葉桜の「日々是好日」

アクセスカウンタ

zoom RSS 温故知新 〜モーターフェスと維新の里のお茶会〜

<<   作成日時 : 2009/06/02 01:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 27

先日の土日はぐるっとお出かけしてきました。
(8月まであとわずか。遊んでる時期ではないけど、一息ってことで。
一息の方が長いような気がするけど)

土曜日は「モーターフェスティバル」へ。
前にも写真アップしたことがあるけど、今度は「きららドーム」と
いうところで開催されたモーターフェスです。

だけど、自動車業界の不況のせいか、新しい車で
「おおーっ」と思うようなのはあまりなかったような?
「L」のマークの車も、一番いいのは来てなかったし。

その代わり、懐かし〜い車たちが展示されてました。

画像


この「三輪車」、ご存知の方いらっしゃいます?
私が子供の頃はまだこういうのが走ってたんですよね〜
これはミゼットですが、もうちょっと大きい、トラックサイズの
三輪車もあったような気がします。こんなこと書いたら
年がばれるかな?

画像


ニッサン・ローレル。今、ローレルってあったっけ?
ちなみに車のところにいる人は亭主ではなく、
全く知らない方です(なので隠してあります)

画像


トヨタ・パプリカ。この車、中学の時の担任の先生が乗ってたような(笑)

画像


ホンダクーペ。見たことはあるような気がするけど、勿論乗ったことは
ありません。
私が幼少の頃に乗ったことがあるのは亡父が乗っていたデボネア…
黒い車だったという以外、なーんも覚えてません。

画像


タータンチェック?の車。カッティングシートの貼り付けだそうで。
でもこの車に乗って事故して逃げることは出来ないわね〜
ナンバーより「チェックの車」で覚えられそう。

画像


バイクも来てました。亭主の大好きなDUCATI。これの古い型(MONSTAR)に
乗ってます。私のミニロトが当たったら、この新しいドカをプレゼントすると
約束しておきました(笑)


そして、日曜日は萩市で行われたお茶会へ。
日中は暑いかと思って単衣の着物で出かけたのに肌寒かったわ〜

画像


画像


画像


薄茶席。掛け物は鵬雲斎大宗匠の「江上数峰青々」 (こうじょうすうほうあおあお)、
川面に青い山々が映されている様子で、新緑の季節によくかけられる言葉です。
荒磯棚に青交趾の荒磯水指、曳船蒔絵に海老の絵のお茶碗など
海の趣向がとても素敵でした。このお茶会があった会場のすぐ近くが
萩港なんですね。

画像


点心席のお料理。水色の紙で舟形を作って、その中にお皿を置いて
盛り付けをされていました。お吸い物も薄味で、量的にも私に
丁度良かったわ〜♪

とまあ、あちこち出かけて、リフレッシュしてきました♪
こんなに写真載せたの久し振り(笑)

あー、もうこんな時間。お腹空いたけど、さすがに今食べて寝たら
横に広がりそうなんで、このまま寝ちゃおうっと。
台所の棚の中には、拓哉のCMがツボにはまって、ついつい
買った「コロー・チャー」のカップヌードルがあるんだけどね(笑)
また後日、ゆっくりと頂くことにしましょう♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(27件)

内 容 ニックネーム/日時
待望のお茶席の写真、ありがとうございます。
床の間も簡潔で、生け花もあっさりと仕上げて、お薄、夏場を感じます。
よく見えませんが、棚の彫り抜きは千鳥でしょうか?
水指の青、とても素敵ですね。
海を暗示しておられるんでしょうね。
清水焼にもこの青がありますが、因みに私のカフスもこの青です。
現場を見たかったです。

ダイハツのミゼット、覚えていますとも。
カーブを切ると裏返っていました。笑
崑ちゃんや笹やんと共に思い出しました。
akiakane
2009/06/02 10:53
ミゼット、、、なっつかしい。
よく、風に吹かれてかカーブを曲がりきれずか
ひっくり返っていたのを、男の人が数人で起こしていた記憶があります。akiakaneさんと同じ記憶だわね。
酒屋さんとか、これだったような。

お茶席のお食事、、、素敵だわぁ。
こういうの暫く、いただいてないなぁ。
papaja、日影茶屋のお弁当、、、届けてくれないかなぁ。

で、ごろちゃぁ〜ん♪のCM、インパクトあるよねぇ。

mamajo@トラの穴分院
2009/06/02 11:50
吾が青春真っ直中の車ばかりです。
この中でチェック柄の車とオートバイ以外は全部乗ったことがありますが、所有していたことがある車はホンダS600で東京オリンピック前頃に発売されたと思いますが、ク〜ペの発売は40年代かな、S6はホローのオープンでした。
S6の面白いところはさすがオートバイ屋が始めて作った四輪スポーツカーで、後輪ドライブのプロペラシャフトではなく単車と同じ両輪チェーンドライブでした。
それと当時として市販車でダブルオーバーヘッドカム(DOHC)でしかも4連キャブも珍しいことで、本田宗一郎氏ならではのスペックでしたねえ。
しかし当時ホンダ車は修理屋泣かせの車でホンダ独自の専用工具がなければ修理がし難い構造になっていました。
単車メーカーが初めて作った4輪自動車の始めの販売網は単車屋が主なルートであり、車検や整備に特殊工具が要るためにホンダは日本全国にサービス・ファクトリー(SFステーション)の拠点を作りましたねえ。
green stone
2009/06/02 11:52
それとS6の運転姿勢はレッグスペースが狭くて、ちょうど床に足を伸ばして座った恰好でクラッチなどのフット操作をしなければならなかったですね。
サスペッションは非常に硬くて長距離は疲れる車でしたねえ。
懐かしくなっておもはず長文になりsorry。(笑)
green stone
2009/06/02 11:54
私が運転教習所に通っていたころ、そこで使っていた車がいすずのヒルマンでした。
40年もまえのことです。
フロントガラスの位置が私の背丈にはあわず、座布団の二つ折りを2枚重ねて座ってもハンドルの上側の縁の下から前方を見ながら運転を練習していましたっけ。
オールドモデルの車の写真で思い出しました。
あっこ
2009/06/02 14:35
なかなか、活動的な日を過ごされた様子。
お茶のお道具も素敵な夏色ですね。
点心のお料理もおいしそう・・・いいな、葉桜さんは・・・

で、今日は私、検査も終わったし、今年初めてのあまーいメロンを・・・食べすぎちゃいました・・・
小夏
2009/06/02 22:39
>akiakaneさん
山口県萩市は旧家に手を入れて、お茶席などが出来るように一般公開しているところが多く、今回のお茶席もそうした「元は一般の家」で行われました。
なので床も大床ではなく普通の床で、床飾りもあっさりした感じでとても良かったです。
水指の青交趾は鮮やかな色合いで私も好きなんですね。棚は荒磯で、波が彫ってあるのですが、残念ながら千鳥は飛んでなくて「波千鳥」にはなっていません。
それでも横から見ると、波が彫ってある向こうに水指の青が見えて、それで「荒磯」を表しているのがよくわかります。

ミゼットは三輪車なのでどうしてもひっくり返りやすいんでしようね。ひっくり返った車といえば、昔、唐津の鏡山でひっくり返った軽四を見たことがあります。あの山は(今はわかりませんが昔は)ヤ○キーのたまり場で、急カーブを凄いスピードで上ってきて、スピン→ひっくり返ったようでした(苦笑)
葉桜
2009/06/03 14:50
>mamajo@トラの穴分院さん
どうしても三輪車だと不安定で、ひっくり返ることが多かったのかもですね。軽だから軽いし。私の記憶に残る三輪車はダンプカー仕様の三輪車ですが、あそこまで大きいと、さすがにひっくり返ることはなかったかも。

点心席の懐石弁当、こうして見ると小さいですが、結構お腹いっぱいになりました。私もお茶会以外では、なかなか頂く機会がないのが残念です。京都にはこうしたお店がたくさんあるんですけどね。

ごろちゃーん、ゴルゴちゃーん♪ もうウケまくってしまって。ついカップヌードルを買っちゃいましたよ(笑)
葉桜
2009/06/03 14:53
>green stoneさん
はい、これらの車はほとんどが「昭和40年代前半」の車だという表示が出ていました。私は物心ついたばかりの頃で、なんとなーく記憶してる感じですが、green stoneさんはブイブイ言わせていた時代の車でしょうか(笑)

ホンダは元々二輪の会社でしたね。初期の頃のホンダ車は修理屋泣かせだったんですね〜
ウチの亭主は若い頃からホンダ車ばかり乗ってますが(免許取り立ての頃は違う車にも乗っていたようですが、私と知り合ってからはシティターボ、結婚してからウチの車はシビック→トルネオと買い替えてきました)バイク好きとも関係あるのかしら??
私は今のトルネオも「その良さ」がわからないまま、ドン亀運転しております(亭主に言わせれば「勿体無い、猫に小判」らしいですが)
葉桜
2009/06/03 15:00
>green stoneさん
うーん、その格好での長距離運転は想像しただけで疲れそうです。昔は今ほど高速道路も整備されてませんでしたしね〜

いえいえ、写真が少しでもお気に召して頂けたら幸いです。「なんか珍しい、懐かしい」で、普通に出展されている車そっちのけで古い車ばかり撮ってしまいました(笑)
葉桜
2009/06/03 15:02
>あっこさん
あっこさんが自動車免許を取られたのは20代の頃でしたか! 当時は女性ドライバーは少なかったでしょうね。私の実家の母は40代になって取りましたが、かなり時間をオーバーしたようです(笑)

今の車は高さ調整も出来るようですが、昔の(私が免許取得した25年くらい前)の教習車にはよく座布団が積んでありました。私は使うことはなかったんですが、小柄な女性はどうしても座布団が必要だったみたいですね。
葉桜
2009/06/03 15:04
>小夏さん
ありがとうございます。地元でのお茶会は大抵お手伝いですが、よそではお客様でいられるので、ゆっくりと楽しめます。
初夏らしい設えと、おいしいお料理でリフレッシュしてきました。

あー、メロン。いいですね〜 私もこれから透析前にバナナを食べてカリウム補給してから出かけてきます。バナナもいいけど、やっぱりメロンがいいですわ〜
葉桜
2009/06/03 15:07
子供の頃は三輪車よく走ってましたよねぇ〜。で、葉桜さんが言ってるように、もうちょっと大きくて青いヤツをよく見てました。
なんか昔の車の方が個性があってオシャレに見えますね♪
うちにも大昔、母親が軽に乗ってたんだけど、それはそれはちっちゃい車だったの覚えてますよ。
昔の軽はホントちっちゃかったですよね!(笑)

あちこち出かけられてリフレッシュされたようですね♪これで勉強もはかどる・・・とか言わん方がええですね。(爆)
もも
2009/06/03 16:51
ホンダが大好きな人は、所謂「ホンダ党」と言われますが、僕も近いものがあるかなぁ。
スバルにも熱狂的なファンがいて、「スバリスト」と呼ばれてますが、トヨタや日産はなんて言うんでしょね、はて??

トルネオくんは、うちの亜子ちゃんときょうだいみたいなもんなので、良い車です(笑)
よねR@透析中
2009/06/03 19:00
検査も終わってやっとメロン食べれたのに、Kが高いから今日、再検査ねえだって、やば!って遅いか。

まあ、おいしかったからあきらめます、Drのお小言、頂戴することになるのでしょうね。
小夏
2009/06/03 23:37
義父は 数年前まで萩焼を教えてたので、ウチには何個か萩焼のお茶碗があります。
でも、飾ってるだけ・・
貰った当初は、お茶をたてたりしましたが(と言っても、作法も何もナシでただ抹茶を飲むためだけですが・・)、今は見てるだけ〜〜(笑)

高校生の頃 ひと通り習いましたが、ほとんど忘れてしまいました(;^_^A
さらりん@透析中
2009/06/04 00:44
>ももさん
ももさんも記憶にあるのね〜>三輪車 そう、軽トラみたいなんではなくて、4tトラックちっくな三輪車。いつからなくなっちゃったのかしらん?

実家の母が免許取得したのは、今から30年近く前だけど、免許とってすぐに買った車はスターレットの中古。今のヴィッツくらいの大きさだったかな。それから次に買い替えたのが軽だったんだけど、これがまたえらく小さい車で。昔の軽って、高速道路を走ると、ハンドルがガクガク揺れてたのよね〜 あ、私も結婚前はアルトに乗ってて、高速ではエライ目に遭いました(笑)

勉強は…あははは〜 昨日も透析中に爆睡しちゃったし、しかも帰ってきてすぐ寝たし。寝てばかりいて、いつ勉強するんだろう?って感じ。ダメじゃん。(受験しには行くけど、アルパークのカフェコムサでケーキ食べるのが目的になりそうだわ)
葉桜
2009/06/04 07:11
>よねR@透析中さん
「ホンダ党」(笑) では、まさしくウチの亭主はホンダ党だわ。今はトヨタの車でもいいと言ってるけど、買い換えるとしたら結局ホンダの車になりそうな気が。それにしても最近のシビックはお高くなりましたね〜 トルネオの前はシビックセダンだったんだけど、今の価格の2/3くらいじゃなかったかしら。

スバリストって初めて聞いたかも。スバルの車、中学時代の友人宅がスパルの代理店だったので、そこのお母さんが乗ってたレックスには乗せてもらったことがあります。
トヨタ、日産のファンは…トヨタラー? ニッサンマニア? 何て言うんでしょうね(笑)

そうなんですよねー、トルネオ君は亜子ちゃんと共通点も多いんですね。うちのトルネオ君の方がずっと古くて、すすけてますけどネ(苦笑) でも、古くても、少し踏み込んだらカッ飛んで行くのがちょっと怖いかも(笑)
葉桜
2009/06/04 07:17
>小夏さん
あらら、再検査ですか〜 カリウムは本当に個人差が激しくて、ある程度の透析量がある人でも高くなりやすかったり、反対に延々低い値が続く人もいるようです。
これって体質の差かなと…どうも透析量だけではなさそうなんですよね。

私はカリウムはいつも低めで、透析中に野菜ジュースを飲んだりして補いをつけてますが、カリウムの高めのジュースはおいしくないことが多いんですよね〜(涙)
葉桜
2009/06/04 07:23
>さらりん@透析中さん
さらりんさんのお義父さま、窯を持ってらしたんですね♪ 私も萩焼の茶碗やお皿作りの体験はしたことがありすまが、とても使えるモノになりませんで(笑)
お抹茶はいいですよ〜 カリウムは高めとはいえ、2g程度、濃茶でも3g〜4gなので、それほど心配することはないように思います。作法はと置いといて(笑)山口土産の外郎とお抹茶というのはいかがかしら?

学校で習ったという人は多いですね。私が老先生について学校茶道に通いだしてから17年になりますが、最初に教えてた子たちは既に30代。「昔は学校でやってたけど、もう忘れちゃった」と言ってるかしら。続けてくれてる子がいたら嬉しいですけどネ。

お稽古から離れて長い時間が経つと忘れてしまいますが、一年でも忘れてしまいますよ〜 この一年、夜間に稽古に行っていたら、ろくに稽古になってなかったようで、ここ最近は昼間の部のお姉様方からビシパシ鍛え直されております(^^;;)
葉桜
2009/06/04 07:29
おはようございます。
今日も、お出かけですか。

お抹茶は、ほんとにK、気にしなくて,良さそう?
こちらの老舗のお菓子屋さんに、抹茶コーナーがあって、お菓子とお抹茶と、出していただけるんですが・・・まあ、なみなみのお抹茶で、どうもためらっていたんですが、一口だけでやめてしまい、お店に悪かったかなと。でも、お菓子もお抹茶もほんとにおいしいんです。もう1度、いってもいいかな。
小夏
2009/06/04 09:33
>小夏さん
こんにちは。午前中は師範会例会に出かけてきました。簡単に言うと「海千山千のお姉様方の集まり」です(笑) 夕方から学校茶道の指導に行ってきます。只今一旦家に戻って休憩中です。

お抹茶のカリウムですが、100gあたりで見るとカリウム量は2700mgと凄い数字ですが、薄茶一服あたり2gとして換算すると54mgで、バナナ1/5本程度です。特に一般の甘味処でのお抹茶はお湯の量は多くても、抹茶自体の量は一般の方向けに1.5g程度に加減してあるので(あまり濃くならないように)、あまり気にされなくてもいいかなと思います。
葉桜
2009/06/04 13:37
今日の老先生ネタ(笑)
毎月第一木曜日は師範会例会。で、毎度ながら老先生をご自宅までお送りする前にご一緒にランチ(^^;)

いつもは会場のホテルのレストランでランチするんだけど、先月はここのランチでめっちゃお腹を壊したため、某うどん屋さんへ。

で、お店の前で先生に降りて頂き、私は時間貸駐車場に車を入れに行こうとすると
老先生「ここに止めてたら」
私「いえ、ここ駐車禁止です」
すると店の人(老先生と仲良しらしい)が出て来て
「いつもお客さんはここに止めてもらってるし、一度も駐禁取られてないから大丈夫よ」
でも店の前の道は狭いし、こんなところに止めてたら超迷惑。
私「いえ、そこに駐車場があるから止めてきます!!!!!」
強く言い切って車を発車させ、100m先の駐車場に止めてきましたとも。

ナビられるのも勘弁して欲しいけど、駐禁のところに止めさせようとするのはもっと勘弁。これでもし駐禁取られたら、点数引かれるのも反則金払うのも私なのよっ!! ゴールド免許が取り消しになったらどーしてくれんのよっ!

ふー、つい叫んでしまいました。また出かけてきます。
葉桜@駐禁は駐禁です!
2009/06/04 13:54
こんばんは
まだ、息子が帰ってきません・・・せっかくのお休みだったのに、機械の調子が悪いからと呼び出し・・・現像の仕事です。
まあ、仕方ないです。もうしばらく待ちます・・・

お抹茶の情報ありがと。ちょっと安心して楽しめそう。
小夏
2009/06/04 23:43
>小夏さん
昨夜は息子さんのお帰りが遅くて淋しかったですね。お戻りになられた頃は日付が変わっていたでしょうか?

お抹茶、良かったら楽しんでみて下さいね♪
葉桜@透析中
2009/06/05 09:29
なるほど、それで荒磯なんですね。
白い砂浜を茶碗で表したのでしょうか?
かなりのお道具で、旧家なのかな〜と思っていました。
点心も器に心砕かれているようで、詩心を感じます。

入室時に見上げる掛け軸は松の青々で山々を表していましょうが、滞在時には海関係のしつらえですっかり海漬けの気分になり、退出時に見上げた「青々」は如何映ったでしょうか?
いってみたかったです〜。
akiakane
2009/06/06 16:45
>akiakaneさん
県内でも萩、山口は旧家が多く、そこでお茶会が開かれることもありますし、お道具も良いものが出されることも多いです。

山の青、海の青、まさにこの季節にぴったりの趣向で、本当に楽しませて頂きました。私がメインの席主として釜を懸けるのはまだまだ先のことですが、もっと色々な席に出て、研鑽を積んで行きたいと思います。
葉桜
2009/06/06 22:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
温故知新 〜モーターフェスと維新の里のお茶会〜 葉桜の「日々是好日」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる