葉桜の「日々是好日」

アクセスカウンタ

zoom RSS じつとデータ見る

<<   作成日時 : 2008/08/27 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 26

ここんとこ涼しくなって、もうすっかりエアコン要らずになってきましたが、
それでもやっぱりまだ着物を着ると暑いですね。しかも炭火の前に座ると
真夏ほどではないけど汗が。私は夕方のお稽古ですが、午前中の
お姉様たちはもっと暑いんだろうな。

午後透析だった時はお姉様たちと一緒の稽古でしたが、どうしても
透析が4時間しか出来ないのがネックで、午前透析にして、稽古を
夕方に変えてもらったんですね。
本当は午前の稽古の方が身に着くことは着くんですけどね〜
夕方は花月が出来ないのが辛いわ。あと、奥伝の点前は
老先生もほとんど忘れてらっしゃるから(奥伝どころか、四ヶ伝も
最近はあやふや)もう自力で思い出しながらやるしかないって感じ。
お姉様たちがいれば、あとでこっそり教えて下さるのですが。

ところで。

今日は穿刺失敗されてしまいました。
今の施設になって失敗は二度目。しかも同じ女医さん(-_-;;)
「なんでこんな太い血管で失敗するかなー」って思うほどの
ところでの失敗だったんですよね。吻合部にやや近いところだったから
シャントの調子がイマイチの私はヒヤヒヤ。

そのせいかどうか知らないけど、血流もろくにとれなくて、
280が精一杯。お昼前から290にしてもらえたけど、
もうピローの元気がなくなってたので、今日は300にするのは
無理といわれました。痛みよりこっちの方が私にはこたえるわ。

きちんとお詫びされるし(しかも何回も)悪い先生ではないけど
私との相性が悪いのかしら。
F先生や技士さんや看護師さんでの失敗はないんですが。
この女医さんと、あと看護師長さんはちょっと苦手かも。
決して悪い人たちではなく、とても良い人たちだから、
「来ないで」ともいえないんですよね。

んー、もうこの先生がいらした時は、ちょっとコブになってて
刺して欲しくはないところだけど、「ここならまず失敗はない」
ところ(吻合部には近くない)に刺してもらおう。シャント潰されても困るし。

今日は血液検査(血球関連とアルブミン、カルシウムとリン)
月曜日にもカリウム、ナトリウム、クロールの検査やってるんだけど…
毎回思うけど、なんで二度に分けてやるかなー
それこそ「血がもったいない」ような気がするんですが。
月曜日はスピッツ一本、今日は二本。
まとめて月曜日でいいじゃん、とか思ってしまう私。
これを分けるくらいなら、月に一度の透析後検査をやって欲しいわ。

まあ、二週に一度血球関連と電解質の検査があるというのは
いいことなのかも知れませんが。

で、たまには検査結果でも載せてみます。中1日なので
あまり意味なしかもですが、主だったものだけでも。

ヘモグロビン11.4 ヘマトクリット32.4
アルブミン3.1 無機リン4.0 補正Ca10.3

PTHの検査もしてたみたいですが、これはまだ結果待ち。

一時、食欲がなくて食べてなかったからか、アルブミンも
低いし、ちょっと貧血っぽくなってます。先々週はヘマト40も
あったのにね。
リンは6.5から4.0に劇的?に下がりました。経口パルスを
やめてオキサにしたからかも。カルシウムはビックリするほどは
上がってません。アルブミンがもうちょっと高ければ、10を
切るんですが。

ま、リンはパルスやる前はこんなものでしたから、これが
フツーなんですけど。6.5が高すぎるのよ〜

アルブミンについては、F先生も「お腹の慢性炎症があるから
どうしてもこのくらいになってしまいますね」と今日説明に
来られた時におっしゃってました。こればかりはいつ治るとも
わかんないですからね〜 数年で戻ればいいけど、ずーっと
引きずるかも知れないし。

PD時代はいつも2.8とか2.7だったアルブミン。これでも
ましになったほうです。蛋白質をとればリンが上がるしで
あの頃は食事制限も大変だったわ。卵黄を残して、
卵白ばかり食べてたこともあったし。
(今思えば凄い食生活だったような)

「働けど 働けど 我が暮らし楽にならざり じつと手を見る」じゃないけど
「食べども 食べども 我がアルブミン上がることなし じつとデータ見る」な
気分です。

それでもF先生からも「しっかり食べてくださいね」とは言われません。
まさかとは思うけど…珪先生から密告が入ってるとか(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
EPS、症状がないけどCRPが上がる(どれくらい?)という事は、本当にあるのかしらん?
kusakari
2008/08/28 01:07
リン、私も月曜日の検査でまた4.1に下がってて、ホッとしてます。やっぱりチーズトーストがいけなかったのかしらん??

しかし、ホントに検査を2回に分けてする意味がよくわからないね。
それだったら、後の検査をしてくれたほうがずっといいのになぁと私も思います。
一度聞いてみたらどう?
でも、以前聞いているから、ちょっと聞きにくいかなぁ。
ゆうき
2008/08/28 01:44
採血の結果
怖いけど ワクワクします。

いつもリンが3.02〜3.5なのに
ちょっと ご飯を食べなかったら
リンが2.1 になってたり
食べ過ぎたら 4になったり…。

これから 大好きな 白子が出回るので
リンとの戦いです(汗)

ちょっとした事で データがかわりますよね。

透析後のデータも 知りたいですよね
なんで アカンのかなぁ?
メグ
2008/08/28 02:30
センシに失敗されると痛いという以上に
シャントは大丈夫だろうか、、、って心配しちゃいますよね。
ほにゃらら病院で、センシを失敗しシャントを潰された看護婦さんに、おそいかかった女性がいたけど、、、まぁ、気持ちはわかる。

血液検査のデータ、、、mamajoのアルブミンはまたしても3を切ってしまいました。
でもそれよりも悩ましいのがCRP。
3.6って、何もしなくてもいいのか?
mamajo
2008/08/28 07:43
>kusakari先生
完成されたEPSで自覚症状がないことはないと思いますが、その前段階では症状がないという場合もあるようです。私がそれで、離脱前の2年間くらいはずっとCRPが2以上ありました。
主治医も、何の自覚症状もないし、腹膜機能検査の結果も悪くはないからということで、まず結核などの感染症やガン、リウマチ等の可能性を探ってくれましたが、ありとあらゆる検査で全身くまなく調べてもそれらはありませんでした。更にCTでは腸管浮腫や腸間膜の石灰化もみられたので、自覚症状はないがpre-EPSということでステロイドの使用が決まりました。

現在のCRPはステロイド無しで0.5から1.0をウロウロです。カテ抜管の際の腹腔鏡の写真を見せてもらいましたが、臓側は部分的でしが、壁側は一面カラメル化がひどく(長年の透析液貯留でヤケドしたような感じです)慢性的な炎症はこういうことも原因なのかと思っています。
葉桜
2008/08/28 15:41
>ゆうきさん
ゆうきさんもリンが下がってたんですね。良かった〜 今まで低かったものが急にハネ上がっていると「何が起きたんかしら」って気になりますよね。私の場合、経口パルスが原因だと察しがつきましたが、思い当たるふしがないと不安になりますね。

中1日に検査する理由はF先生が話して下さったんですが(確か平均的な数字をみるためだったかと)カリウムだけはなぜか中2日。この理由は聞いてないので、いつか聞けたら聞こうと思います。9月はF先生からの指示が出ているので、私のみ透析前後の検査があるみたいです。10月は全員あるので、私もあると思います。11月はどうなるかしらん〜 なかったら「やっぱりやってもらいたい、その方が安心」って頼もうかしら。スピッツ1〜2本の血がなくなったからって、困るほど貧血でもないですしね。
葉桜
2008/08/28 15:41
>メグさん
そうそう、怖いけど、早く知りたい、なんてな気持ちですよね。私も同じです。で、悪かったら凹むんですけどね(苦笑)

リンが3台って優秀ですね。メグさんは透析量もしっかり確保されているからでしょうね。私もちょっと食べなかったりすると低リン血症になったり、食が過ぎると5台になることも。先日は経口パルスのために6台になって「PD時代かい」って思わず叫びそうになっちゃったわ(笑)

私はリンが高いといわれている魚の卵系はあまり食べる機会がないんですが、同じくリンの高いチーズは大好き。ピザなんてセーブしないと2人前くらいお腹に入ります。勿論、二切れくらいでガマンするようにはしてますけどネ。

透析後データを半年一度しか調べない理由はF先生から説明を受けたのですが、どうも上の方々(理事会等)から圧力があるんじゃないかというような気がしました。透析センター長でも、経営者ではないからなかなか大変みたいです。
そのわりには貧血の関係や電解質などは2週に一度検査してるんですよね〜
葉桜
2008/08/28 15:42
>mamajoさん
昨日失敗したところ、まだちょっと痛いです。血腫にはなってないけど、吻合部から5cmくらいのところだから心配でした。今日は何とか流れているみたいですけどね。
シャントはそう簡単に作りかえるわけにも行かないので、潰されて襲い掛かった人の気持ち、わからないでもないです。

アルブミンが3を切ったのは、やはり食事が取れない期間があったからでしょうね。病院の食事は食事ではないですし(私もひどい?)
私は、万一CRPが2を超えた状態が続くようなら、ステロイド再開と言われてますが、今のところ1以下で落ち着いてくれてるようです。ステロイドもうまく加減すれば良い薬だとは思いますが、どうしても副作用のことが頭にあるので、私も「再使用は避けたい」って思ってしまいますね。
CRP3.6は高めですし、でもクラビットの連用はは耐性菌などの心配もあるしで…私もPD時代、クラビットは長くは使ってもらえませんでした。大抵は7日が限度。珪先生なんかは2日分くらいしか出してくれないこともありましたね。
葉桜
2008/08/28 15:42
やはり経口パルスのせいでリンが上がってたんですね。落ち着いてほっとしましたね。

それにしてもPD時代はそんなにアルブミンが低かったんですね。リンを気にして食べられないと栄養失調になってしまいますね。

そちらでは月曜の検査はないんですね。なんか水曜だとデータがよくても当たり前なので、月曜ならどのぐらいかな、と考えてしまいそうです。
blue-rose25
2008/08/28 15:45
>blue-rose25さん
はい、理由は経口パルスだとほぼ確信していましたが、今回の検査でそれが証明?されてちょっと落ち着きました。透析効率は下がっているはずもないし、そんなに食事内容が変わったわけではないので、6.5はないやろ?と思ってたんですよね。PD時代に戻ったようにリンに気をつけてましたが、4.0だと多分透析後には物凄く低くなってると思うので、もうちょっと制限緩めて蛋白質をしっかり摂ろうと思います。

はい、PD時代は高くても3.3まで。大抵は3以下でした。なのにリンは6とか7なんてことがほとんど。「一体どうしろと」と悩んだことも多かったですね。

第二、第四月曜日の検査はカリウム、ナトリウム、クロールのみです。第二水曜日に大まかな総合検査、第四水曜日に血球関係の検査とカルシウム、リン、あとアルブミン。こまめに検査してるのに、なぜか透析後検査は年2回。なんかもう検査に関してはワケワケカラン〜です。F先生から細かい説明と、その時その時きちんとした対応があることには安心してますけどね。
葉桜
2008/08/28 15:58
さっきね・・・ぐすん・・・コメント書いたのにね・・・ぐすん・・・・送信した後になって「メンテ中」って・・・ビエーンッ!

私も穿刺失敗される時は大抵同じ人ですね。相性みたいなのがあるんかなぁ〜とも思いますよね。それとも前回失敗したから、って慎重になりすぎてまた失敗、とかなんですかね?
ま、どっちにしてもこっちは痛い目にも合うし、シャントも気になるしで、失敗はされたくないですよねぇ〜。もちろん人のすることなんで、100%って事はないんだろうけど・・・。でも全く簡単に刺す先生もおるんだから、もうちょっと上手になってから私のところに来て、って感じですよね。(苦笑)

私はココ最近なぜか血液検査の結果が全般的にいい感じなんで、このまま続けばいいんだけど、いつまで続くやら、の方が可能性大ですね。(苦笑)
もも
2008/08/28 16:47
>ももさん
わーっ、ごめんざない、ごめんなさい、ごめんなさい〜〜 実はメンテなのをここで告知しなゃいけなかったのに、すっかり「お知らせ」を見落としてて、私自身が気付いたのがメンテが始まってから。本当に申し訳なかったです(平謝り)

大学病院の時も結構失敗はあったけど、昨日失敗されたとこ、大学でもまず失敗がなかった太い血管なんですよ。普通、返血側で失敗はあっても、脱血側で失敗はなかろ?と思うんですが。
昨日はこの先生が刺した返血側もあまりうまくは入ってなかったようで、食事にために座ると静脈圧が上がりまくり。箸を置いて腕をグネグネ動かしながらコンソールを見ている私が気になったのか、回診中のF先生がやって来て「大丈夫ですか?」って(苦笑) コンソール見ながらの腕の位置直しは、大学病院の頃はいつものことだったから、全く大丈夫なんですけどネ。

血液検査の結果が良いのはいいことですネ。私もとりあえずリンが下がっていたのは一安心。でも、アルブミンはどーにかしなきゃいけないんですけどね〜 低い理由はわかってるけど、この数字じゃ「どんだけ栄養失調なんだか」って感じですから。
葉桜
2008/08/28 17:00
一番失敗が多いのは、
実は、小生です。

ああ、誰か替わってくれ〜。
kusakari
2008/08/28 19:07
>kusakari先生
それは「穿刺のとても難しい患者さん」の穿刺をされているからではないかと…風の噂?で聞く限り、kusakari先生の穿刺はとても上手ということですよ〜

なので、私も今から楽しみというか安心というか? ただ、それまでシャントが持ってくれればいいんですけど(シャント狭窄しかけてたら泣くに泣けないです)

臨時透析のことは、また改めてメールさせて頂きますね。
葉桜
2008/08/28 19:51
私は穿刺の失敗が不思議と少ないです。
あれで少ないのかどうかはよくわかりませんが…。
でも、血流の採れが悪いので、あまり良くないシャントだと言われていました。
このところは、血流の採れが悪いことを16Gの針のせいにしていますので、シャントがどうのこうのと言いがかりをつけられることは減りましたが…。
ウチの透析室は、技能レベルが一定でないので、ベッドで誰が来るのかドキドキしています。
こんなスリルは味わいたくありませんねぇ。

アルブミンが低いのにリンが高いってのは、ほんとに「どうせいっちゅうねん!」ってハナシですね。
でも、経口パルスの影響だったことがほぼ確定してひと安心ですね。
これで安心しておいしいものを食べられますね。

いいなあ、Mクリで臨時透析ですか。
私もそのうち…と目論んでいますが、距離の壁はけっこう大きいです…。
今年中にチャンスがあればいいのですが…。
なけりゃあ来春にでも…。
かんでん
2008/08/28 21:33
>奥伝の点前は老先生もほとんど忘れてらっしゃるから(奥伝どころか、四ヶ伝も
そんなにお年なんですね。 くすっ
一年以上も使わなかったら、思い出しはしますが、法定要件等忘れているところが出ますものね。

>今日は穿刺失敗されてしまいました
同じ先生とはね。
私の場合、探り針する看護師がそうでした。
シャントが閉塞、一旦は開通しましたが、再びすぐ閉塞。
再手術でした。
その看護師何時か差し返えしたろか、と思っています。
新人の看護士さんが来ると、一番刺しやすい血管を用意してます。
それでもだめなら、敬遠パスです。
運転のできない、おぼつかない運転手のバスに乗りたいですか?
ご免なさい、で済む問題ではないと思います。
職の専門性と存在がかかっているはずだからです。
その方、職業選択の誤りでしょう。
或いは努力不足でしょうか?
akiakane
2008/08/28 22:38
ウソウソ♪葉桜さん、気にせんで!!(笑)
私の方こそずっと迷惑かけてたくらいだし!!

でさ、「ごめんざない」が笑ったんだけど♪(はい、あげあし取り大好きでございます♪・笑)
もも
2008/08/28 23:07
>かんでんさん
私も今の施設になってから、失敗はほとんどありません。ただ、技能レベルが一定でないのはうちも同じで、失敗はいつもこの先生。看護師長さんもあまり上手とはいえないようですが、失敗とまでは行きません。

でも、私の穿刺に失敗する先生、他の人では失敗がないので、私のシャントがよほど刺しにくいのかな?と思います。確かに細いですけどね。

透析効率が悪くなったわけではなく、むしろよくなったのにリンが上がるということは、経口パルス以外に理由が思いつかなかったのですが、それが今回の血液検査でわかったので一安心です。オキサ注はリンにはあまり影響ないようです。心配していたカルシウムも、透析液中のカルシウムが低いせいか、大学病院時代のカルシウムよりも低いです。

はい、9月に松江に伺う予定にしています。同じ山陰側でも、かんでんさんのお住まいから島根はかなり遠いですね。私の住まいから島根は隣県になるんですが、同じ隣県でも福岡、広島の県庁所在地に行くのに比べたら6倍くらい時間がかかります…近くて遠いところですわ。
葉桜
2008/08/28 23:25
>akiakaneさん
老先生は今年88歳です。さすがにもう難しい点前については、忘れかけてらっしゃる部分も多いようで。継続は力なり、ではないですが、実際に点前をしないと忘れてしまうことも多いですしね。お姉様方の中には80代でもバリバリに覚えて、綺麗なお点前をされる方もいらっしゃいます。

シャント、再手術されたんですね。探り針は私も嫌いです。されそうになったら「一度抜いて刺し直して下さい」とお願いします。今の施設で探られたことがないのが救いでしょうか。
ただ、失敗する先生(同じ人)、これで二度続けての失敗なので、三度目も失敗だったら、さすがに私も遠慮したいです。というか、あちらから私の穿刺は遠慮してもらえるとありがたいんですが。穿刺、今の施設では看護師さんや技士さんもやってますしね。
前の施設はドクターしか出来ず、しかもお当番先生は大抵一人だったから、どんなに失敗されてもその先生ばかりがチャレンジで、本当に困ったものです。

葉桜
2008/08/28 23:31
>ももさん
ギャー、「ごめんざない」って何語ぢゃ(笑) 私、カナ入力なので、ローマ字入力の人なら絶対にやらないような濁点間違いや、文字を逆に入れる間違いなんかをやるんですよね。もっと落ち着いてキーを打てって感じですね(-.-:)

高校時代にカナタイプの部活してた頃、大会に出ても「入力ミスが多すぎ」で失格になることが多かったです。いかに私が雑な人間かよーくわかりますでしょ(笑)
葉桜
2008/08/28 23:35
私も前回6.5だったリンが5.4に下がったの。ホッ
でも、何だったんだろう?やっぱり犯人はラーメン?こてこて背油入りじゃなかったのにな〜。

PDのカテを抜去してから半年後に腹部のMRIを撮ったら、真白。所見には硬化性腹膜炎って書いてあったわ。
でも、PD病院でのフォローは無し。ま、行く気も無いけど。
リリー
2008/08/29 02:01
>リリーさん
リリーさんもリンが下がったんですね。良かったわへ リリーさん、ゆうきさん、私、突然の謎の「高リン血症」だったけど、無事に元通りになって良かったです。私は4.0まで下がったので、控えていた乳製品も少し解禁しようかしら。

腹部MRI、腹膜硬化症の所見って書いてあったんですか? 特に自覚症状が出たり、CRPが上がったりはなかったんですよね。私はHDF移行前に撮ったのが一番悪かったかな。腸管浮腫と石灰化。でも腹水はなかったのね。
そういうMRI所見があったのにフォロー無しですか。もしかしてフォローのしかたがわからないとか? 私は今後も珪先生の外来には通い続けることになりそうです(月1度は来るように言われてます)
葉桜
2008/08/29 07:17
背脂とリンは関係ないじゃろう.

穿刺,本人の努力云々よりも,指導力と体制の問題でしょう.15年のキャリアの者に穿刺を辞めさせるなんて思いきった事が出来なきゃだめね.
よそで経験があっても一からやり直しです.
いやなら穿刺させない.穿刺できると給与が上がります.

失敗.
同じ人で魅入られた様に失敗することがありますねえ.
小生は,何時でも入る簡単な所を避ける(スタッフのために残しておく)という事は有るにせよ,取りつかれた様に失敗が連続する事もあります.
しかし,所詮は未熟という事ですね.
この歳になっても発展途上(まだ伸びている)です.
kusakari
2008/08/29 11:39
>kusakari先生
私は背脂というと、コレステロールと中性脂肪が気になります…

詳しくは別記事にしますが、実は今日も「失敗率100%」の先生が回ってきました。失敗したくないからか、最初から金属針を使うというので(金属針だと短いからか失敗がありません)OKしたんですが、この金属針では満足に血流が取れなくて。昨日もうまく取れなかったんですが、失敗のせいかと思ったら、どうも針のせいみたいです。水曜金曜とこんな感じでドッと疲れてしまいました(ゲージを聞いてなかったんですがペンレスなしで痛くなかったので17Gか18Gかも)

こちらも疲れますが、刺す側も毎回失敗ではイヤになるだろうし、いっそ私を避けて〜と思ってしまいますね。
葉桜
2008/08/29 19:53
前の病院では、看護師さんが穿刺してました。

とってもいい人で、よく気がついて、親身になてくれる人だけど、穿刺はヘタ・・・・

性格悪いんだけど、穿刺は 抜群に上手い!

穿刺の時だけは、性格悪くてもいいから お願〜い! って思ってしまいます(笑)

今は、失敗しても誰にも文句は言えません(;^_^A
さらりん
2008/08/30 01:28
>さらりんさん
そうそう、穿刺だけは「うまい人」に来て欲しいですね。さすがに何回も刺し直しになることはありませんが、シャントが成長してなかった頃は泣かされました。

大学病院時代はドクターの穿刺でしたが、若いお当番先生だったし、半ば先生たちの練習を兼ねているようなものだったので、結構失敗も多かったんですよ。でも、その中にもやっぱり上手な人はいました。不思議とこの病院では「いい性格の人=穿刺も上手」という比例式が成り立っていて、私が「(穿刺の)神」と勝手にアダ名をつけた先生はとても熱心な先生で、しかも何をやってもうまかったです。カテ透析の人のカテを、どんな患者さん相手でも失敗なく一発で入れられるのはこの先生だけでしたね。

うー、自己穿刺だと誰にも文句は言えませんね(苦笑) 私、不器用なのでHHDを希望しても、穿刺の練習の時に挫折するかも…??
葉桜
2008/08/30 08:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
じつとデータ見る 葉桜の「日々是好日」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる