葉桜の「日々是好日」

アクセスカウンタ

zoom RSS 血液検査データ 〜2013下半期(10月分)〜

<<   作成日時 : 2013/10/31 18:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

毎度、半年一度しかやらない(しかも透析後検査は項目も超少ない)
透析前後の検査データです。

うちの夜間透析の検査は金曜日なので中1日データ(10/11)なんですが
電解質のうちリン以外、及びアルブミンは中2日データ(10/7)です。


            透析前      透析後

尿素窒素         47.3         4.8
クレアチニン      7.85         1.37
尿酸           6.0          0.5
アルブミン       3.8         -
カリウム        4.9          2.8
無機リン        3.9         1.9
カルシウム       8.9(補正前)     -
血清鉄         77          -
フェリチン        102.2         -
UIBC          195           -
TAST          28%          -
ヘモグロビン     11.8          -
ヘマトクリット     37.1          -
β2MG         23.6          -
i-PTH          185          -
骨型ALP        12.2          -

グルコース       79
アルカリフォスファターゼ   209
総コレステロール   190
CRP           0.3
白血球数       5800

Kt/vsp 3.03  Kt/ve 2.57  クリアスペース率 88.7%
BUN除去率 90%  クレアチニン除去率 82.5%
体重増加率 4.3%

検査日の血流量は350ml/min、透析液流量500ml/min
ボトルHDF(補液量:全体で10リットル)
ダイアライザーはAPS25SA 5.6時間(←正味5時間35分)透析です。

今回のKt/V関連も私の施設の技士さんが計算してくれたので
それを載せてみました。

4月は引っ越し関係でバタついてて、結局検査結果は
アップしないままでしたが、この半年、大して変わってません。

ビミョーにKt/Vの二つの数字が1年以上前の
諸データに比べて落ちているような気もしますが。

Ureaクリアランスは92%あったもんが、今は90%。
うまく血流が取れてないのかなーと思いながら
この程度ならPTAするほどでもないか。

月曜日、F先生にシャントエコーしてもらったけど、流れは悪くないらしく。
まあ、聴診器を当てればシャントの音が肩まで聞こえるから
決して悪くはないのよね。とことん悪い時の音は
大学病院時代に何度も聞いて覚えているんで
ああなったら怖いなとは思うけど。

ただ、シャントを造って10年。手首近くが少し蛇行してて
その蛇行の鋭角部分が細くなってるのね。
気にするほどじゃーないけど。

「曲がりはPTAじゃ治せないしね」とF先生が
言われてたけど、まあそりゃそうでしょうね。

とりあえず透析条件の変更は今はなさそうです。

針はホントに15Gに変えて欲しいんだけど、さすがに
何度も言う勇気はないわ。
15Gの針を使うとなると、ただでさえ私は穿刺がややこしいので、
スタッフにガッツリ嫌われそう〜
(私は同じところを刺されるのがイヤなので、毎度毎度
マジックで穿刺して欲しい箇所に○印をつけてます)

最近、CRPは0.5以下のことも多くなってうれしい限り。
足は相変わらず痛いんだけど、どうにかこうにか
日常生活はできてるし、このくらいの炎症反応なら
関節包の炎症も今は落ち着いてるって感じかな。
お腹の炎症も今はないんでしょう。

β2MGも20台前半ならオッケーかな?



さて、明日から11月です。お茶の世界では
「炉開き」「口切り」の月。

茶人の正月とも言われているこの月、
我が家も炉を開いて、茶壺を飾ります。

しかし、ズボラな私、やっと今日になって
風炉を片づけたという…何やってんだか。

土曜日に炉を開けて、灰を入れて、と。

朝夕は本当に肌寒くなってきました。
紅葉の季節、皆さまもどうぞお風邪を
召されないよう、気を付けて下さいね〜♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
まず、アルブミン、3.8あったのね!
いいじゃない〜♫
私はなんとか3.5だったわん。
ヘマトクリットも37.1なんて、今は羨ましい限りよ。私はせめて34に戻したい。
まあ、羨ましいといえば、一番は透析後の検査があることだけどね。

血管の曲がりはPTAじゃ治せないのね〜。そりゃそうでしょうね〜。。。
私も蛇行部分が細くなっていて、おかげで穿刺範囲が狭いのよ。なんとかならないか…と、いつも問題になるんだけどね。。。

11月は茶人のお正月といわれるだ〜! 歌舞伎と同じね!
(江戸時代、劇場の役者の雇用契約は1年間だった。11月から翌年10月まで)
・・・って、我田引水、ごめん。ふふ...
TAMU
2013/10/31 23:02
>TAMUさん
アルブミン、長いこと3.3の女だったけど、最近は3.7とか3.8の時もあるの。でも、3.5になることも結構あるかな?
恐らく炎症反応が低めになってきたからだと思うわ。CRPが高いと、どうしても低アルブミンになりやすいみたい。

透析後の検査、半年一度だし項目は少ないしで実はちょっぴり不満なんだけど(出来ればβ2MGの透析後値が知りたい)全くないよりはいいのかも。
TAMUさんの病院はなぜ、透析後検査とβ2MGの検査がないのか不思議よね。透析中の運動療法など、積極的にされているのにね〜

私も蛇行部分が細くなってるのね。弁のところにあたるのかな? ここに針が当たると引っかかる感じになるので。
返血側はかなり広い範囲が取れているけど、脱血側がこの蛇行部分に近いため、やっぱり穿刺範囲が狭いです。
かといって、他の箇所に刺すとまともに血流が取れないし…ああ悩ましい〜

歌舞伎も11月がお正月に当たるのね♪ お茶の世界も11月の炉開きに始まり、10月が「名残りの季節」になります。
本当はもっと早くに炉の準備をしないといけないけど、やっと今日になって風炉の片づけをしたので、土曜日に炉開き。日曜日は雨らしいから、土曜のうちに済ませないと!
葉桜
2013/11/01 00:53
 ご無沙汰してます。

 相変わらずの高効率透析ですね。

 KT/Vの微妙な変化は血液粘度(Ht)が高いと効率が下がる事にもよりますから、全く心配いりませんね。

 老体は、週3、5.5時間、血流400で、KT/Vは2.2です。
akizy
2013/11/01 11:34
>akizyさん
こんにちは、こちらこそご無沙汰してます。

今の施設の中では、恐らく私が一番高効率の透析だろうと思います。これでもまだまだ改善できたらなーと思うところはたくさんあります。もう30分延長できれば、長時間透析の仲間入りが出来ますが、透析室に入るのが午後5時を過ぎることもあるため、なかなか難しいところです。

Kt/Vとヘマトクリットの関係…そうなんですね! さきほど遡って調べてみたら、なるほどHtの低い時はUreaクリアランスも高く、Htの高めの時はクリアランスも低かったです。心配いらないと聞いてほっとしました。
血流そのものはそれなりに取れているのに、どうして今回は…と思っていたら、Htは37超えでした。この日は体重増加も多めで、それでこの数字ですから除水後は40超えだと思います。

akizyさんは私と同じ時間で、血流は私より多いですが、Kt/Vは私の方が高くなるんですね。男性と女性の体格の違い(血液量の違い?)も関係するのかも知れませんね。
葉桜
2013/11/01 13:56
やっぱり、透析後のデーターが私よりすごくいいんだね(^_^;)
今の施設だと、これ以上の透析条件の改善は望めないので、転院か在宅をって、ずっと揺れてるよ〜(^_^;)
オルカ
2013/11/01 15:02
こんばんは
先々月までリクセルを併用していましたが、保険適用の更新時期で、1ヶ月中止。

前後の検査データがリクセル使用中とさほど差異はなかった。また、血管痛もなく、血流もよく、ピローの膨らみも良いので保険適用が可になっても中止しています。

リクセル使用の場合と通常とは回路(ピローなど)は違うようですが・・・。

血管の蛇行同じです、これは人間性とは相反していると
固く信じています(笑)。
野の花
2013/11/01 21:36
>葉桜さん、こんばんは。透析前クレアチニン7.85もすごいですが、透析後クレアチニン 1.37って、健康な人と、あまり変わらない値ですよね。
私の場合、透析後の値は公開されないので、わからないのですが、透析前クレアチニンは、いつも12台なので、7.85というのは、及びもつかない値です。
ワルツ
2013/11/02 22:24
>オルカさん
透析後のデータって、半年に一度しかわからないんだけど、5年前に転院して、透析条件がグッとアップしてからは、大体こんな感じかな? 半年一度しか透析後の検査がないのが困ったところなんだけどね。

オルカさんは私より都会のお住まいなので、病院も選べるかな?と思ったりしたけど、都会だったらスタッフも電車通勤で、あまり夜遅くまではやらない病院が多いかも知れないよね…
HHDは私も憧れるんだけど、PD時代のことを考えると「膨大なゴミ処理」「熱があっても自分で準備と後始末」なんてこともあるので躊躇してしまう面もあるのよね〜
葉桜
2013/11/02 22:45
>野の花さん
こんばんは。リクセル使用は保険の縛りなど色々あるようですね。
私の施設では保険の関係か、リクセルとHDFの併用はやっていないようです。

血管痛はほとんど起きない私ですが、先週の金曜日でしたか、珍しく刺しどころが悪かったのか血管痛らしき痛みが出ました。腕の位置を変えても良くならず…おまけにピローはへこむしで、難儀しました。

血管の蛇行の原因は色々とあるみたいですが、予防や治すのは難しいようですね。
私も曲がった人間ではないと思ってますが(笑)吻合部近くの血管は見事に「く」の字が2つ連なった形になってます。これさえなければ、もっと穿刺範囲を増やせるのですが。
葉桜
2013/11/02 22:50
>ワルツさん
クレアチニン1.37だと、GFR(腎機能)でいえば基準値の半分くらいでしょうか。保存期でクレアチニン1.5くらいの頃(高校生の頃)はまだまだ元気だったのを覚えています。

うちの施設も透析後のデータ表は配られません。私がスタッフに頼んで強奪(笑)しています。
ちなみにKt/Vも、シングルプールは全員分計算されているようですが、ドクターとスタッフが見るだけで、患者には配布されません。
私の分だけは詳しく計算してエクセルで打ち出して渡して下さいます(転院したての頃、Kt/Vがどうのこうのとスタッフに話をしたからかも)

そうそう、私の透析前データはほとんどが金曜日、つまり中1日のものです。なので、中2日、月曜日の検査であれば、クレアチニンも9から10あたりと思われます。
葉桜
2013/11/02 23:00
リクセルについて
ご存知と思いますが(あくまで参考意見ですが、実例)

4年前に手根管手術を当時のクリニック院長の紹介状を得て、総合病院で手術。
術後、リクセル治療をお願いしたところ「検体がないと保険申請(適用)できない」と言われたが、検体云々は初めて聞くことで、紹介状にも記載なく、事前に聞いていない。(検体の依頼は病院にせず)

納得がいかず、市、県の担当部署に問い合わせるも「保険適用に検体の有無は分からない」とのこと。

結局、関東厚生局に問い合わせると親切に「平成18年3月医療課長 通知」で諸条件が具備していればよいとのこと。
結局転院し、現在の病院で先々月まで、オンラインHDFとリクセル併用の透析をしていました。

現在オンラインHDFのみで、前後の検査値(毎月)をしばらくのあいだ比較しています。
野の花
2013/11/03 14:47
>野の花さん
リクセルについての詳しいお話、ありがとうございました。

リクセル使用には色々と条件があると聞いていましたが、HDFとの併用が出来ないわけではないんですね。
アミロイドーシスの既往がないと使えないということだけは理解していましたが(何せ高価なので、誰にでも使えるというわけではなさそうですね)私の施設ではボトルHDFかリクセルか?という感じなので、併用は無理なのかと思っていました。

せめてオンラインHDFを導入して欲しいと思いますが、今のところ、そういうお話は出てきていません。
それでも、アミロイドーシスや透析困難症が出ていない私が、前の施設でHDFをしていたという理由で数台しかないボトルHDFの機械でHDFを受けさせてもらえることは幸いだと思っています。
葉桜
2013/11/03 22:29
中一日の数値として拝見いたしました。
相変わらずいい数値で、アルブミンが大変よくなってきたように思います。
β2MGがまだまだに思いました。

私の方は残念ながら少々劣ります。
ただ、長時間、高血流、での透析を受けているので高齢者としてはまあいいかっ、と思っています。

CRPは0.5以下、よかったですね。
akiakane
2013/11/05 19:50
>akiakaneさん
こんにちは。うちの施設は何故か夜間透析の人たちは金曜日が検査日なんですよ〜 電解質は月曜日なんですが。分けて採血するのはどうしてなのか、分けるくらいなら、全部金曜日にして、毎回透析後の検査もしてほしいものです。

アルブミン、ずーっと3.3の女だったんですが、ここ最近は随分良くなってきました。炎症反応が低くなってきたのと比例しているように思います。
β2MG、出来れば20を切りたいですね。

akiakaneさんも長時間、高血流透析なんですね。やはり少しでも生体の腎臓に近づけるには、「回数は多く、時間は長く、血流は多めに」となるますよね。回数はなかなか増やせないですが、時間と血流は私も今の数字を減らしたくないです。

CRP0.5以下がずーっと続いてくれるといいんですが、まだたまーに0.8とか0.7のこともあります。それでも1以上が続いていた頃に比べれば、アルプミンも上がってきて、ほっとしているところです。
葉桜
2013/11/06 14:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
血液検査データ 〜2013下半期(10月分)〜  葉桜の「日々是好日」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる