葉桜の「日々是好日」

アクセスカウンタ

zoom RSS ハムレットぢゃないけれども

<<   作成日時 : 2009/12/04 11:19   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 18

今日はいい天気。また洗濯機をガラガラ回しながらこれを書いてます。

最近は透析日の夜は、帰って最低限やらなきゃ
いけないことだけやって、とっとと寝てしまうし、
(あれだけ透析中に寝ていても、すぐ寝付いてしまう)
そうじゃない日も夜は亭主がPC使っていたりするので
記事を書くのはもっぱら時間のある日の日中。

ま、夜型より朝型の方がいいとはいうけどね〜

でも、昼間の時間がなくなる2月〜3月は
11月の時みたいに、また何も書けなくなるかも。
去年までは月水金午前+火木フルタイムとか、
月火木の隔日で仕事をしていたんだけど、
今は夜間透析なので、出来れば毎日フル出勤したいと考えてます。

ちょいと本腰入れて稼がねばならない理由が出来たもので。
いえ、本決まりではないけど、いずれは資金が
必要なことなもので。というか、もっと早くから考えておけよと
いった感じなんだけども、

これだけぢゃわけわからんよね。
以下に書く、昨日の出来事が理由です。

今回の記事、すべてお茶に関する出来事なので、
ウザっ!という方は、この記事はすっ飛ばして下さいまし。

しかし、私の今後、長い将来にも関係してくることで
昨夜は寝られんくらい悩んだわ。



昨日は今学期最後の学校茶道の日でした。
学校側は17日の木曜日もできると言われたんだけど
老先生が却下しちゃったのよね〜(-_-;;)

今までもここで散々書いてきたので割愛しますが
本当に老先生の気まぐれに振り回されて大変。
私や直弟子のお姉様たちはまだいいんだけど
学校茶道は外部のことなので、あまりワガママを
言われても困るんだけど。

昨日も生徒さんたちが来ない来ないと騒ぎまくり。
16時20分にならないと来れないといくら私が説明しても
「いや、前はもっと早くに来ていた」って。
そりゃ5時間授業の時の話ですって。まあ言っても
通じないので、もうダメと思ったら知らん顔してるけど。

生徒さんたちにも一事が万事こんな調子で
ワケワカランことをおっしゃるので、皆さん右往左往。
フォローも大変。

昨日はテスト明けで、久し振りのクラブ。
皆、お点前の稽古をしようと張り切って来てるのに、
(お昼休みにきっちり準備もしてあったのに)
「今日は点前はなしでお茶とお菓子だけで解散」ですって。
やれやれ。

まあ、それはともかくとして。

三年生は今年で引退。昨日はその最後のご挨拶に
出てきてたんだけど。

そのうちの一人の子が、私のところに来て
「葉桜先生のところ、お茶の教室とかされてますか」って
聞くのね。

どうも、第一志望の進学先には、茶道部がないらしい。
確かに進学先を聞けば、ほとんどが男子の学校で
茶道部はない。第二、第三志望の学校にはあるけど。

で、うちに稽古場があるなら、卒業してから先は
うちで習いたいとのこと。
老先生宅ではダメなの?と聞いたら、老先生か私かと
考えたけど、私の方がいいですって。

私としてはとても嬉しい言葉だし、私なんかで良ければ
ソッコーで「うちでよければ、卒業してからすぐにいらっしゃい」と
言ってあげたいところなんだけど。

実は…難しい問題山積みなのよね〜

うち、まだアパート住まいで和室は二つあるけど、どっちも
家具とガラクタで塞がってます。洋間の4畳半は今のところは
倉庫にも等しい開かずの間だし。

この4畳半を強引に片付けて、市販の軽量畳を敷くか、
6畳間のタンスは仕方ないから、衝立で隠して、4畳半か
3畳に見立てをすれば、彼女が高校卒業するまでの
3年間くらいは、いくらでも稽古は出来ます。
3年間の間に出来るのは、多分平点前と季節の点前くらいで
小習まで行けるかどうかだろうし。

その間に、家探しして、まともな稽古場をどうにか
考えればいいし。というか、今でも家は探してるけど
なかなかないのよね(本間畳の8畳間なんて
よほどの田舎+古い家でないとないのが辛いわ)

公的機関の和室を借りたり、亭主の実家に隣接している
空き家の改装とか色々考えてはいるので、まあ場所は
どーにかなるんだろうけど。
稽古道具も、平点前くらいのものなら貯金はたけば
揃うだろうけど。今もある程度は揃っているし。

問題は「老先生」

黙って彼女を私の直弟子にするわけには行かないので
当然、老先生にご相談しなきゃいけません。
黙って直弟子にして、老先生にわかったら、そりゃもう大変。

そもそも、私は学校茶道とは関係のない、老先生の知らない人を
弟子に迎えたとしても、一度は老先生のところに連れて行って
挨拶させるつもりではいたんですよね。特に初めて迎える
お弟子さんは。

知らない人なら老先生は「それはよかったわね」で済むところ。
しかし、学校茶道の生徒さんで、老先生も結構彼女のことは
可愛がっていたので、もし、卒業しても茶道を続けたいけど
学校にクラブがない、それで私のところに来たいそうです、なんて
話を振ったら

「あら、それならうちへ来させたらいいじゃない」

ってことになるのはわかってるのよね。

でも、彼女が老先生のところを選ばない理由もわかるのね。
彼女に限らず、学校茶道の生徒さんたちは、老先生のこと
「怖い」と言ってるし。そりゃ理不尽なことでギャースカ言われれば
怖いでしょうよ。最近の子は親にも先生にも叱られることは
ほとんどないことが多いから。

しかも、最近の老先生は私に「ここはどうだったかしら」と
聞いて来られるくらいだし。今、私より若い人が3人いるけど
きちんと基本を教えてもらえてない。でも、私は口出し出来ない。

彼女がお茶を続けたい熱意をダメにしたくないし、
老先生にギャースカ言われてお茶をやめたいと思わせたくないし
大体、今の老先生では稽古にならんし…
(こんなことは言ってはいけないことだけど)

いっそ、私が「この人なら」と思う穏やかで丁寧に教えてくれる、
稽古場持ちのお姉様のところを紹介したいところだけど
それにしてもやっぱり老先生へ話を通さないといけないし。

とりあえず、彼女にはこっそりメールで
(昨日、アドレスを教えてもらったので)
「お稽古のことは、卒業して、進学先が決まった頃に
またご連絡しますね」と伝えておいたわ。
彼女も進学先が決まるまでは忙しいそうだし。

晴れて第一志望が通れば、その時に考えればいいことだしね。
第二、第三志望になったら、高校の間は学校のクラブがいいのではと
勧めてみようと思います。お友達も多いし。
うちでの稽古は私と一対一になっちゃうのが気の毒。

老先生ところの稽古場にいる高校生のRちゃんや
OLしているCちゃんをこっそりお客役で呼んでもいいけど、
毎回というわけには行かないもんね。たまにならともかく。


まあ、そんなわけで、もしも彼女を迎える場合には
畳の表替えから襖の張り替え、稽古道具を揃えたり
炉が切れないので置炉を買ったりと、なかなか
物入りになるので、この2〜3月は稼いでおかないと。

この際、在宅仕事も増やしたいけど…それをやると
試験勉強がね〜 今もはかどってないんだけど。
かといって資格がないと、今後もっとお金がいることになると
困るわけだし。

亭主にも言われたわ。
「直弟子を迎えるということは、出稽古と違って
責任があるぞ。体調管理も責任の一つだ」って。

うーん、悩ましい。

でもね、実際に彼女を迎えるかどうかはともかくとして
この間まで細木姉さまに散々「役立たず」呼ばわりされてて
「老先生が稽古場たたんだらお茶もやめてやる!」とまで
考えていたんだけど、私に習いたい、と思ってくれる人が
いて、かなり救われたわ。続ける力を分けてもらえて感謝♪

と、わけのわからないことで長々と失礼しました(苦笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
普段家ではBSは見られないけど、今日は透析日なので、病院のテレビでゴルフ見てます。

しかし、こんなに調子悪い遼くんを見るのは辛いわ(;_;)
全英オープンを思い出してしまう。

明日は調子いいといいなあ…

でも、BS日テレ! 遼くんをいっぱい映してくれるのはいいけど、ちゃんと上位陣も映しましょうよ〜
葉桜@JTカップ
2009/12/04 20:10
ついに、ついに来ましたね、そのときが。
学校茶道の生徒さんですか。

実際に動き出すと、いろいろと忙しくなると思います。
今までやらなかった手続きもあると思いますし…。
どうぞお体を大切にしてくださいね。
かんでん
2009/12/05 00:03
>かんでんさん
昨夜の悩みをバシバシ書いてたら、異常に長い文章になっちゃいましたが、ご覧頂きありがとうございました。

「そんなにすぐお弟子さんなんてできないしー」とタカを括ってノンベンダラリンとしていたら、いきなりそういう話になって焦ってます。
老先生がまだまだバリバリで現役なら「ともかく先生にお任せする」のがいいんですが、そうではないし…それにうちに稽古に来たいといった彼女は老先生のことを怖がってるみたいだし(ふー)

悩みもつきないし、今後のことを考えるとどうしたもんかなーといったところですが、体調不良にだけはならないようにしたいです。
葉桜
2009/12/05 00:34
そうなんだ
やがて、お弟子さんをとるんだね、お茶って色々大変なんだろうな

それだけ体調もよろしいんですね。
一番いいとき、やりたいこと、出来ることやっておかないと・・・無理せず頑張ってね。
小夏
2009/12/05 01:08
葉桜さんに教えていただきたい
っていう生徒さんがいれば、
何とかしてあげたくなっちゃいますよね。
今回は実際には実現しなくても
これからの励みにもなりますね。

ところで、遅くなりましたが、
私のblogの連続きり番ゲット
おめでとうございます。
拙いblogで、気まぐれ更新ですが、
これからも細々とでも続けていきますので、
よろしくお願いしますm(-_-)m
roko
URL
2009/12/05 10:52
>小夏さん
一応、師範の資格だけはありますが、直弟子を迎えるのはまだまだと思って、のんびりしてたんですよね〜
こういう話があったときに、すぐに「うちで良ければいらっしゃい」と言える環境を整えておかないといけないと反省しました。
大変…はい、人間関係とお金の面でまあアレコレいろいろと(苦笑)

どうもありがとうございます。体調、血液検査の結果はおいといて(笑)普通に動く分には何とか大丈夫みたいです。できる時にやりたいことをしっかりやっておきたいですよね。
葉桜
2009/12/05 15:26
>rokoさん
そうなんんですよ〜 「うちは無理だから違う先生に」というのは簡単だけど、私に師範の資格がないならともかく、あるのにそう言ってしまうのは申し訳ない気もするんですよね。
当面我が家で無理なら、たとえ外に場所を借りてでも、お稽古ができたらいいなと思ったりもします。
もし、実現しなかったとしても、今回の彼女からの申し出は今後の私の強い支えになります。

連続キリ番ゲット、とっても嬉しかったです♪ rokoさんのところのキリ番告知、カウンターでわかるわけでもなく、逆にカウンターの見逃しもなく、サプライズちっくでステキ♪ 嬉しさも倍増です。
これからもちょくちょく遊びに行かせて頂きますね〜♪
葉桜
2009/12/05 15:50
若い生徒さんから葉桜先生に教えてもらいたいって言ってもらえると
やりがいも出てきますよね〜
若い人は吸収もいいので教え甲斐もあるでしょうしね☆

でもやっぱり実現するまでにいばらの道を乗り越えていかなくちゃいけないのね。
一番は老先生ですよね〜

でもこのことがきっかけとなって
夢に向かって一歩を踏み出しつつあるってところですね。
2〜3月は忙しくなるでしょうけど、透析も以前みたいに今日は4時間ってこともないし、しっかり稼いでしっかり透析できますね♪
風邪引かないように、がんばってね(*^^)v
blue-rose25
2009/12/05 16:48
葉桜様に教えてもらいたい人第一号おめでとうございます。
老先生にもおめでとうを言っていただけたら良いのですが・・・。
上手くいくように祈っています。
あっこ
2009/12/05 21:06
>blue-rose25さん
私の住んでいるところは、ほとんどの高校に茶道部があるので、大抵の生徒さんは中学を卒業すると、高校の茶道部に引き続き入るんですが、中には茶道部のない学校もあって…今、老先生のところに来ている高校生のRちゃんも、実は中学の学校茶道で教えていた生徒さんです(彼女とはメールのやり取りもしてます♪)
だから、今回私のところに来たいと言ってきた生徒さんにも「老先生のところはどうか」と尋ねてみたんですが、やっぱりうちに来たいと。
うちに来たいと言ってもらえただけで、私としては随分救われたような気持ちでした。この間までかなりやさぐれ気分でしたからね〜(笑)

実際に彼女を迎えるかどうかはともかくとして、いつ誰が来てもいいように、とりあえずは今の家を片付けて稽古が出来るくらいにはしておこうと。早速、今日少し手をつけました。
いずれは稽古場を作れる家に引越しますが、やっぱり今の家にいる間も「掃き溜め」じゃダメよね(笑)

そうそう、今は「今日は4時間ね」と言われることもなく、夕方5時半までに入れば確実に5時間半回してもらえるので、透析についてのストレスは激減しました。
未だに抱え込んでいる慢性炎症がネックだけど、体力落とさないようにして、2月からの仕事、頑張ります〜♪
葉桜
2009/12/06 00:40
>あっこさん
ありがとうございます♪ 本当に初めてなんですね、うちに来たいと言って来られた人は。それが中学生でも、「この先生に習いたい」と思ってもらえたということ、本当にありがたいし、素直に嬉しく思います。

老先生は…老先生のご存じない人を弟子に迎えた場合は、「おめでとう」を言ってもらえると思いますが、学校茶道の責任者は一応は老先生なので、そこの生徒さんを引き継ぐとなると、ちょっと複雑なんですよね。
彼女が高校の茶道部に入ることになるかも知れないので、今は様子見で老先生にも報告はしていません。

私のところに来たい、と言ってくれた彼女を、どうにかしてうちに来させてあげたいんですけどね。うまく行くといいんですが…
葉桜
2009/12/06 00:45
うわぁ〜〜・・・。
読みながら、(私がその生徒さんでも多分葉桜さんにお願いするわぁ)と思いましたよ。
てか、今までの老先生のワガママ?(失礼)を聞いてる限りでは、間違いなく葉桜さんの方がいいですもん!!

うちも貯金はしとかなきゃ、しとかなきゃ、と思ってるのに、これが中々貯まらんもんですよねぇ〜。
夫婦2人なんだから貯まりそうなもんだけど、これがアレコレ急な出費ってあるもんで・・・。
(ま、その中のほとんどが遊びに使ってるお金なんだけど・・・)

葉桜さん、あんまり悩んだり無理したりして、体調崩さんようにしてくださいね。
もも
2009/12/06 10:25
>ももさん
どうもありがとう〜♪ 私自身は老先生に中学生の時から可愛がって頂いたし、大きな恩を感じているけど、最近の先生は色々な面で困ったチャンになっているので、若い人は正直「ついていけない」んじゃないかと…
これからどんどん伸びて行く若い人には、しっかり基礎から教えてあげたいし、お点前以外のこと(お茶を離れた普段の生活での挨拶や礼儀など)も伝えたいなと。

でも、老先生からしたら、「あなたが人に教えるなんてまだまだ早い」と思われてるかな(苦笑)

うちもお金、なかなか貯まらないのよね〜 夫婦二人ともがパッパーッと使ってしまうタイプなので(少なくともケチぢゃないです)知らないうちに財布も口座もすっからかーんなんてことに(自慢できないワ)

お気遣い、どうもありがとう〜♪ いずれにしても3月を待たないとどうにもこうにもならないので、のんびり構えておこうと思います。
葉桜
2009/12/06 22:32
遼くん、最年少賞金王おめでとう!
他にも色々1位になった部門があるのよね〜
今夜はあっちこっちのスポーツニュースのハシゴします!
葉桜@♪♪♪
2009/12/06 22:48
いよいよ内弟子さんが出来るのね。
やっぱり内弟子さんってかわいいんだろうなぁ。

私が習っていたお茶の先生宅はマンションだったけど、炉を切っていたので、どうやっていたのかしら?もう25年も昔のことなので、全く思い出せません。
厳しい先生だったけど、お中元とお歳暮の時だけはにこにこだったわ(^_^.)

葉桜さんも上下関係の厳しい中、いろいろ悩む立場よね。

それから、遼君、最年少賞金王おめでとうございます(^^♪
ゆうき
2009/12/06 22:50
>ゆうきさん
実現出来るかどうかわからないけど、「葉桜先生に習いたい」と言ってもらえただけで、とても嬉しかったわ。
でも、今までのんびりしすぎて、そう言われても何の準備も出来てないし〜(涙)
とりあえず和室の片付けだけはぼちぼちと始めました。2月から3月は時間がないしね〜

そういえば、二階に稽古場のあるお姉様宅も炉が切ってあるから、どうにかなるのかも。
うちは一階で、床下がかなり深いから、独断で炉を切って、引っ越す時にこっそり塞いで逃げることも可能だけど、さすがに賃貸でそれはまずいかなーと(苦笑)
お中元とお歳暮のシーズンにニコニコなのは老先生も一緒です(笑)

この世界、弟子を引き抜いただの、手を出しただのとイヤな話もあるので、私も内弟子さんを迎えるのはいいけど、色々悩むのよね〜 悩みすぎて体調崩してもいけないんだけどネ。

わーい、ありがとう♪ ひとまず今回のJTカップも20位以内に入れて良かったわ。一日目、二日目と最下位だったから、このままだとせっかく最年少賞金王になっても、心からの笑顔が見られないんじゃないかと心配してました。
今日のスポーツニュースと、明日の朝のテレビが楽しみです(明日は午前透析なので、病院でゆっくり見ようっと)
葉桜
2009/12/06 23:37
直弟子を取られるときが巡って参りましたでしょうか。
おめでとうございます。
しかしながらご主人、いいことを仰られますな。
akiakane
2009/12/07 13:48
>akiakaneさん
ありがとうございます。
まだ本決まりではなく、問題山積みですが、私に「習いたい」と言ってもらえたことが、今後の励みになりそうです。

ウチの亭主、私がお弟子さんを抱えることを軽く考えていると思っているのか、時々記事に書いたようなことを言うんですよね。
でも、彼女を直弟子として迎えることになったら、確かに責任重大。きっちりとした覚悟が必要だと思ってます。
葉桜
2009/12/07 23:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハムレットぢゃないけれども 葉桜の「日々是好日」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる