葉桜の「日々是好日」

アクセスカウンタ

zoom RSS 人生いろいろ(←実はカラオケ十八番)

<<   作成日時 : 2014/11/26 13:46   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

更新が遅いのは今更始まったことではないけど(苦笑)
ちょいとお楽しみから遠ざかってました。

先週月曜日に亭主が仕事中に大ケガしちゃいまして。
(高所からの落下)
QQ車に運ばれて、某病院に担ぎ込まれてしまいました。
(当然、会社から私に連絡が入って、私は病院に
駆けつけましてん)

でも、入院なんてことにはならず。
肋骨骨折と目の周りの打撲、結膜出血はあるけど
眼科は特に次の受診は指定されず、
整形外科だけ三週間後の受診になりました。

脳と頚椎と脊髄が無事で本当に良かった…
内側が発泡スチロールで覆われたヘルメットを
かぶってたのが幸いしたみたい。
ちなみにヘルメット、一番強く当たったところは
割れてました(怖っ)

そんなこんなでバタバタしていまして。
だけど、亭主本人は至ってフツーにしていると
いうか。仕事も翌日から出て行ったし(さすがに
翌日は時短で出たんだけど)
私はせめて2〜3日家にいればいいのにと
思ったんだけどね〜

いやしかし、人間いつ何が起きるか
わからんなぁ…と思った事件、いや事故でした。

そりゃ私は亭主を看取ってからでないと
死ねないとは思っているけど、いくら何でも
まだアラフィフ同士、せめて還暦くらいは
お互い元気で迎えたいわよ。

と、ネガティブな話題はこのくらいにして。

最近、写真をちっともアップしてなかったので、
↑の事故が起きる前々日土曜日に出かけた
お寺での紅葉の写真でも。
3枚目の写真は、お寺の先にあるお稲荷さんの
手水鉢に落ちた紅葉をパチリ♪

画像


画像


画像


もう一つ、中国地区大会という大きな大会が
11/8、9とあったんだけど、その中の立礼席の
お花と点前座。準備の日に撮ったので、
釜が置かれてなくてちょっと変ですが(笑)

画像


画像


ウチの稽古場は炉開きの設えはしたけど、去年と
変わらないので(茶壺も置いてある)写真は省略(苦笑)

庭は何故かツツジの一部が狂い咲きしております。
あと梅花空木も花をつけてたな〜
いきなり暖かくなったりしたからかしら?
いずれも初夏の花なんだけど、不思議。

ま、生きてりゃ色々ありますわな〜
ちなみに私の体調はそれなりに良いです。
9日に胃カメラを予約しているので(別にどこかが
悪いのではなく、年に一度のお約束検査)
それで何か言われませんよーに。
(慢性胃炎は前からあるからともかく)

明日は今日の雨が一転して晴天のようです。
さて、久しぶりに庭仕事に精を出しましょう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
ヘルメットが割れた?
どのくらいの高所から落ちたんですか。
でも、ご主人、大したことなく良かったですね。
葉桜さんも、電話で知った時は、どんなに驚かれたことか、私だったら卒倒していたかも。
読みながら、胸がパクパクしました。
あっこ「
2014/11/26 16:41
>あっこさん
亭主が救急車に乗せられたのは実はこれで二度目でして…一度目はミニバイクに乗ってて、右折して来た車と接触事故、転倒して救急車で運ばれました。
その時はまだ20代で若かったからともかく(上手?に転んだようで大きな怪我はなかった)今回は年齢が年齢ですし、私もやはり心配でした。

ちなみに2メートルくらいの高さから落ちたようです。さほどの高さではないとはいえ、打ち所によっては大変なことになっていたので、本当に怖いですね。
葉桜
2014/11/26 17:04
ご主人大変でしたね。 脳に問題なくてよかったね。 お大事にm(__)m ところで、人生いろいろが十八番とは(笑)
オルカ
2014/11/26 20:16
ご主人大過なくて良かった、備えあれば・・・ですね。
私はヘルメットを被るのはミニバイクに乗っていた時だけですが、これからは心にもヘルメットを備えようかな。

金曜日、烏口肩峰靭帯の手術を行い、キズを絆創膏で固めていますが、痒くてたまりません。

4〜5枚目の写真にあるような雰囲気でお茶を飲みたい。
野の花
2014/11/26 21:53
>オルカさん
はい、とりあえず脳と頚椎と脊髄と網膜に異常がないということで一安心。これらは損傷すると後々に関わるもので…
ただ、後遺症が出て来なきゃいいけどと、またまた余計な心配をしてるとこ(自分のことだと、どっち向いててもいいって思っちゃうんだけどね〜)

人生いろいろ(笑) 着物着て歌わなきゃならない時に選ぶのがコレ。石川さゆりの「天城越え」も好きなんだけど、とっても難しいのでパス〜!
葉桜
2014/11/27 09:35
>野の花さん
ヘルメット、中に発泡スチロールが入っているだけで、ずいぶん衝撃の受け具合が違うそうです。
亭主のバイク用のヘルメットほど厚くないですが、それでもないよりはずっといいようですね。

肩の手術、大変でしたね。日帰りでされたのでしょうか? 絆創膏で固めたり、ギプスで固めたりしたときって、痒みがとっても辛いんですよね〜

今回のお茶席は椅子席なので(最近は大きな大会は大抵のお席が椅子席です)どなたでも気軽に入って頂けるかなと思います。残念ながら私は準備の日に出ただけで、当日の出席はかなわなかったのですが、盛況だったと参加した人から聞きました。
葉桜
2014/11/27 09:39
>葉桜さん、旦那様、大変でしたね。2mと、それほど高い所からでなくて良かったです。怪我といえば、私は仕事中、機械のローラーに指を巻き込まれ、中指破切断・薬指骨折の大怪我をしました。ちょっと間違えば、右腕が取れているところでした。

入院しているとき、右隣のベッドに大工さんが寝ていました。仕事で家を建築中、一階の屋根から落ちたんだそうです。足の複雑骨折のため、右足と左足の長さが、何センチか違ってしまったと言っていました。

私は、今年の四月、我が家の二階のてっぺんに立ててある、テレビアンテナの方向を直しました。一階の屋根瓦に脚立を立て、二階の屋根瓦に登りました。いちおう命綱を着けましたが、ヘルメットはかぶらなかったです。瓦は滑るし、屋根のてっぺんは6〜7mの高さで、身震いがしました。透析患者のやることじゃないですよね(笑)。
ワルツ
2014/11/30 00:29
読み始めてすぐ、思わず「えーっ?!!!!」と声が出ちゃった!
脳と頚椎と脊髄と網膜には異常がないのね。
ほんとにそれくらいのケガで良かったけど、診断が出るまでは怖かったでしょ〜?
ああ、酷くなくてよかった!
でも、肋骨の骨折だって痛いのよ〜!!(咳による圧迫骨折なら経験アリ)
万一の炎症が心配だから毎日熱を測ってね。
いやいや、ほんとうにビックリしました。
TAMU
2014/11/30 23:56
>ワルツさん
はい、脚立はそれほど高さはなかったんですが、脳震盪を起こしたということは、かなりひどい落ち方をしてしまったんでしょう。本人は点検口を開けようとしたところまでは覚えているが、そこから病院に運ばれるまでの記憶がほとんどないと言ってます(未だに)
ワルツさんも大ケガをされたことがあるのですね。腕切断まで至らなくて良かったですが、指の怪我は大変だったと思います。

これまで亭主が広縁の庇の塗り替えなどをやると言っていたのを聞き流していましたが、もう心配なので業者に頼もうかと…亭主は「そう二度も三度も落ちりゃしない」とはいいますが、こればかりはわかりませんものね。
昨日もホームセンターで「家で使うヘルメットを買っとく?」と言ったら「んなもの要らない」なんて言われてしまって…もし屋根に上がることがあったら、バイク用のヘルメットでもかぶらせようかしら?
ワルツさんもどうぞお気をつけて作業なさって下さいね。
葉桜
2014/12/01 10:31
>TAMUさん
心配かけちゃってごめんなさい〜
今のところ、脳と頚椎、脊髄、網膜や水晶体等には異常はないようなんだけど、特に目などはあとから何か出てくることもあるから、今でも気がかりなの。本人は至って元気なんだけどね〜

病院に着いて、亭主の顔を見て、「朝からの記憶がない」というから、思わず「私が誰かわかる?」なんて聞いてしまいました(苦笑)さすがにそれまで忘れるようなことはなかったみたいだけど、脳震盪を起こすと数時間前の記憶が暫く飛ぶことがあるようで…かなり思い出せたようだけど、事故前後のことは今も断片的な記憶しかないようです。

肋骨の痛みは普通の痛みじゃなかったらしく、ドクターに訴えたけど「打ち身から来る痛みでしょう、レントゲンに異常はありません」とその日は帰されちゃったの。
でも、「どう考えても打撲だけではない」と考えた亭主は翌々日に整形を再受診。違うドクターにレントゲンを撮ってもらったら「ああ、折れてますね」って…最初の医者は何だったの?って感じ。私もその大ヤブ医者と話はしたけど、何か聞くにつけて「僕は専門外ですから」と逃げるのよ! とても救急患者を受け入れる総合病院の整形外科ドクターとは思えなかったワ(プンプン)

熱は怪我して3日目くらいまでは微熱があったけど、今は下がりました。目の出血も退いてきたし、このまま治まってくれることを祈ります。
葉桜
2014/12/01 10:39
その後、ご主人の体調はどうですか?
もうなんともない〜!と言われるのを期待しています。

肋骨のレントゲンのこと、冗談じゃないわよね〜!
しかも「僕は専門外ですから」と逃げるなんて!
ご主人が「どう考えても打撲だけではない」と整形を再受診したからいいけど、しなかったらどうなっていたか!
ほんと、そういうことがあるから、一人の医師の診断は絶対!と思うと怖い..って思っちゃうのよね。
・・・私も、もういいかげん、他所の医院に行かなきゃな〜。。。
TAMU
2014/12/04 01:22
>TAMUさん
どうもありがとう。その後、亭主は何事もなく仕事に行ってるけど、まだ肋骨の辺りは痛むようで、湿布も貼ってるし、ロキソニンも飲んでるかな。ただ、それ以外は何ともないようなのでほっとしてます。

最初に撮ったレントゲンが正面写真だけだったのか、それとも側面からも撮ったけど見逃したのか知らないけど、「専門」のはずの整形のドクターが骨折を見逃すって何!?って感じよね〜
ウチの亭主は仕事柄、打撲はよくやってるので、その時の痛みとは全然違うから「これは骨折だ」と自分でわかったみたい。

最初のヤブ医者、骨折は見逃すわ、私が何か聞いても「専門外ですから」と逃げるわ、亭主の目が真っ赤で周囲が腫れているのに眼科医を呼んでくることもないわで最悪だったわ(プンスカ)
結局、翌々日に自分で眼科受診、整形の再受診で何とかなったけど…本当に救急指定病院のドクターかと思っちゃったワ。
亭主は私とそのヤブ医者が話しているのを少し離れたベッドに寝たまま見てて、私がヤブ医者に掴みかかるんじゃないかとドキドキしてたと後から言ってた(苦笑) そんな凄い形相してたのかしら、私。

TAMUさんの湿疹、痒みもせめて「原因がなにか」がわからないと対処のしようがないものね…違う病院で診てもらうとか、一週間だけ透析環境を変えてみるとか(今の施設には旅行などと言って臨時透析の紹介状を書いてもらったり)何かいい方法が見つかりますように。
葉桜
2014/12/04 12:57
ご主人、どうやらだいじょうぶのようで安心んしました。

私は何度かあちこち折っているから、やっぱり骨折の時は「やっちゃった!」と分かります。自慢にはならないけど..(苦笑)

葉桜さんがヤブ医者に掴みかかる(ような)いきおいで色々言ったの、すごく分かるわ。私も相棒のことだったらたぶんそうなると思う。
...自分のことだとあまり強く聞いたりもできないんだけど..(ボソ..)

どこか他の土地でしばらくオンラインHDFを受けるの、考えたこともあるんだけどね、一週間じゃ変化は見えないでしょうね。かといって長期逗留はなかなか難しいわ...
TAMU
2014/12/06 18:28
>TAMUさん
亭主は今のところ大丈夫です。先々何か出なきゃいいけどと、今でも思うんだけど…こればかりは心配してもどうなるかわからないので、あまり考えすぎないようにしないと。

私は足の骨折を二度ばかりやってるけど、そのうち一度は疲労骨折で知らない間に折ってた感じだったので、激しく痛かったって記憶がないのね。もう一度は腓骨骨折で、こちらは腫れたんだけど、何とか歩けたのでやっぱり骨折って思わず…レントゲンで「折れてますよー」って言われてあちゃー(苦笑)
でも、打撲とは痛みが違うってのは何となくわかったわ。

私も自分のことだったら、「掴みかかる」ような勢いで聞くことはないけど、亭主のことだからどうしてもね〜
もっとマシな医者はおらんのかいっ!と怒鳴りたくなったワ(笑)

一週間では変化ないかしら?>オンラインHDF
一ヶ月くらいなら確実に変化は出ると思うんだけど…なかなかそこまで長い「臨時透析」っていうのは難しいよね。
せめて白血球分画を出したり、アレルギーテストをするなど突き詰めて検査をしていればいいんだけど…原因が掴めない、先が見えないというのは本当に気持ちが塞ぎます(私もこの秋の感染症がそんな感じだったので。幸いに治ったものの、未だに原因はわからないまま)

どうでもの時の手段は転院かも知れないけど、こちらか言い出すのは勇気が要るし、環境もあるから(あまり遠いと躊躇するし)難しいよね…何とか少しでも良い方向に向かうようになりますように。
葉桜
2014/12/06 20:50
天井配線の点検でしたか。脚立の上でバラスンスをクズしてのことでしょうね。よくある事故です私たちも業務してた頃
天井配管の仕事でバランスを失い転落したことがあります。
高さが低いから怪我はたいしたことないなんて考えられない
ヘルメットは大事な商売道具ですよ。最近は格好ばかりを
考えて基準以下のが多くてこういうとき初めて大事さが
分かるのですが、入院するほどで無くて良かったですね
、しかしお宅の旦那は会社思いですね。
下手をすると基準局が出動なんてことになると、責任問題や
始末書提出なんて大騒ぎになるのでね。私は左官屋時代に
3度基準局に始末書を提出して札付き業者なんてネ。
年末を迎えて大変なコトにならずに済んで良かった良かった
ではもうソコまで来てるから「良いお年を」・・・・
とうちゃん
2014/12/22 20:20
>とうちゃんさん
こんにちは。
亭主の怪我から一ヶ月、骨折はまだ治っていないようですが、痛みは取れてきたようです。
本人はどうやって脚立から落ちたか覚えてないらしいですが、左半身のみを打っていたので、恐らく足を滑らせたのではないかと言っています。
さほどの高さではなかったですが、やはり高い低いは関係ないですよね。
幸いに入院や手術とならなかったのは良かったです。

今回の事故で救急車騒動になったため、警察は来るわ、労働基準監督署は来るわで大変だったようです。
はい、休んでしまうと「休業災害」=大きな労災事故ということで、監督署からお叱りを受けるとか何とか。それが困るからと出勤したようですが、私はヒヤヒヤものでした。

この冬は本当に雪が多いですね。どうぞお体に気を付けて、よいお年をお迎え下さいませ。
葉桜
2014/12/23 16:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
人生いろいろ(←実はカラオケ十八番) 葉桜の「日々是好日」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる