲れました。
肉体的にはそうでもないんだけど、
精神的には…

真っ白に燃え尽きたぜ…

はい、この世界ですよ↓

画像


前の記事のコメント欄に、某○○ホテルから
ツィートよろしく愚痴を書き込んだのだけど
(カッコ悪いから既に削除した)準備の段階から
ムカつくこと多数で、頭が沸騰してしまい、
茶会前日は一睡もせず。

体は疲れてたけど、頭が煮えていると、
寝られないもんなのね。
結局、徹夜で茶会当日を迎えちゃったわ。

まあでも、当日はどうにかこうにか席主役をこなし、
お客様にもたくさんお越し頂き、天気も良かったし
いろんな人にお気遣いを頂いたし、
大きなトラブルもなく終えることが出来ました。

私は席主ではあったけども、何だかもう一人の
席主さん&そちらの社中の関係者一同の
プロデュースで動いているようなところがあって
完全アウェイ、アウトオブ眼中な扱いを受けて
そのことで何だかなあな思いをしたわけですが。
(「え? そうなん? あたしゃ聞いとらんし
知らんがな」なことが何度もあった)

私などより遥かに場数をこなしている大先輩たちからは
「何度、茶席を持っても、その度に色々あるって。
あなたが言うようなことも、私たちは経験してきてる。
頭に来ることも、失敗も山のようにあるけど、
それを経験して、少しずつ成長するんだから、
今回の事は良い勉強、経験になったと考えなさい」と
アドバイスを頂きました。

大昔、それこそ30年くらい前のこのお茶会は
くじ引き?で席主が決まるようになっていて、
全然知らない社中の先生とペアを組んで
席を持つのが当たり前だったのね。
一応、私も茶歴はそれなりに長いので、
そんな時代があったことも、よく存じております。

当時のおエライ先生たちはそれはそれは怖くて
そういう方々とペアを組むというか、そういう方たちの
下にくっついて席を持ち、今の私どころではない、
イヤな思いをたくさん経験し、それを乗り越えてきたのが、
私の社中(つまり亡くなった老先生社中)の先輩方。

ここ最近は同じ社中や、近い社中、仲の良い人同士など
結構近しい間柄の人同士を組ませてもらえるので、
昔に比べれば「やりやすく」なってはいます。
それでも人間の出来ていない私は、「名前だけ席主」の
扱いみたいなことをされると、ムカッとなってしまったのね。

正直、「天上天下唯我独尊」の文字の入った特攻服着て
「喧嘩上等!」と、やらかしたい気分にすらなったのだけど。
(私は大昔のヤンキーか)

まあ、とりあえずは無事に終わったことでもあるし、
良かった良かった(と思っておこう)

あ、誤解のないように書いておきますが、もう一人の
席主さんは本当に色々と細かく動いて下さいました。
心から感謝しております。

アウェイ気分も味わったけど、それはまあ考えてみれば
席の裏方が、もう一人の席主さんと親しい方だったから
仕方ない部分もあるかな。
未だに納得行かない部分もあるけど、今更考えても
始まりません。自分の中で折り合いつけないと。

さて。

では、気分を変えて(笑)

茶会の写真をいくつか掲載してみますね〜
先週のものなので、初夏の気配漂う今では
少々季節外れになっています(笑)

立礼席全景
画像


短冊と花
画像


春をイメージした庭
画像


点前座
画像


薄器、茶杓、茶碗
画像


菓子
画像


箱書
画像


さて、GWはのんびりしたいところだけど、
まだ風炉も出してないし、庭の椿には薬をまかないと
いけないし、茶会で使った水屋道具も放置状態なので
片づけ雑事で終わってしまいそう〜

どこか一日くらいはお出かけ出来たらいいな〜♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
葉桜さん 席主お疲れ様。 たくさんのお客様や裏方さんに気を使い、無事滞りなく、お客様が笑顔でお帰りになりホットしている様子が目に見えるようです。 「木刀」を肩に啖呵を切る姿も良いですね(笑) 未だに入院中です、リハビリ病院の透析ベッドが空きません。 早く転院したいです、数ヶ月待っている入院待ちの患者がいるので、心苦しい日々。 少しは杖無しで歩いています。
野の花
2017/05/01 20:47
>野の花さん
おはようございます。労わりのお言葉、どうもありがとうございます。幸いに良いお天気に恵まれ、準備の時から後片付け、荷物の搬出まで雨に濡れることがなくてホッとしました。
お客様にはただただ感謝ですが、まあ裏事情は記事に書いた通りでして…つい本音というか「ヤンキー魂」が出てきてしまいました(笑)何事も修行であり、勉強の場なのですが…まだまだ精進が足りません。

まだ手術をされた病院にいらっしゃるのですね。リハビリ病院の透析ベッドの数が少ないのでしょうか。手術をされた病院は待機されている方が多いとのこと、気が焦ると思いますが、こればかりは仕方のないことなので、今暫くはあまり思い悩まずにご待機なさって下さいませ。
杖無しで少し歩けるようになられたとのこと、順調にリハビリが進んでいるようで良かったです。ご無理をなさらず、ゆっくりと回復を目指して下さいね。
葉桜
2017/05/02 09:36
う〜ん、お茶の世界は大変ですね。もちろん奥が深く、すばらしいことも、たくさんあるのでしょうけれども、私ならこの状況、もう一人の方に切れそうです。

>頭が煮えていると、寝られない

誠に、おっしゃる通りです。徹夜したことはありませんが、私もときどき眠れない経験します。仕事関係で頭にきたことがあったりすると、もうその夜は大変です。また、寝言で誰かをどなりつけていたこともあるらしいです(カミさん談)。

ところで、うちの猫、うにの件では、お気遣いいただき、ありがとうございました。ただ、しばらくは、悲しみに浸っていたいと思います。
山羊
2017/05/02 13:53
お久しぶりです

茶会の席主、お疲れさまでした
ここは湯田温泉にでも、というところでしょうか?

15年ぶりの調査立会があり、終われば38.3度の発熱を伴う風邪でダウン、通常業務は10日程の遅れを出してしまいました
もうワチャワチャで、4月を終えました

茶菓子が気になりまする
落雁でもなさそうですし、
水菓子だったら涼やかで...
翻って金沢でも行ってくるか、と思えるような体調でもなく
新大阪駅構内のマルシェで牛タン弁当で誤魔化すか 笑

お道具は野点風でしょうか?
akiakane
2017/05/03 07:59
>山羊先生
お気遣い、ありがとうございます。茶道の世界は本当に素晴らしいことも多いのですが(だからこそ四十年という長きにわたって続けているのですが)とくにここ最近は「困ったちゃん」な方が増えてきてしまっているように思えます。私の周囲だけかも知れませんが…(10年くらい前に広島の講習会に出ていた時には、そこに集まる先生方は皆さん素晴らしい方ばかりで、圧倒されましたので)
私もヤンキー魂が出てきた位ですから(笑)、キレそうになる場面は多々ありました。何とか抑えて乗り切りましたが…ムカついた場面は完全に私の中の黒歴史になっちゃいましたね。

え? 山羊先生が怒鳴りつける?? 寝言だとしても、ちょっと吃驚です〜 怒鳴られた相手もさぞビックリでは??(夢の中の相手が驚くかどうかは??ですが)
気がかりなこと、頭にかなり来たことなどあると、どうしても落ち着いて眠れませんね。今回、茶会の会場のホテルに泊まったのですが、いつもと環境が違うこともあり、見事に寝られないまま、当日を迎えてしまいました。

うにちゃん、本当に残念でした。何度か写真を拝見させて頂いたことがあり、とっても可愛かったのに…と、私も淋しく思います。
今はご家族の皆さまと共に、うにちゃんのことをたくさんお話して、思いをかけてあげて下さいませ。うにちゃんもきっと喜ぶと思いますので
葉桜
2017/05/03 11:24
>akiakaneさん
ご無沙汰しております。お忙しい時期は何とか過ぎましたでしょうか?

ありがとうございます。何とか大きなトラブルもなく、終えることが出来ました。GWはどこも混み合いますので、今月の半ば過ぎに九重(九州)まで足を伸ばして、温泉に浸かってくる予定です。
湯田も近くていいですね。山口県の中には大小色々な温泉、結構あるんですよね〜

調査立ち合い、お疲れ様でした。物凄いストレスだったことと思います。そういえば、私も先月の茶会の前に風邪をひいて発熱。入院させられたら困るので、気合いで治しましたが…私もワチャワチャな四月でございました。

茶席の菓子、上は押物(打物・落雁よりややしっとりとした感じです)、下は有平糖のように見えますが、氷菓糖のようなゼリーっぽいお菓子です。写真ではちょっとわかりづらいですよね。
金沢は私も憧れの土地ですが、何せ遠い。まあしょっちゅう白浜に行っているので、その旅費を金沢に回せば行けないことはないですが…どうしても白浜に行ってしまいます(笑)

お道具は会記を載せていないのでわかりづらいと思いますが、おっしゃる通り野点風の取り合わせです。朱菊蒔絵の大棗(川端近左)に淡々斎作の茶杓「峰の花」、茶碗が枝垂桜(加藤利昇)に花丸紋(茜窯)。全部「花」でまとめてあります。
葉桜
2017/05/03 11:36
それは、“大昔のヤンキー化”しそうになるのもわかります。

よく我慢したょね(‥、)ヾ(^^ )

なんかお茶の世界も怖いですね((((;゜Д゜)))

華道の世界は、ゆるぅーい感じでしたね。
まあ、20年ぐらいしか携わってなかったので、ひよこみたいなものかな(笑)

ただ華展で、私の名前でいけたもの花が本部の先生が行け直したらしく、当日別物になっていて、ビックリしました。 直したレベルじゃないからこれが(*`Д´)ノ!!!

お花のメンバーみんなそれやられて、二度と華展に参加しなくなりましたとさ。
オルカ
2017/05/03 12:56
>オルカさん
わかってくれる〜? もう一人の席主さんや、その周囲の方から見たら私は「ちっとも使えないヤツ」「動いてくれないヤツ」に映っただろうけど、そもそも「いない人扱い」だから、どう動いていいかわかんないのよね〜
自分でもよくキレずにやり過ごせたなって思うわ(笑)

華道の世界も色々ありそうだけど、流派や地域でも違うのかしら?
20年携わってたら長い方だと思うよ〜 私は40年といっても、そのうち数年はホントに子供の習い事みたいな感じだったので。

えー、手直しレベルではなく、別物になってたって…それじゃ本人の作品ではなく、その手直しした先生の作品になっちゃうよね?
あからさまに「ダメ出し」してるみたいで、凄くイヤな感じだわ。私もそういう目に遭ったら、華展に出す気はなくなると思う。あんまりだもんね〜
葉桜
2017/05/04 18:06
お久しぶり。
そうかぁ、大変だったんだぁ...
私なら我慢できなかったよね、きっと!!とか思いながら読みましたよ。
ほら、あの赤穂の浅野内匠頭を思い出しちゃったわ。
血圧が高い時だったら怖いことになってたよね..とかも思った!

でも、よく我慢して、結果は刃傷もなく(笑)
怒りのあまり倒れることもなく、無事に終わってよかったわぁ!

立礼席って、こういう感じなのね。
なんか想像と違う。
想像では天幕があって、赤い毛氈の座席があって・・・って、あはは..何時代のことだ?!(笑)

お茶碗は手にとってみたいわぁ!

短冊はなんと書いてあるの?
(こういう文字がせめて読めるようになりたい)
室内に季節を表した大きな盆景(?)みたいなのを作るのね。

それで今思い出したんだけど、うちの母は動けた間は『盤景』というのを楽しんでいたの。
母が倒れてから、そのお道具はほとんど私が預かっているのよ。戸棚の奥に(苦笑)

・・・九重の方(筋湯)に行くのはもうすぐじゃないの?
楽しみね。私はすぐ近場の温泉で我慢だわ。
こっちで会うときは海に面した潮湯に案内するわね♪
TAMU
2017/05/13 18:09
>TAMUさん
こちらこそご無沙汰です〜
そしてお返事が遅くなってごめんなさい。金曜日から昨日まで、お茶の研究会(勉強会)でずーっと出かけてて…今月も何やかやで用事が多くて、ここも新しい記事を書きたいのに、その時間がないのよ〜

まあ何とか無事終わればいいやと思って耐え忍んだけど、もう一人の席主さんは私とは逆で、自分ばかりが動きまわらなきゃいけないことが不本意だったかも。結局は私たちがうまくいかなかったのではなく、もう一人の席主さんばかり働かせるようにした周りが原因なのよねえ…
このお茶会には立礼席だけではなく、濃茶席と薄茶席があるので、また何年かしたら席主が回る可能性もあるのね。ただ、次は私の姉弟子とのコンピでない限りは固辞します、絶対に。

長々と愚痴ってごめんなさいね〜 
でも、血管がキレることもなく、刃傷沙汰もなく(笑)とりあえず終えることが出来て良かった良かった。

天幕、外でやる「野点」の時には仕切りで掛けることもあるし、室内でも掛けることはあるけど、このホテルは窓から見える庭も一つの景色になるため、天幕無しのままです。
毛氈を敷いた座席、正客のところだけそうなってるの。本当は全部の座席がそれだと、風情があっていいのだけど、これまたホテルだから、こういう感じになっちゃうのね。

お茶碗、黒仁清の枝垂桜は私の茶碗だから、いつか機会があったらお見せするわね〜

短冊は「花鳥」という文字なんだけど、花はともかく、鳥は読めないよね(私も最初、何て書いてあるのかわかんなかった)

盆景、初めて聞く言葉かも。盆栽とはまた違って、景色を作るのね。今、画像を見てみたら、今回作った庭は盆景を大きくした感じなのかしら。

筋湯温泉は今週末よ♪ ゆっくり羽根伸ばしてくるわ。
潮湯、楽しみ! また色々計画を立てましょうね〜♪
葉桜
2017/05/15 15:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
立礼席狂騒曲 〜喧嘩上等!(嘘)〜 葉桜の「日々是好日」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる