葉桜の「日々是好日」

アクセスカウンタ

zoom RSS 腎不全治療の三本柱?

<<   作成日時 : 2008/09/24 16:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 24

えーっとレポじゃありません、すみません(苦笑)
レポは予告通り、明日アップします。今日はいつものように
私のしょーもない独り言です。

今日は血液検査がありました。相変わらず中1日にやるんですよね〜
まあ、平均的数字を見るというF先生のお言葉はわかるのですが。

で、結果。当然ながら透析前だけね(ぶー)
主だったものだけ書いてみます。

ヘモグロビン12.3 ヘマトクリット34.5 アルブミン3.2
補正カルシウム 10.6 無機リン 3.7

リン、低っ! 昨日あんだけ食べたのにね(トンカツとエビフライ)
もしかして月曜日にめっちゃ抜けてた? 確実に6くらいあると
思ったけど、ちょっとビックリ。

ということは、あれだけダイナミック?に透析したら、
もっとリン吸着剤減らしても大丈夫かもね。

でもアルブミンも一緒に低いんだわ。
どーにかならんものか、このアルブミン。

透析効率上げて欲しくても、これじゃ却下は目に見えとるわ。
今の状態でもBUN除去率86%もあるしね…これ以上上げんでも
いい、それよりアルブミンロスが心配だと言われそう。

思うに、ダイアライザー、APS-Eじゃない方がいいような気がする。
でも、私はβ2MGも高いしなー

今回補正カルシウムが10.6になったのでオキサが中止になりました。
またカルシウムが下がった頃にPTHを測ってみて、再開した方が
いいなら再開しましょうって。大学病院の時のように補正Caが
11超えでも放置されまくっていたことを思えば、かなり安心できますが。

でも、この補正Caもアルブミンさえ高ければ問題ないのよねー
補正前は9.8なんだから。

ところで

以下、延々とPDの文句ではありませんが、私の思うところが
続きますので、読むのが面倒な方は飛ばして下さい。



ここんとこあちこちでPDの話題を見かけるんですが…

導入にあたって、最近でこそEPSの話をする病院も増えたようですが
心底突っ込んだ話まではされないようですね。

前に爆☆の冊子に「PDはある程度の腎機能あっての治療法」と
おっしゃっていたドクターがいらっしゃいましたが、ひっくり返せば
「ある程度の腎機能と抱き合わせでないと、透析量が足りない」と
いうことですね。

なのに、今でも無尿になった患者さんにも漫然と続けさせている
施設もあるようで。

そりゃ、私だって13年半も続けたわけですから「どの口が言うか」と
言われそうですが、続けでHDに移行した後に苦労しているから
「こんな苦労をする人を増やしたくない」と思うわけです。
未だにCRPは高く、炎症は沈静化してませんし、シャントは成長しないし、
長年透析液から摂り続けた糖分による動脈硬化は多分、HDを
同じ年数続けた人よりもひどいと思ってます。長年の透析不足による
石灰化やアミロイドの蓄積もあるかと。今だからわかることですが。

血液透析、腹膜透析、腎移植。
腎不全治療の三本柱などと言われていますが、
正直、腹膜透析は「完全に腎機能が消失した人」の
「柱」にはならないと思ってます。
ある程度の腎機能があり、暫くは腹膜透析であっても、
「しっかり食べてもリンなどが抜けきれる」状態なら
選択しても良いとは思いますが。

ただ、近くに良いHDをしている病院があればいいですが
中には「まさに地獄」と思えるところもあって、そういうところに
最初から入るよりは、PDで数年過ごして…というケースも考えられます。

あと、学生さんで、学校を卒業するまでとか、子供が幼稚園に行くまで
今すぐにHDは怖いから、PDで暫く生活してみたいと思う人も
いると思います。そうした方々がメリットデメリットの説明を正しく受けた上で
選択されることはあってもいいと思います。

本当は誰もが均等に「良質の血液透析」を受けられると
いいんですけどね。現状では相当な格差があると思います。
夜間透析にしても、21時終了なんてところもあるし。
会社早退でもしなきゃ通えないですよね。

先に挙げた三本柱、どれもメリットデメリットがあるのですが
腎移植を除いて「透析していることによるデメリット」は
HDもPDもあります。HDのみのデメリット、PDのみのデメリットを
考えるとき「致命的な」「QOLに多大な影響がある」のは
やっぱりPDのEPSがトップになると思うんですよね。

シャントトラブルも辛い合併症ですが、EPSのようにどうかすると
一切飲んだり食べたり出来ない、HPN(在宅でのIVH)でしか
栄養を摂れない、それも終生…そうしたことも起こりうる合併症の方が
「より辛い」のではないかと。

なのに未だにPD推進している医療者がいるのはどうしてなのか。
どちらも選択できる立場の人に、PDを敢えて勧めるのは何故なのか。
昔のように洗面器抱えてのHDしかないならともかく…

まあ、そんなわけで、今、導入間近の人が「どちらを選ぼうか」と
相談に来られたとしたら「どちらも選べる状態なら、最初からHDで
しっかりした透析をして、栄養をきちんと摂って、運動もして」と
勧めるかな。私自身の体験も交えて。

「あなたは今、いい先生のもとで、いい透析を受けているから
そんなことが言える」というお叱りは承知の上ですが
PDが「透析量としてはHDに遠く及ばない」のは身をもって
経験しています。どんなに工夫をしても、HDには及ばず
珪先生も苦労されてましたしね。いわゆる「スタンダードな
透析(週3HD×4時間×QB200ml/min)」にも及びませんから。
毎日24時間をかけての腹膜透析、4〜5時間間隔で
2000ml液を5回も交換して、これですから。

ともかく、導入前の人に対してPDはこんなにいいことずくめという
「一昔前のような勧め方」だけはして欲しくないと思いますね。
透析量についてまで語るドクターがいるかどうかはわかりませんが
少なくとも「食事制限が緩い」という「間違った認識」を植えつけて
欲しくないと思います。

あと移植の問題。これも「移植したらもう大丈夫」というわけでも
ないんですよね。大学病院は移植を頻繁にやるからか、私も
しょっちゅう勧められますが…調子を崩したり、薬剤性の
糖尿病が出たり、とにかく苦労している人をたくさん見てるから
あまり乗り気になれないところがあります。まして亭主からなんて
とんでもない。私に夫婦間生体腎移植を勧めるのはやめて欲しいわ。

なんかこのブログを始めた頃に書いたことと同じことを繰り返して
書いたような気がしますが…最近よくPDについての話を見かけるので
思うところを書いてみました。小心者だから、よそ様ではあまり
こうしたとを書けないのと、あと、よそ様での長文は迷惑ですから(笑)

あと、以上はあくまでも素人の私の個人的意見です。私が実際に経験して
思ったことを書きました。

はっ、もうこんな時間。そろそろお稽古に行く支度しなきゃ〜
今日は中2日並みに増えていたので(月曜日残したことも
あって)また500g残しました。既に大汗かいてるので
着物を着たら、滝汗ですな…残して正解だわ。

それでは、明日には松江レポ、アップしますね〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
血液透析より食事制限がゆるい、と言ううたい文句、今もやっぱりそうなんでしょうか?
私は身体も小さいほうだけど、それでも2L×5回(夜間サイクラーも使用)でクレアチニンが12〜3ありましたね。
無尿だったのが一番の原因ですね。今じゃ無尿の人にPD勧めるなんて考えられないですよね。

うちの病院のDr.、けっこうPDを導入の人に勧めてますが、EPSのことや、限られた年数でしかできないってことなどマイナスの情報もちゃんと患者さんに話してるのか、ちょっと疑問。
だって13〜4年PDしてる人もいるもの。みんなHDには変わりたくないって言ってるから、大丈夫なのかなぁって心配してます。
10年ぐらいPDしてるの患者さん(60前女性)に少し前に1〜2年ぶりに偶然会いましたが、顔がかなり黒くなっててびっくり。大丈夫なのかしら?先生も顔の色にも気をつけて見てほしいです。
まぁうちのHDも全然満足いく状態ではないですけどね。
私もつい長文になってしまいました(汗)
愚痴だわね。。。<(_ _)>
blue-rose25
2008/09/24 18:29
葉桜さんには話したけど、私は導入の時に1ヶ月だけ腹膜透析しました。
前もってシャント作ってたわけじゃないから、貧血もひどくて生〇も止まってて、出血したら止まりにくい状態だったみたいで(他人事・笑)とりあえずの処置って感じでやったけど、その時の主治医は最初から、腹膜の方は勧めてきませんでしたね。ま、今の主治医に比べたら比べもんにならんくらいエエ先生だったんで。(苦笑)

だから、私も最近まで腹膜は食べたいものも結構食べれるし、飲めるし、病院に通わんでもいいから、時間的な事も比較的自由で、いい事ばっかりじゃん、って思ってた一人です。
ただの知識不足なだけですけど。(苦笑)

葉桜さんの個人的意見かもだけど、やっぱり経験した人の意見が1番信用できると思ってます!ま、もちろん色んな考えの方がいますけどね。うちの病院には、おっさんなんだけど、どうしても血を見るのが怖くてPDしとる人がいますよ。(苦笑)ずっとはできんのにどうするんじゃろか?(苦笑)
もも
2008/09/24 20:29
始めまして、時々見させて頂いてました。今日は勇気を出して、コメントをしようと思います。私もPD5年していましたが、排液がでなくなり、どんどん体に溜まり、息するのも、歩くのも苦しくなり、10kgぐらい水が体に溜まったようでした。HDに移り、透析する度に元気になっていくのを感じました!
そして、後で思いました。長期透析するならHDの方がいいと思います。
PDの後、卵巣嚢腫になり2度の手術で子宮全摘卵巣もすべて採りました。これはPDの後遺症ではないかと思っています。(個人的思いですが?)やはりデメリットをよく調べて、選択しないと後悔しますよね。葉桜さんの考えにそうだな〜と想いお邪魔しました。また遊びに来ます!よろしくお願いします・・・!
ジャスミン
2008/09/24 21:46
腹膜透析は専門学生だったときに2年間だけしてました。でもそのあと腹膜炎になり、HDへ移行したんですけどね。
腹膜透析を長くされている方には申し訳ないのですが、やはりHDの方が楽かななんていまになれば思います。
いち太
2008/09/24 23:04
>blue-rose25さん
それが今もあるんですよ。私なんかは「ウソじゃーん」と思ってしまうんですが。
実際にPDをやり、HDに移行したらわかりますが、PDではあまりブドウ糖の濃い透析液は使わないようにと言われたりすることと、透析不足からか汗もでにくいことで、HDよりも水分制限がきつくなることも多いです。リンも乳製品などカットしてたのに「リンが高い、リンを抑えて」としょっちゅう言われてました。大抵は6以上、7〜8なんてことも。今日のリンの値とはエライ違い(笑)

えー、そんなに長くPDをしている人がいらっしゃるんですね。まあ、私も「変わりたくない」とゴネた一人だから、「今頃何を言ってるのやら」といった感じですが…PD推進派のドクターはHDの「良いところ」は説明しないんでしょうか。「怖がらなくていい、こんないいこともあるから早めに移行した方が」と勧めることはないのかなって思います。

そういえば、私、色が昔よりは白くなりました。でも、中途半端なUV対策だった顔と腕は黒いですが(苦笑)

葉桜
2008/09/24 23:35
>ももさん
ももさんが腹膜透析、というかかつての「腹膜灌流(IPD)」の経験がおありとはビックリ。てっきり最初からHDでの導入かと思っていました。
あの頃のIPDは今のCAPD、APDほどの清潔操作なんてことは言ってなくて、腹膜炎にもなりやすく、ずっと寝てなきゃらないことで物凄く苦痛だったと思います。
私の保存期末期の主治医は、今のF先生だったんですが、あまり積極的には勧めない感じでしたね>PD。今頃になって大学病院から「pre-EPSになった私」を押し付けられて、内心閉口していたりして…(苦笑) でも、CT撮りましょうとか、お腹の調子のことも気に掛けて下さってありがたいと思ってます。

いやー、実は私も自分が導入した当初は食事はほぼ自由だし(塩分制限くらい)、水分もそれなりに摂れるし、病院に1日おきに通わなくていいし、いいことずくめと思ってたんですよ。でも、それはやっぱり尿が出ているうちでしたね。尿が出なくなったら水分の制限は出てきたし、何といってもリンやらβ2MGが上がってきたし、やっぱり無尿になったら立ち行かないみたいです(私も他人事?)
葉桜
2008/09/24 23:44
>ジャスミンさん
いらっしゃいませ〜 時々お名前は拝見しておりました。どうぞよろしくお願い致します♪

PDの難点の一つは、人によっては除水がままならなくなる場合があるということですね。腹膜のタイプは色々あるようで、早い人だと数年で除水量が落ちてくることもあります。
私は除水量は比較的保持されてましたが、それでも2.5%の液を無尿になっても使わないでいたら、血圧がガーンと高くなり、浮腫みも出てきて、正座が辛いほどでした。
今は結構飲んでいるほうだと思いますが、浮腫みは滅多に出ませんし、体重増加も理想の範囲内。むしろ汗をかく時期は「敢えて飲む」ようにしないと脱水になりそうです。

PDが婦人科系に影響を与えること、私も自分の体験でも「あるのでは」と思います。私は子宮内膜症の疑いありと言われてましたが、これもPDでずっと透析液を入れていたことで、経血の腹腔への逆流が起きやすかったことが原因では?と勝手に推測しています。

こちらこそ、こんな過疎ブログですが、よろしければまた遊びにいらして下さいね♪
葉桜
2008/09/24 23:53
>いち太さん
いち太さんは学生時代にPDをされていたんですね。通学の間だけ、通院回数の少ないPDを選ぶという人は今でもいると思います。でも、腹膜炎は大変でしたね。私は腹膜炎になったことがないまま、13年半過ごしてきましたが、かえってその「なったことがない」ことが長く続けてしまった原因になったんじゃいなかと思ってます。

HHDはやってみたいと思いますが、今PDに戻れると聞いても、さすがにもう5時間ごとの交換をしようとは思えません。あとゴミ処理も面倒ですしね(笑)
葉桜
2008/09/24 23:57
ぜんじんきょうにPD早期離脱の記事を書いてPD15年選手より本部事務局にお叱りのお電話をいただいたアロハです(苦笑)
最近、あの本部に苦情を言ってきた方がまさに透析不足なんだろうな〜?って思うようになりました。
基本的にはその人の生活にあった治療選択でいいかと常々思いますが、腹膜透析を行う場合は早期離脱(5年くらいまで?)という条件が必要ではないかと考えます。
またそれまでに残存腎機能がゼロに近くなったら、即座に中止すべきでしょうね。
とにかくEPS発症後は死亡率がグーンと上がります。
アロハ
2008/09/25 00:27
>アロハさん
あらら、それは災難でした。その方がこんな記事読んだら烈火のごとくお怒りになるかしら? 私、PDのことを書くとつい、あの「富山での在宅医療の分科会の先生」のことを思い出すんですよね(苦笑)

その人にしてみたら、長く続けている自分のことを否定されたような気がしたのかしら。10年以上続けた人が離脱するとEPSになりやすいからと、「離脱させない」施設もあると聞いてます。その間にも透析不足は続くし、いずれ「離脱しなくてもEPSになる」こともあるんですけどね。

はい、私もアロハさんのおっしゃる通りだと思います。長くても5年、だけどそれより早くに腎機能がゼロになったらそこで移行。出来れば導入時にシャントも作って併用がいいでしょうね。PDをやった後にシャントを作ると、育ちにくいというリスクが…もっとも5年くらいならそうでもないかも知れませんが。
葉桜
2008/09/25 00:43
アロハさん。

透析業界では異端が、正論を言っているという事と同義かもね?

まあ、キリストの様に磔にされる心配も、日蓮のように流罪にされる心配もないのでせっせと語りましょう。
kusakari
2008/09/25 01:17
リンが低いですね〜。
「もっと食べておけばよかった」
なんて思っていたりして?

私の先生、どうやらPDに関しては「推進」でも「反対」でもなく、「ひとつの選択肢」として考えているようです。
ただ、私の場合は(以前こちらにもかいたことがありますので、繰り返しになってしまうのは申し訳ないのですが)導入時に160kgくらいあったので、「管が届かないから」という理由で選択の余地がなかったのでした。
「管が云々」についての真偽は別にして、先生が選択肢をあっさりつぶしてくれたおかげで、精神的には無理なくHDに入れたので、その後のみなさんのお話を読ませて頂くたびに、その点では感謝しています。
かんでん
2008/09/25 09:13
PD16年選手を診ていますが,奇跡的に生き残ったとしか言えないですね.
kusakari
2008/09/25 11:56
>kusakari先生
異端が正論を語る、または普通でないことが普通なのが透析業界?

私も磔や島流しにはならないと思うので、大っぴらに書いてますが、某社からの刺客が来ませんように〜
葉桜
2008/09/25 13:07
>かんでんさん
かんでんさんがおっしゃって下さったように、月曜日にしっかり抜けていたのか、リンはとても低かったです。確実に6はあると思っていたんですけどね。嬉しい誤算?でした。

PDは透析量が足らなくなることが多いのですが、体格の大きめな人は更にそれが顕著になると思います。私は導入当初は40kg台前半でしたが(読んでる人たち、シーンジラレナイと言わないように!)それでもクレアチニンは13くらい常にありました。ほとんど腎機能が廃絶してからの導入でしたから、本当はPDは「向いてなかった」のでしょうが、当時はHDに物凄いトラウマがありましたので…今はそのトラウマもすっかり解消されましたけどネ。
葉桜
2008/09/25 13:13
こんにちは!こちらでは初めましてですね。
昨日は、遊びに来ていただいてありがとうございました。のんびり書いていますので、また来てくださいね。

私は、大学病院で透析導入のシャント手術を受けたのですが、その時に、担当の先生から、PDと
血液透析が選択できますが、PDは、もっても5年、それにデメリットも大きいですので、個人的にも、病院としてもお勧めできませんっと言われました。
自分でも、お腹に管が入るのは抵抗があったので
血液透析を選んだのですが、今でも、その時の主治医に感謝しています。

今、選択で迷っている方には、例え尿量があったとしても、血液透析で元気になってもらいたいですね。
はなみずき
2008/09/25 13:14
>kusakari先生
16年はかなり長いですね。私も「よそでは18年やってる人もいるから(まだ大丈夫)」みたいなことを言われていたんですが、ネットで「EPSも怖いが、透析不足による弊害も怖い」と学んでから、続けていく気持ちは全くなくなりました。

私も13年半と長く続けた方ですので、こうやって普通に生活できているのが奇跡のように思えてます。
葉桜
2008/09/25 13:16
>はなみずきさん
ようこそいらっしゃいました〜 昨日は琴平のうどんの話(食べ物の話というわけではありませんが)に惹かれてお邪魔しちゃいました。また遊びに行きますね☆

はなみずきさんの先生の説明、今の透析事情から言えばまっとうな説明だと思います。特に女性については私も「たった5年のためにお腹にカテ挿入時、抜去時と二度も傷つけるのはどんなものか」と思うのですよね。私のお腹は何度かカテの入れ替えもしてますから、そりゃもうあっちこっち凄いものです(ついでにセルライトも凄いけど〜)

本当は23時頃まで透析室が開いていて、若い方には「大きめのダイアライザーで、長めの時間で、血流量も取れるだけ」透析してくれる病院が増えてくれるといいんですけどね。そうすればほぼフルタイムで仕事ができるし、合併症も少なくなって入院することも稀になると思います。
葉桜
2008/09/25 13:21
kusakari先生、おっしゃる通り!
組織も変われば、風も変わる?
アロハ
2008/09/25 13:34
>アロハさん
新たな風。トップの方々もですが、末端の私たちの意識変革も必要でしょうね。
葉桜
2008/09/25 13:45
K大病院に透析開始のため緊急入院したとき三日にあげずPDを勧められました。
綺麗で妖艶な看護師さんがその担当でしたので、その時間(二人っきり)はいやではなかったのですが(笑)、本題のPDそのものが長年の持病(腸の炎症)とどうなるかが心配で、結局お断りしました。
魅力的な方の誘惑は悪魔のささやき、でなければ今頃仏さんだったことでしょう。
命拾いで、大正解だったと思います。
このブログで確信に替わりました。
akiakane
2008/09/26 16:57
>akiakaneさん
「若い人には時間の自由の効くPD」というのが、ひところの流行り?だったようで、お若い人、働き盛りの人ほど勧められた経験があることが多いと思います。

美人看護師さんの誘いは魅力的だったと思いますが(笑)、先々のことを考えると、やはりPDを選択されなくて良かったように思います。
ここに書いた記事はあくまでも私の個人的な考えですし、同意出来ない方も中にはいらっしゃるとは思うのですが、「すべてが間違い」ということはないと思ってます。自分で実際にやってきたことですしネ。
葉桜
2008/09/26 17:53
>ここに書いた記事はあくまでも私の個人的な考えです
長年の持病(腸の炎症)の持ち主という限定で考えての発言ですから、それでいいのではないでしょうか。
akiakane
2008/09/26 22:30
>akiakaneさん
ありがとうございます。「あくまでも個人的な考え」と書く理由は、某社からの刺客避け…というのは冗談ですが、私は医療者ではないので、「一患者として感じたこと」であるというのを明記しといた方が良いかなと思うからです。
治療法に対する考え方はそれぞれにあると思いますし、その人その人で環境も違いますしね。
葉桜
2008/09/27 16:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
腎不全治療の三本柱? 葉桜の「日々是好日」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる