葉桜の「日々是好日」

アクセスカウンタ

zoom RSS ズンズンズンズン、ズンドコ♪

<<   作成日時 : 2008/12/27 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 30

今年もあとわずか。今日、スーパーに買い物に出かけたら、凄い人!
既にお正月に向けての買い物してる人も多かったわ。
注連飾りなんかも売ってるし、おせちの材料も。

そんな中、私はごくフツーの夕食材料だけ買って帰ったんだけど
あの調子なら私がそうしたものを買い込もうと決めてる29日は
凄い人だろうなぁ…朝イチに買い物に行かなきゃ。

一昨日はCT検査、昨日はその結果を聞きに珪先生の外来へ。
年末だから、大学病院もこれまた凄い人。駐車場は長蛇の列。

こんな時に予約入れないで〜と言いたかったけど、
私もお腹の調子が悪かったから、色々気になったし
まあいいかと。

CTの結果は夏とあまり変わりなし。腸管の肥厚も癒着もなさそう。
ただ、石灰化は部分的といえどあるのよね。ま、これが今すぐ
悪さするわけでもないけど。

あ、珪先生に大腸ファイバーやっていいかどうか聞くの忘れた(-_-;)
先日の便潜血検査では(-)だったらしいから、まだ先でもいいけど。
胃カメラは年明けすぐ予約入れています。自分でもつくづく物好きだと
思うわ。別に胃は痛くも痒くもないし(痒いわけはないか)普段から
プロトポンプ阻害剤飲んでるから、そう簡単に潰瘍なんかは出来ない
はずなんだけど。

で、珪先生から「移植登録はされてましたよね」と、またまた移植の話。
いやー、登録はしてるけど、実のところ抹消するかどうか毎年悩みつつ
更新してるんだけども。

実際、移植してから調子が悪くなったという話をいくつか聞いてるので
それを話したら「それでも移植した方がいいと思います。10年生存率も
20ポイントくらい違いますから」って。

んんん?

移植と透析。移植って年齢的に若い人がやることが多いのでは。
透析は年配の方も含んでるよね。単純に生存率の比較、出来るのかしら?

「今の透析ではいくら回してもクレアチニン・クリアランスで15%程度です。
移植すれば60%以上になるし、たとえ状態の悪い腎臓であったとしても
30%以上は」…私が透析効率にこだわっていることをよくご存知の
珪先生はこういう話もなさいましたが。

それでも、やっぱり今「移植の候補」に選ばれたとしても、
「では受けます」と言えるかどうか。うーん、うーん、うーん。

これも今、自分がほぼ思う通りの透析を受けられているからであり
効率の悪い透析をしてたら、考え方も随分違うと思いますけど。

まあ、候補に選ばれてもないのに悩むこともないわね。
というか、あれって宝くじより当たらないって思うのは私だけ?
この16年間、電話なんて全然かかってませんわよ。
というか、当たるなら年末の西田夢蔵の方が(以下略)

それはさておき。

昨日はこのように大学病院受診があったので、透析は夜間に。

夜間透析の時も、夕食はいつものように病院で頂きますが、
亭主の食事は予め作ってから出かけます。
昨日はカキフライと白菜と平天の煮物、卵豆腐でしたが
カキフライと煮物を多めに作ったので、病院に持ち込みました。

これがウチの病院のごはん。普段は右上の器に入れた
おかずはありません。この日は厚揚げと野菜の煮物に
大根、きゅうり、人参の酢の物、青梅ゼリーでした。
ご飯の上に海苔をのせてしまったから真っ黒に(笑)
ほとんど写っていませんが、右端にはいつもの野菜ジュースが
置いてあります。本当はお茶が飲みたいけど、野菜ジュースでないと
あとがきついのよね。
入れ物の中身はカキフライと白菜の煮物だけど、私の
写し方がヘタで、なにやら黒い物体に化けております(涙)

画像


315円/1食の値段だから、おかずの品数が少なめなのは
当たり前。実はデザートの代わりにもう一品おかずがつくパターンも
あるようですが、何故か私の食事は「主食、主菜、副菜、デザート」の
パターンです。デザートが生の果物だと言うことなしですが、
あまり贅沢も言えません。生の果物は高いですから。

ま、だから自分で適当にアレンジすればいいのよね。今回のように
持ち込んだりして。別に怒られることはありませんし。

この透析ディナーを頂いた後、ずっとMステを見てました。

いやー、ジャニーズがこれほど堪能出来る日って、
なかなかないんじゃないかしら。カウントダウンライブくらい?

私が見たのはキンキ、SMAP、嵐、KAT-TUN。
V6やNEWSを見逃したのが残念だけど。
タッキー&翼は出てたのかしら。

キンキの歌を聴いてる時、ついコンサートのことを思い出して
口パクしてしまったわ。既に回診は済んでたし、周りも
静かだったから大丈夫と思ってたんだけど、合間にF先生が
回って来られて。慌てて口パクやめたけど、気付かれてたら
呼吸困難と間違えられたかも?

実はキンキだけではなく、他のジャニーズのライブにも行きたいけど
うーん、嵐やKAT-TUNに出かけて行く勇気はないかも?
(でもチケットが手に入ったら、多分、いや絶対に行くと思う)
キンキは私よりも年上の人が結構いるので抵抗ないのよね。

きよしに至ると、普段接してるお姉様方年代の人ばかり。
私など若い方です。でも皆、ハートのペンライト振り回してんのよね〜

いつも書いているけど、老いも若きも恋すりゃ乙女ですから♪

今年中にもう一度くらいは更新出来ると思うので、年末のご挨拶は
またそちらで。昨年の今頃はまだ毎日更新していて、この一年の出来事
トップ10なんてのもやりましたが…さてはて今年は10も浮かぶかしら。

さて、それでは最後に。

★☆★きよし、紅白大トリおめでとう★☆★

私は多分、その時間だけはテレビにベッタリと貼り付いて
ペンライト代わりの菜箸やお玉を振り回しながら
「ズンズンズンズンズンドコ♪」
『きよし〜!』
と、茶色い声を上げる、超ミーハーな年越しになると思います(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
トラの穴は毎月のように移植手術をしていますが
すべてお身内からの生体腎移植。
40代や50代の方がお母様からも、結構、おいでになります。
40代50代のお母様となると、60代、70代、、、それでも皆さんお元気に帰られます。やはり血が繋がっているからでしょうか。
ちなみに、mamajoが見た限りではEPSを起こしかけた60代の方、息子さんからの移植で、EPSの影は見事に消えちゃいました。
EPSの心配を消すのには、もしかして移植も手かもね。
mamajoぐらいの症状になっちゃうと、ちょっと手遅れだけどね。
mamajo
2008/12/27 22:26
>mamajoさん
私が今、月1回通っている大学病院もしょっちゅう移植手術をやってますが、そのほとんどが生体腎移植のようです。
私くらいの年齢でも親子間移植ってあるんですね。私の母は70歳。たとえ親の方から「あげる」と言われても、今の母を見ていると、では手術をという気になれません。
大学病院では夫婦間移植も行われているようですが、これも受ける気はないですね。

腎移植がEPS予防?にもなるのは、やはり自然治癒力が高まるからでしょうか。確かにそういうことはあるかも知れませんね。
ただ、移植は実際問題としてなかなかチャンスもありませんし、そのチャンスが来ても、その時にYESと答えられるかどうかは…うーん、本当に悩むところです。
今はともかく透析効率を少しでも良くして、自然治癒力をアップしたいですね。
葉桜
2008/12/28 01:11
移植、考えたことないです。
「巣状糸球体硬化症の人でも若くして
透析になった人は、健康な腎臓を移植しても
また腎臓の糸球体を硬化させて透析へと
戻る可能性が高い」そうなので、
移植は考えてないです。
父は私が透析を導入という少し前から、
「お父さんの腎臓をひとつあげるから、
先生に言いなさい。いつでも手術うけるよ」
と言ってくれたし、今も言ってくれます。
とてもありがたいです。

今日は夫実家で毎年恒例の餅つき。
おこわを食べれます。
ただ、兄弟の仲が分裂してますので、
手がたりません。かなり足りません。
さあ、もうすぐ出発です。
ママ子
2008/12/28 07:01
>ママ子さん
移植した腎臓がまた機能しなくなる可能性が高いとなると、私も移植は考えないと思います。私の原疾患はアルポート症候群だとかIga腎症だとか言われててはっきりしませんが、今までで保存期が一番辛かったので、あの状態を二度と経験したくないという思いがあり、それが移植を躊躇する一番の理由かも知れません。

お父様からの提供のお話、やはり親御さんの愛情は深いですね。私も腎不全がわかった時点で父がクロスマッチを受けようとしたらしく…でも、既にガンに罹ってたのでかないませんでした。

ママ子さんのところも今日がお餅つきなんですね。亭主の実家も同じくです。私は今日は透析日だから、夕方お邪魔して、お餅を頂いてきます。
葉桜@透析中
2008/12/28 09:30
移植のこと、移植すればすべて良しって、単純に考えられないんですね。
良いことばかりではないのですね。
餅つき、先日近くの小学校でやっていました。
つきたてはやはり美味しいです。
餡こ餅と、黄粉餅をいただきましたよ。
あっこ
2008/12/28 21:19
餅つきから帰ってきたのが、夜8時。
昼過ぎには終わりましたが、
夫実家でおしゃべりして、夕飯
いただいて帰ってきました。

餅、食べました。おこわも食べました。
手にひびをこしらえてきました。
ひりひりぴりぴりしてます。
真っ赤になって、手が腫れてます。
ところどころ、血がにじんでます。

保存期、つらかったです。
夜眠れないから、朝がつらいし、
毎日また朝が来てしまったって
思ってました。あのころのことを
思い出したらなんかつらさがよみがえって
胸がいっぱいです。
よくフルタイムで仕事してたな〜って
自分でも感心します。もういっぱいいっぱいで
仕事もわけわかんなくなってましたしね。
今はお気楽主婦。もう仕事に行く
気力がないな〜〜。
ママ子
2008/12/28 21:30
>あっこさん
移植=根治療法と思われがちですが、拒絶反応を抑えるための薬を飲んだり、移植した臓器が機能しなくなったりと、色々な問題を含んでます。日本では遺体を傷つけたくないという考え方もあって、なかなか移植という治療法は進みませんね。

餅つき、亭主の実家では朝4時頃から始めるようで、8時には終わっているとか。亭主も私も手伝いの出番がなく、いつももらって帰るだけです。
つきたてのお餅はおいしいですよね。私もお正月まで待てず、先ほど夕飯の時にお味噌汁に亭主と半分ずつ入れて頂きました。お正月のお雑煮が楽しみです。
葉桜
2008/12/28 22:06
移植・・・皆、一度は考えますよね。
私も透析導入が決まった時、母親が「私の腎臓あげる」って言ってくれましたが、年老いた母から腎臓ひとつ貰う事なんて出来ないと思いました。
今でも言ってますが・・・アノ頃よりおばあちゃんになってる母親なので「移植の希望はないので今のままでいいのよ」と言ってます。

葉桜さんも年明けに胃カメラ?私もそうなんです。
年に一度、必ずうけてます。
大腸は3年に一度。これは相当キツイです。
レオン
2008/12/28 22:10
>ママ子さん
どうもお疲れ様でした。手にヒビ、痛そう〜 大丈夫ですか? しっかりケアして下さいね。

おこわも一緒に作られるんですね。おこわは私も大好きです。うちの炊飯器にはおこわコースがあるので、もち米を分けてもらって久し振りに作ろうかしら。

保存期、とにかく食事の制限と当時は保存期の人へのエポ注がなかったため、極度の貧血でもうフラフラで。当時のドクター=今の透析施設のF先生は、「極端な制限をするより、まずはきちんと食べて」とおっしゃってたんですが、食欲もかなり落ちてました。
今思うに、保存期末期が苦しかったのは、クレアチニン14になるまで放置されていた(導入してもらえなかった)ことにあると思います。F先生は早くに紹介状を書いて下さったのに、導入担当の先生が「まだ大丈夫」と…あれは今でも忘れられないですね。
ママ子さんはフルタイムの仕事をされてたんですね。それはしんどかったでしょう。私は今と似たような状態でしたが、今よりは時間に余裕があったので、よく横になってました。今の方がずっと元気ですね(笑)
葉桜
2008/12/28 22:17
>レオンさん
移植、こちらがある程度年齢が若いと、ドクターの方から勧めてくることも多いように思いますね。たとえ数年でも腎機能がある程度あった方が良いのか、それともこのままの方が良いのか、迷うところです。
私も生体の腎移植は考えてません。献腎移植の登録も抹消するかどうか迷いながら、継続しているような感じです。

レオンさん、大腸ファイバー3年に一度は凄いわ! 私はもう8年受けてません。8年前に受けたのが初めての大腸ファィバーでしたが、そりゃもう検査の先生に「枕を投げつけてやろうか」と思うくらい痛かったんですよ(涙) なので、もし今度受けるとしても、Y大病院では受けませんわ〜〜
葉桜
2008/12/28 22:23
葉桜さん、大腸は痛いよね〜〜。
私は恥ずかしながら?13年くらい毎年受けてました。その後・・・2年に一度、3年に一度になりました。
大腸にバリウム入れて検査ってのもやりましたよん。
それはもっと辛いです、特に女性には悲しすぎます。
涙が出ました。
恥ずかしいなんてもんじゃありません・・・女やめますか、人間やめますか・・・って感じでした。
レオン
2008/12/28 23:57
胃の検査、自分から望んでするなんて、すごいわ〜!
私はいま胃痛でちょっと苦しんでるけど、ぜったい検査はイヤだ!(笑)

移植、私が行ってるクリニックでも、最近、若い人が二人(一人は高校生)手術を受けたそうですよ。
ご家族からの移植ね。
若い子はとくに、移植に希望を見いだしたいでしょうね。
うちの姪も高校のときだったか、父親から片方の腎臓を貰いました。残念なことに2年も保たなかったけど。
上手くいく人もあるんでしょうね〜。
TAMU
2008/12/29 01:04
おはようございます。

今年の最後が、氷川きよしさんの笑顔と、明るい歌で終えられるのは嬉しいですね。

腎臓移植、私も透析導入時に父が腎臓をひとつくれると言ってくれました。
でも、私の場合は、100%自分のせいでこうなってしまったので、どうしても移植という選択肢はありませんでした。
(それにウチの家族は全員血液型が違うのですよね…)

周囲の皆さんのお陰で、透析は全く苦になっていませんので、実は移植希望の登録もしていません。
…それなら、もうちょっと自分の体に気を付けなきゃいかんとは思うのですが…。

そうそう、今年の10大ニュース、楽しみにしています。
私も、どんなことがあったかなあ…と、少し落ち着いて考えてみたいと思います。
かんでん@早寝早起き
2008/12/29 06:16
>レオンさん
朝イチに買い物のはずが、掃除しててこんな時間〜 ただいま休憩中です。

そうそう、大腸ファイバーは痛いです。でも、これも術者の腕次第のようで、亭主が民間クリニックで受けた時は「少しも痛くなかった。お腹が張る感じはあったが、言えば空気を抜いてもらえた。むしろ下剤を飲む方がきつかった。検査も15分から20分程度だった」だそうで。私も出来ればそのクリニックで受けたいと思っちゃいましたよ。

注腸検査は未経験ですが、そんなに恥ずかしいものなんですか? この年になると婦人科の内診もすっかり平気になってるんですが(間仕切りのカーテンすら要らんと思うくらい。むしろカーテンを開いてエコーの画像を見せて欲しい)、それとはまた違うんでしょうね。注腸しても異常が見つかればカメラだと思うので、私は8年前に最初からカメラ希望したんですが、あれば本当に痛かったわ。大学病院の若いドクターだったから、半分練習を兼ねられてた? 今はpre-EPSを経験したため、腸がやぶれるのが怖いから、とてもとてもああいうドクターには任せられません。
葉桜
2008/12/29 10:01
>TAMUさん
胃の調子はいかがですか? 消化が良くて蛋白質が豊富なものって限られるのが辛いですね。
胃カメラは慣れれば?大腸カメラよりは楽だと私は思います。今は鼻からのもありますし。でも、私は多分鼻からのは通らないと思います(昔、鼻ポリープを取り残したせいか、鼻の穴が狭いのです)

移植もうまく行く人では20年30年と透析に戻らず、元気な場合もあるようです。ただ、やっぱり薬の影響でガンに罹りやすかったり、糖尿病が出たりすることはあるようですね。
それでも10代20代の若い人なら、移植してたとえ何年間かの間でも透析から離れられるのはいいことかなと思います。運が良ければ長く元気でいられることもありますしね。
私は既に40歳を超えたのと、また保存期を経験したくないのと、色々あって移植に乗り気でなくなりつつあります。それでも大学病院の先生(珪先生)は移植を勧められるんですけどね、「お若いから」って(私、先生より一つ年上なんですが・笑)
葉桜
2008/12/29 10:07
>かんでん@早寝早起きさん
旅行、楽しんでおられるようで何よりです♪ 昨日、透析がなければ津和野まで行けたんですけどね〜 昨日に限って日曜日なのに年末年始特別日程で透析でした。昨日はお天気が良くて良かったですね。

ありがとうございます。きよしの大トリ、毎年「一体いつになったらトリが歌えるのだろう」と心待ちにしていたので嬉しかったです。「なんでズンドコ?」と不思議に思ってたんですが、理由もハッキリしましたし。来年は3月に福岡、5月に広島のコンサートが決まってます。あとは10周年記念コンに行くのが楽しみ。

かんでんさんも親御さんからの提供の申し出があったんですね。親心って本当にありがたいです。
私も今は移植自体にあまり心が傾いていません。合併症がほとんどなく、ほぼ思う通りの透析が受けられ、F先生からしっかりしたフォローをしてもらえる安心感があるからだと思いますが。

トップ10ニュース、今年は10も浮かばない気がします(笑) 一番大きなニュースはやっぱり転院ですね。これで透析の環境がガラッと変わりましたので。
かんでんさんの「今年のニュース」も楽しみにしていますね。
葉桜
2008/12/29 10:15
移植でEPSが治まるのは、ステロイドや免疫抑制剤の影響が大きいのでしょう。もちろん腎機能の復活による因子も関係あるでしょう。

移植。献腎で年間5000件くらいの移植が受けられるようになったら、 駄目ならすぐに次。と、リスク回避がスムースに行くのですが・・・
kusakari
2008/12/29 21:38
>kusakari先生
私よりも長くPDをしていた男の方(15年くらいされてました)が何年か前に献腎移植を受けられたんですが、移植と同時にカテーテルも抜かれたんですね。でもEPSはちっとも出なかったようで。やっぱりステロイドの影響かなと思ってたんですが、腎機能復活による自然治癒力の高まりもあるのかも知れませんね。
でも、その方、最近調子が良くなさそうで、それを目の当たりに見ているから、私もあまり移植に積極的になれないです。

Y大病院では腎移植手術は頻繁にありますが、ほとんどが生体腎移植です。献腎では年間に1回あればいい方? 今年は2例あったようですが、ゼロの年も珍しくありません。腎機能が落ちてきた時のリスクの回避はかなり難しいですね。
葉桜
2008/12/29 22:50
腎不全治療の選択肢として移植があるというのはとても良いことだと思います。
透析による長期の合併症は移植期間を経ることにより今のところでは一番の解決の道でしょうし、従って透析と移植は車の両輪と考える方が、何が何でも移植という考え方よりは良いのではないかと思います。
現在行われている生体腎移植は、死体腎提供が少ない日本の現状では致し方ないのかも知れませんが、健康な肉親から一つ腎臓を取り去ると云う摘出後のドナーのデメリットを考えると、やはり死体腎提供による腎移植が理想なのだと思います。

まあ移植に対しての考え方は人それぞれ、色んな考え方が有って良いのだと思いますが、私は当初から(導入時期の透析環境にもよる)移植は考えたことありませんでした。
私自身腎不全という疾病になったのも、運命ずけられたものだと考え、自分以外の者に痛い思いをさせてまで生き延びようとは思いませんでした。

もし死体腎の提供者が多い欧米であったら、考えたかも知れません。
green stone
2008/12/30 00:04
ウチのすぐ近くの中国道で20台玉突きの大事故があったらしい…(朝日新聞のサイトに載ってた)
あのあたりはカーブが多いのよね。というか、中国道は全般的にカーブと坂だらけで、山陽道に比べて走りにくいのよね。

お正月に遠出される方、帰省される方、どうぞお気をつけて〜
葉桜@高速道路は怖い
2008/12/30 00:04
>green stoneさん
腎不全は透析という治療法があり、移植でなければ生きられない病気と違って選択肢があるということは、恵まれていることなのかも知れませんね。

私が通う大学病院では夫婦間移植も多いらしいのですが、私は亭主からもらう気はありません。腎臓は一つでも肉体労働も可能といいますが、二つあるということは、やはり意味あってのことだし、万一亭主の残った片腎に腎ガンなど出てしまってはと思うと、とてもそういう気持ちになれないですね。何しろ今では献腎移植ですら、登録を続けるか抹消するか迷っているくらいですから。

移植に対する考え方は本当に人それぞれで、何が正しいというのはないのだと私も思います。
私も今は何が何でも移植という気持ちはなく…勿論、今は合併症らしい合併症もなく、ほぼ満足の行く透析が受けられているからかも知れませんが、移植したばかりに今まで(透析していた時より)具合が悪くなったという人もいるのを知っているので、どうしても躊躇してしまいますね。
葉桜
2008/12/30 00:14
ありがとうございます。
気をつけて帰りま〜す。
かんでん
2008/12/30 00:19
>かんでんさん
かんでんさんはどのルートで帰られるのでしょうか? 北陸の方は今も大荒れのようです。どうぞお気をつけて。
葉桜
2008/12/30 00:23
トップのカウンターがもうすぐ55555になるわ。
自分で踏みそうな予感(-_-;)
葉桜@そしてどうでもいいこと
2008/12/30 00:27
55548
せっかちなもので(爆)

移植については考えも人それぞれですね。
修復腎問題は訴訟だもんね〜。
おいらも献腎登録してますが、今となっては移植するかどうかも悩みます。
アロハ
2008/12/30 09:15
おしい、55554。
一歩早すぎました。
ママ子
2008/12/30 11:54
>アロハさん
狙って頂きありがとうごさいます。でも、さっき自分で踏んでしまいました(泣) こういう予感だけは当たるのよねぇ〜

移植については人それぞれですが、病気腎であっても移植を望んでしまうほど「体調不良になる透析」が昔ならいざ知らず、今でも存在することが問題だと思います。同じ透析医療でも、地域や施設で大きな格差がありますよね。
葉桜@透析中
2008/12/30 12:42
>ママ子さん
ママ子さんも狙って頂きありがとうごさいます。せっかく「55555記念プレゼント」を考えていたのに、見事に自分が踏みました(涙)
次は66666かしら? かなり先になりそうです〜
葉桜@透析中
2008/12/30 12:49
9時半過ぎに無事に帰り着きました。

ご心配ありがとうございました。
新潟県内に入ってからは、風速10mを超える風に見舞われましたが、それまではものすごく順調でした。

あははは、ご自分で踏んでしまいましたか。
よくあることです。
ワタクシ、この間、某所で11111を自分で踏んだバカ者を知っております。
(ええ、鏡でよく見るヤツですが…)
今朝、ホテルの部屋で拝見したときは55545でしたので、狙おうかと思いましたが、チェックアウトの時間に負けてしまいました。
66666はぜひとも狙いましょう!
かんでん
2008/12/30 23:15
>かんでんさん
おかえりなさいませ、お疲れ様でした。9時半着とはかなり早かったですね。京都から北は吹雪いていると聞いてたので、日付が変わるまでにお戻りになられたらいいけど、と思っていました。

キリ番、そろそろどなたかが踏まれたかなーと見に行ったら、見事に自分が踏んだってことありますよね。私がまさにそれで、透析中、お昼を食べた後に「もう55555行ったかな」と見に行ったら自分でした(笑)

66666は随分先になると思いますが、良かったらまた挑戦?してみて下さいね。
葉桜
2008/12/30 23:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ズンズンズンズン、ズンドコ♪ 葉桜の「日々是好日」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる