葉桜の「日々是好日」

アクセスカウンタ

zoom RSS 無華出参上!(←ラッカースプレー書き)

<<   作成日時 : 2016/04/05 18:55   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

花紅柳緑の季節となりましたね〜

まさに今は桜が満開、柳は新緑の葉が
とてもまぶしくて…あー、春だなぁ〜と
思っておりましたところ…

(以下、前の記事のコメント欄にも書いてることの
繰り返しですが、詳細をもう一度♪)

何と「家の中」に

ムカデ参上!

しかも

咬みつきやがった〜〜〜!!

洗濯物にくっついていたのか、それとも私が洗濯物を
畳む前にバサッと広げた中にもぐりこんだのか、
せっせと畳んでいる最中、洋服の中に紛れ込んでいた
ヤツに触ってしまったようで、

ガブッ

イダーッ!


何というか、まるでガラスの破片が刺さったみたいな
痛みがビーンと襲ってきましてん。

咬まれたのは左手の人差し指の付け根。
まー、「ここを咬みましたよん♪」とばかりに
キレ〜に二箇所、咬んだ痕が。

さあ、それからが大変。

ヤツは私に放り投げられて窓際に向かって走る。
亭主がすかさずハエ叩きで叩くけど、簡単には
死なない(当たり前じゃ)

結局どうやったのか知らんけど、「サバ折り」に
したとか何とか?とにかく「一刀両断」のようなことをして
片づけたそーな。

チッ、私がこの手で葬り去りたかったよ。
いつもならムカデキ○チョールと
凍殺ジェットをお見舞いするんだけど…

今回ばかりは咬まれて痛い手を何とかせんと!と
完全にテンパって気が動転。

出かける時間は迫っているし、あーもーこれじゃ
運転もままならんやないの〜〜〜

しかし、テンパってるもんだから、
ムカデとチャドクガと蜂とヘビの
咬まれたり刺されたりした時の対処法が
頭の中でごっちゃ混ぜ。

で…

ひとまず流水で咬まれたところを洗って
毒の絞り出しをして(物凄く痛かった)
それから保冷材で冷やしてみた。

ギャー、すんごい痛いじゃん!

…冷やすのやめました。

そういえば、ムカデの毒は温めた方が
毒が失活するということだったような…と
思い出して、今度は熱めのシャワーかけ流しで
温めてみた。

かなり痛みは引いたけど、出かける時間が迫ってる。

仕方なく湯のかけ流しを途中で止めて
ロキソニン投入、湿布を貼って
「これで炎症は何とかなるやろ」とお出かけ。

でも、出かけてる最中も痛くてねえ。
まあ、腫れて来なかったのは幸いだけど。

家に帰って、再び熱めの湯で10分くらい
かけ流し。これで痛みがサーッと引きました。
あとはリンデロンVGクリームを塗っておしまい。

全く腫れて来なかったし、痛みも引いたので
夜もしっかり寝られました。ホッ。

一応、咬まれてからすぐに透析施設に連絡は
したんだけど(シャント肢ということもあったんで)
「今来てもらっても、ステロイド軟膏を塗ったり
湿布をするくらいしか出来ません。
全身的な症状があったり、我慢できない痛みが
出たら来て下さい」と言われてしまった。

結局、治ったので行かずじまい。
翌日の透析の時に何か言われるかなーと思ったけど
どうやら病棟の看護師さんから連絡が行っておらず
スタッフからは何も言われず。

でも、リンデロンクリームの追加をもらっておきたかったので
こちらから「かくかくしかじか、ムカデに咬まれた」と報告。
師長さんが傷を見に来られて「これなら大丈夫、
対応が良かったようですね」と…

実は「ムカデ毒には冷やすより熱い湯」というのは
ネットで得た知識。
いやー、虫には弱い私なのに、ムカデに咬まれても
腫れもせず、痛みもなくなるって信じられない〜

ただ、私が咬まれたのは末梢部(指の付け根)だったから
軽症で済んだのかも。手首足首、太ももその他
大きな血管やリンパ腺が通っているところだったら
やはり病院に行った方がいいかなと。

それにしても。

何でこんな時季にムカデが出るんじゃ〜〜〜!!!

普通、GWも過ぎて、梅雨時のムーッとした時季に
ヤツらは跋扈するはず。なのに、まだ四月の上旬だよ?

それに、今の家に引っ越してきてから、外では見かけたものの
家の中にヤツがいたことはなかった。
前に住んでいた家では、よく家の中まで侵入してきてたけど。

初めて今の家の中で見て、私は生まれて初めてヤツに咬まれた。
(亭主は前の家で2回咬まれている)

そんなこんなで、早速ムカデ対策をしました。

通販で「ムカデ博士」という砂を購入。
(今までも買っていて、今回リピート)
まるで光の速さで届いたので(笑)
すぐさま今朝、家の周りに撒きまくりました〜

ムカデキ○チョールもヤバそうな場所に吹き付け。

あ、もしかしたら昨秋、脳鳴り事件でトチ狂っていて
追加の「ムカデ博士」を撒くのも、ムカデキ○チョールを
吹き付けるのも忘れていたから、こんなことになったのかも?
(今までなら寒くなるまで徹底的に対策していた)

はー、キイロスズメバチ事件やら、トビズムカデ事件やら
(今回参上してくれたムカデはトビズムカデです)
ユカイなイキモノ、いや、これらは害を及ぼしてくれるから
「フ・ユカイなイキモノ」よね。まったくもって手こずるわ〜

んー、こうやってムカデのことを熱く語ると、思い出すのは
ももさんのこと。彼女とはムカデ談義をよくしてたのよね。
お互いにムカデに悩まされていたもので。

今回のことも聞いて欲しかったなぁ。
もっとも心の声で「ねー、聞いて聞いて、とうとうムカデに
咬まれたんよっ!」って語りかけてるんだけどネ。

というわけで、ムカデ事件のニュースでした(笑)
完全にチラ裏だけど、ここは私の日記だから
ま、いっか♪

次はもうちょっと春らしく、オサレな記事を
書きたいわん〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ムカデにはまだ、御目文字かなわずな私です。
昔、妹の出産の手伝いに門司まで行ったときに、妹が、ムカデが良く出るので、雑巾などをとるときには棒で突っついてから持つようにって言われたのを覚えています。
お風呂場に、良く表れるって言っていました。
その後、噛まれた傷は何ともないですか?
あっこ
2016/04/05 21:24
>あっこさん
おはようございます。
出来ればムカデにはお目もじかなわない方が宜しいかと存じます(苦笑) 我が家は藪が近くにあるので、もういろんなモノが出現します。ムカデも前の家にいたものより遥かに大きいのが出たり。今回私を咬んでくれたムカデもそこそこの大きさでしたが、まだ冬眠から覚めたばかりだからか弱く咬んだみたいで、さほどの惨事にならずに済みました。

門司はうちから近いので(直線距離だとものすごく近い)土壌も似たところがあるかも知れません。田舎でも出ないところは全然出ないそうですから、土壌がかなり影響しているように思います。

幸いに咬まれた箇所は牙の痕?がうっすらと残っているだけで、何ともありません。痒みも出ず、一安心といったところです。
葉桜
2016/04/06 08:51
葉桜さん
桜吹雪がはかなくも美しく、一抹の寂しさを感じるこの季節ですが、毒虫に美指を咬まれた由、まことに災難でした。
お見舞い申し上げます。

ムカデに咬まれたという話を聞いたのは初めてで、関心を持ち、傷の対応など参考になりました。
ネットで見ると@冷し、毒を抜くA火傷しない程度の温水を掛けるなどあり、両極でした。
ここは葉桜さんのAの対応を記憶に留めます。

ムカデといえば中学校運動会で「ムカデ競争」を思い出します。なんとなく滑稽な競技にムカデに対しては怖さを感じていませんでした。
昔、軍隊で東南アジアにいた人が「長靴を履くとき、毒虫(サソリやムカデ)が中に入っていることがあるので、トントンと叩いてから履く」と言っていたことを思い出しました。

それにしても、咬まれた後の退治方法がものすごい。
「百叩きの刑後、サバ折りにして一刀両断」の書き下し部分は憎悪が滲み出ています(笑)

小生は子供のころ、蜘蛛に刺されて手が腫れあがったことがあり、爾来蜘蛛は天敵です。
芥川龍之介「蜘蛛」のカンダタの良心は・・・・。

いよいよ桜も「葉桜」の季節、本格的な春を迎え、様々な生物との遭遇を楽しみにしています。
野の花
2016/04/07 14:47
>野の花さん
こんにちは。今日、こちらは風雨が強く、せっかくの桜も花びらが落ちてしまいそうです。短い花の命に切なさを感じるこの季節に、このような無粋な記事(しかもタイトルのみならず、言葉遣いもヤ○キーそのもの)をお目にかけてしまって申し訳ありません〜
美指ならぬ「醜指」ですが、何とか腫れずに済んだのは幸いでした。お見舞い、ありがとうございます。

今回、私は初めて咬まれましたが、かなり痛かったです。冷やすと余計にズキズキ痛んだので、火傷しない程度の熱めのお湯をかけ流してみたところ、痛みはスーッと嘘のように引きました。
どうやらムカデの毒は皮膚の奥深くに入るわけではないようなので、毒の絞り出しの必要はなく、シャンプーや石鹸で洗い流して、それから湯のかけ流しをするのが良さそうです。応急処置にも色々な説がありますが、私はこれで痛みも腫れもクリア出来ました。

「ムカデ競争」…運動会でありましたね〜 今でもやっているんでしょうか?
靴をトントン、現在私がやっています。スニーカーに潜んでいたりすることがあるということなので。その点、和服の時の草履はオープンスタイルなので安心して履けます(笑)

退治方法、亭主が報告してくれた通りを書きました(笑) 私なら多分、まずスリッパで叩いて、それからムカデキ○チョール+凍殺ジェットを振りかけていたと思います…亭主のやることと似たようなものですね〜

蜘蛛って刺すのですか?? そういえば毒蜘蛛もいますものね…ウチの差し掛けにたまーに出てくるアシダカ軍曹ことアシダカグモは刺すことはないですが、ちょっとおっかないです。

はい、今月の半ばあたりから「私の季節」になります(笑) 我が家の「わくわく動物ランド」も盛況になりそうです(苦笑)
葉桜
2016/04/07 18:07
ムカデに刺されたって話を初めて聞きました。
かむんですね〜 しかも毒もあるとは((((;゜Д゜)))

暖めたほうがいいだなんて(^_^;)

対処法を知っててよかったですね。

いや〜驚きました(*_*)
オルカ
2016/04/08 18:22
>オルカさん
うん、ムカデは前方についてる牙で咬むのよ〜 せめて咬まないでいてくれたら、必死こいて駆除もしないんだけどね。彼らは臆病で、ちょっとでも触れると危険を感じて咬んじゃうみたいなのね。

こちらは田舎なんで、ムカデに咬まれただの、蜂に刺されただのといった話はよく聞くわ。さすがに私も蜂だけはイヤン。特に怖いのがスズメバチ。二回目に刺された時はアナフィラキシーが避けられないみたいだし。

温めた方がいいなんて普通考えつかないよね。でも、本当に嘘のように痛みが消えて、今は何ともないの。毒が失活したみたいで良かった良かった♪
葉桜
2016/04/09 14:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
無華出参上!(←ラッカースプレー書き) 葉桜の「日々是好日」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる