葉桜の「日々是好日」

アクセスカウンタ

zoom RSS 続・相変わらずの「わくわく動物ランド」

<<   作成日時 : 2014/08/28 21:07   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

前回記事の続きというか顛末です(笑)

ウチの屋根裏にキイロスズメバチが巣をかけてしまった、
さてどうするか?ということでしたが。

結局「亭主に任せる」になりまして。

見事(?)任務完了、巣を撤去してくれました。

いやー、今回私も色々と調べたけど、アシナガバチや
スズメバチでもコガタスズメバチ、ヒメスズメバチなら
どうにか一般人でも駆除できるとあったけど。

ほぼどこも
「オオスズメバチ、キイロスズメバチについては、
大変獰猛なため、必ず業者に駆除を頼んで下さい」とあったのね。

確かに、刺されたらとんでもないことになるし、
この二つの種はこの時期、とっても気性が荒くなってるし
そりゃ「自分で駆除して大丈夫です」なんて
普通は書いてないよね。

ただ、自分で駆除した人が皆無というわけではなく、
「へー、こん方法があるのか」と思ったブログやサイトが
あったのも事実。
但し、それなりに慣れている人がほとんどでしたが。

ウチの亭主、蜂の巣駆除は今回が初めてではなく、
今まで何度かやったことがあるみたいで。

「大丈夫かなぁ」と不安に思いつつも、ひとまず
任せることにしたのね。

まずは用意したもの。

画像


殺虫剤たち。マグナムジェットはもう1本用意しました。
あとはここには写ってないけど、ゴキジェットと
アースジェット。ゴキジェットはどっかの動画で
何と「駆除業者」が使ってた…業者さんが使うのは
業務用の強力な薬品かと思ったら、ゴキジェットって(苦笑)
まあ、蜂は薬に本当に弱いので、1〜2匹程度なら
キンチョールでも退治出来るけど。

あ、蜂は本当は「1頭2頭」と数えるんですってね〜
これも今回、あちこちネットを駆け巡って知ったこと。
でも、「キイロスズメバチ400頭」って…(-_-;;)
象やシマウマじゃないんだから。
ここはサバンナか?って思ってしまうわ(苦笑)
ワタシ的には「匹」のほうがスッキリするかも?

他には防護用品。
厚手のヤッケ?とズボン(どうみても雨合羽)
白い不織布の防護服(頭から足まで一続きになったもの)
頭と首はタオルを巻く、防虫ネットをかぶって、
最初はフルフェイスヘルメットの予定だったけど
予め蜂の数を減らしたので(後述)、麦わら帽子に。
手袋は溶接用のではないけど、ほぼそれと同じくらい
厚いもの、その下にも手袋×2。滑らない&足の甲を覆う靴。
裾や袖口はガムテープでくくる。

まずは突撃する前日に「虫コロリノンスモーク」を
屋根裏に設置。まあバルサンみたいなものです。

これをすることで、飛び回る個体数を減らし、少しでも
危険を少なくします。

これ、私はネットで「こんな方法がある」と知ったんだけど
それを別に亭主には話していなかったのに、
しっかり買って来てたのね。用意周到というか何というか。

さて、仕掛けるのはいいけど、蜂の巣は稽古場の押入れの
天井裏点検口のすぐ近くに作っている。
ライトを付けて点検口を開けたりするのは危険。
なので、離れた位置からライトを当て、バルサンもどきを
設置しないといけない。

他に屋根裏に通じた点検口はないし…と思ってたら
亭主は西側の6畳間にある押入れに入って
その天井板を小ぶりのバールで

バキッ、ガキッ!

…板を外しちゃいました(苦笑)

いや、破ってはいなくて、板をうまく外した後、
今はきちんとふさがってます(笑)

そしてこの新たな点検口?からライトを当てて
(この時、蜂が2匹ほど下りてきたけど、
ゴキジェットとアースジェットのコンボでやっつけた)
バルサンもどきを設置。すかさず点検口を塞ぎまして。

それから1分経つか経たないかのうちに
屋根裏がえらい騒ぎに!

うーん、何だか心が痛い。かといって、
駆除しないとお隣の方を刺したりする危険も
あるし、亭主も私も刺されないとは限らないし。

しばらく羽音がすごかったけど、30分くらいして
急に静かに。

とりあえずその日はそれでおしまい。

翌日、私は透析だったので、亭主の「突撃」の時に
一緒にいられず、心配で仕方なかったんだけど
透析している途中に「完了」メールが(ホッ)

後から聞いたんだけど、蜂と闘うために重装備して、
屋根裏に上がったはいいけど、たった2匹しか
生きた蜂はいなかったらしい。
その2匹は殺虫剤で倒したそうで。

それから巣の撤去。大きさはバレーボール、
いやバスケットボール大。
このまま放置していたら、10月頃には
どんな大きさになってたんだ?

画像


こんな感じ。デカすぎる。一体何百匹いたんだろう?

画像


画質が良くないけど、蜂の巣の中身。
卵だか幼虫だか蛹だかがたくさん詰まってて…
これも放置していたら、大変なことになってたかも。

とまあ、キイロスズメバチ騒ぎは何とか終わりました。

こうやって書くと、とっても簡単に感じるだろうけど、
ウチの亭主はかなり慣れていたからできたことで
(用意も周到、手際も良かった)
スズメバチ駆除の経験がなかったら、絶対にやってはいけないこと。

今回、たまたまバルサンもどきがしっかり効いてくれてたけど
必ずしもそうなるとは限らないし、バルサンだけやって、
「天井裏に上がるなんてできない」と、巣を放置していたら、
残った卵や幼虫を狙って今度はオオスズメバチがやってくるという
厄介なことになりかねません。

なので、スズメバチに関しては、やはり駆除業者に
頼んだほうが安全。自治体によっては、
無料で駆除してくれたり、無料でなくても補助金を
出してくれるところもあります。
(私の住む自治体は補助金制度あり)

中には「防護服を貸し出す」自治体もあるらしいが…
これって危険ではないのかな〜
やっぱり経験のない人だと、蜂が飛んで来たら
慌てると思うし、いくら防護服があってもきちんと
駆除できるか疑問。

どうか「簡単そう」と思ってマネしないで下さい!

私自身、亭主がキイロスズメバチに刺されなきゃ
いいけどと、そりゃー心配しましたもん。

まあ、亭主も無理はしないと言ってたし、
突撃の際も、「ゴルゴ13 沸騰・第四帝国」の
デューク東郷(←ゴルゴ13)かい?ってくらい
重装備で屋根裏に上がったんだけど。

あとは屋根裏の掃除をしないといけないし
通気口に網を張らないといけないけど、
それは亭主がおいおいやってくれるそうです。

さて、明日は久しぶりのお茶の稽古日。
まだまだ暑そうなので、絽の着物で出かけてきます♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
蜂の巣退治、大変でしたですね。

当方もこの初夏にしましたが、足長蜂でした。
子供の頃に一度、結婚してから一度、刺されていますが、今回刺されると、危険だと考え、用心しました。

黄色スズメバチはどう猛で、攻撃的で、執拗です。
ご主人を誉めてあげたいくらいです。
よくそこらで食い止められたものです。

紗とか絽の着物、着ると涼しい、いえ暑さをしばし忘れられますが、町で見かけられなくなり久しいです。
見た目にも涼しげですしね。
最近見たのはお寺さんが紗を着てスクーターに乗って檀家参りしている姿です。
最近は暑さ、寒さに極端に弱くなり、夏のクーラーなき茶室へ行く気もしませんです。

やっぱもう絽の季節なのですね。
akiakane
2014/08/29 10:55
>akiakaneさん
おはようございます。
ハチ駆除、何とか終わりました。亭主は「拍子抜けするくらい簡単だった」などと言ってましたが、過去に何度かやったことがあるからでしょうね。普通の人はやっぱりやっちゃいけないと思います。

刺されないなら放置も考えていましたが、キイロスズメバチは何もしなくても刺すこともあるようだし、私の場合、シャント腕に刺されたら困るので、やはり駆除しました。

昨日はほぼ一ヶ月ぶりに着物を着ました。ハチ騒ぎの間は自分のところの稽古場も使えなかったし、師匠のところも夏休みでしたし。
その昔、まだ20代の頃はエアコンのない稽古場で稽古していましたが(当時の師匠がエアコン嫌いだったので。勿論着物です…何の罰ゲームかって感じですが)今はエアコンのないところではバテて稽古にならないと思います。
暑さ自体、昔と随分違いますものね。今年、当地は雨が多くて気温は低めでしたが、それでも蒸し暑かったです。

来週まではまだ絽を着ますが、9月も第二週を過ぎると単衣の季節になります。10月からは袷といいますが、とてもとても、今の10月上旬は暑くて裏地のある着物は着られません〜
葉桜
2014/08/30 09:30
ハチ退治の服装を想像すると、
こちらの頭がくらくらします。

近所の方から110番されませんでしたか(失礼)。
いくらお金を積まれてもこんなことはできません、
子供のころ蜘蛛に刺されたり、蜂に刺されたり
どうも苦手です。

テレビではこれから秋にかけて
スズメバチ駆除の特集ニュースが放映され、
「ハチハンター」すごい人たちだな〜、
と観ていました。
まさか葉桜さんがその見習いだったとは。

ゴルゴ13の東郷から、一転しておしとやかな
お茶の師匠。
さすがの東郷もこの変身はできまい。
葉桜さん凄すぎ。
野の花
2014/08/30 11:27
ドキドキしながら読ませていただきました。
いやぁ、無事でよかったです〜。
こちらはかなり涼しくなりましたが、暑がりの私は、着物を着るときは、まだ、かなり覚悟が要りそうです。
あっこ
2014/08/30 21:30
>野の花さん
いえ、実は私ではなく「ウチの亭主が東郷に変身」しましたのです(笑) もっともあんなに格好よくないですが。
今回私は部屋に舞い降りた二匹の蜂を倒すための援護噴射(アースジェットにて)をやっただけです。それも隣室に逃げて、ドアの隙間から噴射(苦笑)やはりこういったことは亭主にはかないません〜

スズメバチハンターのテレビ番組、あれはちょっと派手に見えるようにわざと巣を壊したりなどもしてるようですね。
実際のスズメバチ駆除は夜間から未明にかけて、蜂が全部巣に戻ってきている状態を「出来るだけ蜂を外に出さないように」駆除するらしいです。もっとも業者さんによっては営業時間の関係からか、日中に来て駆除、残った戻り蜂は夕方までは駆除、あとは「そのうちいなくなりますから」で終わっちゃうこともあるようです。

ちなみに私、アシナガバチの巣なら駆除できます。今年一つ落としました。網戸のこちら側から軒下に向けてアースジェットを吹いただけですが(笑)
葉桜
2014/08/31 11:27
>あっこさん
ハチ捕物帳(笑)になってしまいました。どこのサイトを見ても「必ず業者に」と書いてあるので、それは心配でした。まあ…オオスズメバチの駆除経験がある人なので、今回も「呆気なかった」なんて言うんでしょうけど、来年からは天井裏には巣をかけられないように通気口を網で覆っておかないと。

こちらも秋の風が吹くようになりましたが、来週はまだ絽でないと暑いと思います。単衣は9月10日を過ぎたあたりからでしょうか。10月も10日くらいまではいつも単衣のままです。
葉桜
2014/08/31 11:32
今日のこと
昼、玄関を出たところ、目の前を大きなハチが。
やや黄色びていたので、瞬間に「スズメバチ」か?
動かないほうが良い、と聞いていたのでじっとしていると立ち去る。

もしかして、斥候のハチか?
我が家にはマグナムジェットはない、攻めて来たらこまる。
願わくばよそに巣作りを、と祈る一日でした。
野の花
2014/08/31 23:14
>野の花さん
今の時期、働き蜂はエサ集めのためにあちこちをウロウロするようですね。巣の近くでなければ、まず刺されることはないかと。
手で払ったり、大きな動きをしたり、大声を出したりしなければ、普通は大丈夫らしいです。
(とはいえ、私は慌てがちですし、後ずさりしちゃうんですが)

たまたま遭遇しただけなら、巣はよそにあるでしょうね。スズメバチはこれから新たな巣作りはしないので(巣の引っ越しをする種もいますが、既にそれは終わっている時期です)まず大丈夫と思いますよ。
葉桜
2014/09/01 11:07
ご主人、頼もしいわね〜!
まあ、虫類を怖がる女には虫なんてへっちゃら〜!という男が付いていてほしいものです ^ ^

うちの息子は、以前、山小屋に住んでいたとき、自分でスズメバチの巣を焼き切りました。それはそれは大きいマーブル状の巣だった!(私も見た)
外壁に作られたので、車の窓から手だけ出してやったらしい。聞いたのが全て済んだ後でよかった〜!!

某山里に嫁いだ娘は、虫はへっちゃら(というより好き!)だけど、さすがにマムシは怖くて、玄関に入ってくると相方を呼ぶそうです。
で、相方が退治してくれると、ちょっと惚れ直すみたい (^0^)))
葉桜さんもご主人を惚れ直したでしょ?
♪♪♪
TAMU
2014/09/01 14:25
>TAMUさん
ウチの亭主は虫でも爬虫類でも平気なので、いつもいつも私の要請?を受けては退治や捕獲&放す役目になってます(笑)
そういえば、亭主から何かが怖いという話は聞いたことがないわ。山育ちというわけではなく、どちらかというと町育ちなんだけど、蛇でも平気みたいよ(苦笑)

TAMUさんの息子さん、頼もしいわ〜 娘さんも虫OKというか好き(!)なのね。
今回、うちのスズメバチの巣は天井裏だったけど、軒下などだったら、それはそれで「別の方法がある」らしいです。

マムシ! しかも「玄関」に入ってくるって…私なら気絶しそうだわ〜
そうそう、私も今回のことで亭主に惚れ直しました♪ なんでもできるスーパーマン(古)に見えちゃったワ!
葉桜
2014/09/01 15:56
葉桜さん
アドバイスありがとうございます。
もし、巣作りが始まった際には、ご連絡いたしますので、駆除をお願いします。
費用、交通費などは相談しましょう(笑)
野の花
2014/09/01 22:34
蜂に刺されずにすんでよかったです。

父から蜂がとまっても動かずにじっとしていれば大丈夫だと、教えられてきました。

でも2回とも蜂が飛び立つのをじっと待っていたら、飛び立つ際に、蝉のおしっこの如く、きっちり刺してからでした。涙 笑

息子への教訓:蜂に止まることを許すな 三十六計逃げるにしかず。
akiakane
2014/09/02 20:20
>野の花さん
アハハ、うちの亭主を派遣するお金でお近くの業者を雇えますよ〜 亭主より業者の方が上手に駆除してくれるると思います。掃除もしてくれるそうですしネ。

ちなみにウチの亭主、今週はとても仕事が忙しいとかで、天井裏の蜂(既に死亡)たちは放置したまま。まあこの暑さだから腐るより干からびるとは思いますが、気持ち悪いので何とかして欲しいです。
葉桜
2014/09/03 10:36
>akiakaneさん
えーっ、じっとして止まらせてたのに、刺されてしまったのですか? それも2回?
私はつい手で払ってしまうのですが(←やってはいけない行為)一番いいのは姿勢を低くして、その場から離れることだそうですね。

ウチの蜂は駆除しましたが、この季節、どこから蜂が舞い込んでくるかもと思うと、やはり外に出る時はドキドキします(そのくらいここは田舎です)
葉桜
2014/09/03 10:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
続・相変わらずの「わくわく動物ランド」  葉桜の「日々是好日」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる