葉桜の「日々是好日」

アクセスカウンタ

zoom RSS 私のハートはマリンブルー

<<   作成日時 : 2016/04/21 12:27   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

昨日まで良い天気だったのに、今朝は早くから大雨! 

熊本の地震が起きてから1週間経ちましたが
まだまだ落ち着いてません。
こんな中、大雨や暴風って…明日は持ち直すみたいだけど
また土日が雨みたい。ふー。

16、17日は大きなお茶会があって、私は泊まりで
某ゴ○ホテルに泊まったわけですが…
暴風で窓ガラスがガタガタうるさいわ、
また地震速報で叩き起こされるんじゃないかと
気になるわ、まあそんなこんなで
ろくに寝られなかった。

ま、このホテルで熟睡したこと、ほとんどないけどね〜
毎度毎度、翌朝が早いということもあり、
まともに寝たことがない。

なもので、半徹夜状態で茶会を手伝うなんて
もう慣れっこになってるわけですが。

いやでも、昨秋の谷底転落状態の時を考えたら
ようもまあ、ここまで復活出来たなーと。
えらいぞ、自分!(誰も褒めてくれないから、
自分で自分を褒めておく)

あの時は、もう正絹の着物なんて着られないんじゃないかと
思ってたもんねえ。正絹の着物を着る=人前に出て
何かするってことだから(稽古の時の着物はシルックなどの
洗える着物ばかりです)

今回も色々な人に鍛えられて(苦笑)
何とかカントカ頑張りました。
いつも思うことだけど、まだまだ修練が足りませぬ。
もっと経験を積まないと。

月曜日は疲れ果てていたので、家でのんびり。
火曜日は前々から予約を入れていた
大学病院のサワヤカ先生のところで採血に
腹部エコーに胃カメラに…消化器系検査の
フルコース(笑)

胃カメラは萎縮性胃炎持ち、食道ヘルニア持ちで
毎年受けているわけですが…

今回、10年ぶりくらいに組織を採られた。
二箇所くらい発赤があるから念のためと。

おまけに食道部の所見に「バレット食道(SSBE)」と書かれた。

食道ヘルニアは腹膜透析時代からだし、それを考えると
今までだってSSBEはあったと思うけど、書かれたことは
なかったんよね〜

バレット食道をネットで見ると食道腺がんになりやすいとか
何とか怖いことも書いてあったけど、SSBEでは
その可能性は低いらしい。

あと、大したことないSSBEは所見として書かない場合も
あるみたいだし(だから今までnomalで済まされたのかも)

ま、今回検査したオネーサン先生が慎重派だったって
ことでしょう(組織も採ったし)

胃部の所見に「ナントカcarcinomaの疑い」とは
なかったんで、本当に「念のため」なんだろうけど>組織採取

carcinomaの文字は昨年、乳腺腫瘍が出来た時に
針生検の所見を受け取った際に散々見て、
超〜〜〜イヤンな思いをしたので
単語、覚えちゃったわよ(-_-;;)
(結局、腺筋上皮腫(adenomyoepithelioma).という
珍しい良性腫瘍だったのでホッとしたわけですが)

サワヤカ先生も胃カメラ画像をチェックした後に
「念のためですから、そんなに気にしなくていいです。
どうしても気になるなら連休明けに予約入れますけど、
二ヶ月先でいいと思いますよ〜」とゆるーいお返事。

もしこれが悪いものだとしても、二ヶ月放置で
どうにかなるわけでもなさそうだし、
二ヶ月後なら怒涛の研究会×2回に市民茶会も
終わっているから、あとは野となれ山となれで
ま、いっかと思ったり。

まー、昨秋のドタバタで胃がどうにかなっているのは
間違いないと思っていたので、あーやっぱりという
気持ちはあったけどね。

あからさまに「ガン」だったら、消化器専門医なら
胃カメラ画像見てわかるそうだけど、そうなんかなー

ん〜、気にしてもしょうがないので、二ヶ月後まで
このことは考えまい(苦笑)

しかし、胃カメラやってから胃が痛くなったのは
何でやねん。あのオネーチャン先生、結構
手荒かったからなぁ…そんなにギューギュー
押さえたら痛いっつうの。

いやはやまったくもって、タイトル通り。
「私のハートはマリンブルー」
(「君のハートはマリンブルー」のもじり。
この歌、覚えてる人いるのかなぁ? 30年以上前の
歌だし。私にとっちゃ青春の歌ですが・笑)

あ、食欲はガッツリあるのでご心配なく(笑)

地震のニュースや新聞ばかり見て、更に胃カメラで
どよーんとなり、今日は雨で気分が余計にどよよーん。
スイミングも「こんな時に水たくさん使うプールに
入るのもなぁ」と余計な気を回して、昨日も今日も
行かずじまい。

午後から炉に火を入れて、一息つきますか。
こんな時はこれが一番。

さて、最後に先日撮った「しょうもな写真」をいくつか。
普段、画像アップは滅多にしないので、
殺風景なブログになっちゃってますが、
今日はいっぱいアップしときます。
どれもスーパー駄作ですが(笑)

まずは庭の花たち。

白乙女椿
画像


画像


サツキ
画像


利休梅
画像


紫蘭
画像


日本かたくり
画像

ピンクの花が咲くはずなんですが、私の手入れのしかたが
悪いせいか、どう見ても白い花です

次に稽古場の床です。

かたくりの花 俳画
画像


山芍薬
画像


もうすぐお別れの炉(残念ながら透木釜じゃありません〜)
画像


来週末には炉塞ぎをして、風炉を出します。
床の掛物も初風炉にふさわしいものに変えます。
花も風炉の花に変わるんですが、ウチの庭には
ろくなのがないのが難点。茶花採集に行かなきゃ。

そうそう、昨日の記事のコメント欄で愚痴った母の病院のこと。
どうやら薬の心配はなさそうなので(予備がたくさんあるらしい)
とりあえず一安心。

しかし、この土日に泊まりで出かけることを言っておいたので
昨日電話して何とか手伝ってきたことを言ったら
「良かったね、気になっていた」と言われました。
母は昨秋のドタバタをよく知っているので、今でも私の体調を
心配しています。ああ、ホントに私は親不孝者だ〜
と、同時に親の情愛とありがたみをこういう時、
ひしひしと感じます。

亭主にも、双方の親にも心配かけないようにしたいもんです、はい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
葉桜さん 
こんばんは やっと春らしく、20度前後の気温となりました。
今日は半年に一度のシャント健診、動脈のQBは1,200から1,000になっていました。

葉桜さんをして「鍛えられた」とは、いやはや、お茶は奥深いですね。
子供も言っていましたが、お運びの人は正絹の着物だが
水屋の人たちはシルックの人もいたよ、と。

山芍薬、先生が先日開催したお茶会の花がこれだったそうです。やはり自宅の庭から切ったものとか。

山芍薬は10数年前、青森に出張した際、朝市で売っていて5,000円と言われ躊躇していたが、緑の葉が綺麗で気に入り買おうとしたところ、一株に2本茎が出ており10,000円と言われた。
「5,000円でなかった?」と言うも、お婆さんは訛りの強い「青森弁」で言いわけを言うが何を言っているのか分からず諦めたことを思い出しました。

カタクリのお軸いいですね。
白いカタクリ、山口県寂地山が有名なんですね、一度見てみたい。
野の花
2016/04/22 18:49
>野の花さん
こんにちは。昨日は初夏を思わせるような強い陽射しでしたが、今日は朝から曇天で、先ほどから降り出しました。今日は庭掃除の予定でしたが、予定は未定で結局やらないで終わってしまいました(苦笑)

シャント健診というのがあるんですね。私、受けたことがないです。一体どのくらい流れているのかさっぱりわかりません〜 ただ、昨夜透析から帰ってきて、パッチを外して絆創膏に貼り替えようとした時にピューッと流血事件に(ごくたまにあります)慌ててティッシュで押さえ込んで事なきを得ましたが…こういう時、「ああ、こんな表面の血管だけど動脈血が流れ込んでるんだわ〜」と感じます。包丁で傷つけたりしないように気を付けないと。

はい、私などまだまだです。茶道は「道・学・実」といいますが、私はこの中の「道」「実」が本当に伴っておりません。「学」は好きなことなので、しょっちゅう本で学んだり、稽古も真面目にやってますが、様々な場面での心配りや気遣い、礼儀等、あとは水屋仕事のアレコレ…まだまだヒヨコどころか卵だなーと常に思います。

山芍薬の倍額事件(苦笑)、その後、その株は買われたのでしょうか? 5000円でも高いと思いますが、10000円では手が出ませんね。私が買った鉢は確か2000円くらいだったと記憶しています。

あ、白いカタクリの花というのがあるのですね。ウチのだけが私の育て方でおかしくなったのかと思いました。毎年、白い花が咲いています。
葉桜
2016/04/23 13:53
えらい、マジ、偉い!
オルカ
2016/04/23 19:48
>オルカさん
わーい、オルカさんに褒めてもらえた〜♪ ありがとう(^o^)/
葉桜
2016/04/23 21:36
葉桜さん おはようございます
>流血事件
帰宅して絆創膏から血が滲み出ていることがあり、中々止血できないことがあった。
「エレバン プレスタット」という穿刺部被覆保護用絆創膏をネットで取り寄せました。
現在は病院の止血もこれを使用。
15号針使用のためか、止血時間が足りないか、血管が弱っているのか、最近は病院から自宅まで止血ベルトで軽く止めています。

子供が色無地を作るので家紋入れる、お茶をやっていた姉が喪服をシャメで写し、正式名を聞く。
普通(男紋)紋はなじみがあるが、女紋の正式名は知らなかった。

シャント健診
以前血流が過大で、動脈の縫縮術を血管外科医院でおこない半年ごとに左右の腕で血流を測っています。

野の花
2016/04/24 12:23
>野の花さん
こんばんは。私は16G針なんですが(15G針を希望してもOKをもらえないんですよね)、それでもたまーに、家に帰ってから流血事件を起こすことがあります。止血ベルトで止めて帰るので、20分くらいはその状態でいるから、滅多なことでは流血しませんが…穿刺部被覆保護用の絆創膏というのがあるんですね。あまりこうしたことが続くようなら考えてみます。

お茶席にはやはり「紋付き色無地」は必須アイテム?ですので、私も正絹、洗える着物と合わせて何枚か持っています。お嬢様、着物を作られるんですね。出来上がりが楽しみですネ。

シャント健診、そういう経緯がおありだったんですね。血流過大でバンティング手術をするという話は聞いたことがありますが、あとからのフォローも大変なんですね。
シャントは流れ過ぎても、流れが悪くてもいけない…丁度良い按配というのが難しいですね(私のシャントは低空飛行といったところで…しょっちゅうPTAのお世話になります)
葉桜
2016/04/24 20:20
しょうもない写真どころか、いい写真ばかり!
白乙女椿? 
白い花が大好きなの!
山芍薬(たぶん私は初耳)を生けたのがすてきだわ〜!

私は昨日、原因不明の目眩が出て、昼過ぎまでどよーんだったんだけど、少し食欲が戻ったら元気になったわ♪
食べるってすごいよね!
TAMU
2016/04/26 20:09
>TAMUさん
いえいえ、あちこちで花の写真をブログにアップしている人たちは凄く上手に撮っているのよ。私のは本当にテキトーに撮っているので、ぜんっぜん美しくないのね。本当はもっと綺麗に撮りたいんだけどな〜

乙女椿はピンクが多いんだけど、うちにあるのは白い花。白い花はすがすがしくて綺麗なんだけど、茶色くなるのが早いのが難点。管理が難しいわ〜
山芍薬はこの季節、茶花としてよく使われます。牡丹や山芍薬は真の花入(青磁や唐銅など)にピッタリ合うので、私もそれなりの花入を出して生けました(といっても、青磁の見立てなんだけどネ)

眩暈、今は大丈夫かしら? 眩暈にもグルグルとフラフラがあるし、理由も多岐にわたるけど、もう出て来ませんように。
私は昨秋、今までになくヒドイ目に遭ったけど、極力食事は摂るようにしてたから、体重減少も2kg程度で済んだし、今はすっかり元に戻っちゃった(笑)
やっぱり「食べる」って大事だなーと思うわ♪
葉桜
2016/04/27 10:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
私のハートはマリンブルー 葉桜の「日々是好日」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる