葉桜の「日々是好日」

アクセスカウンタ

zoom RSS CTは正直です

<<   作成日時 : 2008/07/31 10:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

今日も朝から暑いですね〜 洗濯干しただけで汗だくだく。
こんな時間からエアコン入れてます。来月の電気代請求が
とってもとっても怖いです。それでなくても物入りなのに〜

あまりにも暑いので、昨日のお稽古は洋服で行き、二部式の
お稽古着で勘弁してもらいましたが、このお稽古着も結構
暑いんですよね。ポリエステルだし、普通の着物みたいに
ちゃんと袖までついてるものだし。

下には黒いTシャツとスカートだったんですが…
帰ってからTシャツ脱いだら、シャツに塩が吹いてる!!

自分のシャツに塩なんて何年ぶり、いや何十年ぶりに
見た気がします。黒い服だと乾いたときに塩吹いたのが
目立つんですよね〜 こりゃある程度、塩分も取らないと
いけないわね。PDの時のように6gとかじゃだめだわ。
まあ、今は極力8gにはなるようにしてますが、長年
薄味で慣れてしまったため、あまり塩味のきついものは
好きじゃないんですね。

先日の一蘭のラーメンも「薄味」指定でしたし。
その薄味のスープに替玉入れても「薄い」と思わなかったし。

で、8月のお稽古は第一週と第四週の2回だけだそうです。
私としてはもう9月までなくていいーと思ったりしたんですが。
第一週は税理士試験で休むと言ったら、「それならこの金曜日に
来たら?」と老先生に言われたのですが、「朝は病院がありますから」と
お断りしてしまいました。金曜日は夜のお稽古はないんですね。

8/1は珪先生の外来日で、予約は11時半だから、お稽古をしてから
外来に行けないこともなかったんですが、暑いし、時間があれば
今は勉強した方がいいし。もう来週ですもんね〜
なんか試験受けに行くより、アルパークのカフェコムサでのお茶と
帰りの夕飯(お好み焼き)が楽しみになってる、既にダメダメ状態ですが。

さてさて。

昨日の透析ではフロアの担当が看護師さんじゃなくて技士さんだったので
丁度いいわと透析液の種類のこと、聞いてみたんですね。
ちょっとビックリされてました。まあ、そんなこと聞いてくる人はほとんど
いないからでしょうね。

答えてもわからんのじゃないかと思われたのか、言いよどんでらしたので
「前の施設ではキンダリーでしたが、ここもそうですか」と話を振ったら
「いえ、キンダリーではないです。Dドライという日機装の透析液です」と
答えて下さいました。
以下、技士さんとの会話。

「カルシウム濃度はいくつのものですか」
「2.5ですね」
「そうですか。最近、補正カルシウムが低めになってきたんですね。
私、ずっと11くらいあったんですよ。前の施設ではキンダリーAF2でしたから」
「あー、キンダリーは個人機にたまに使うこともありますが、使うとしても
うちはAF3ですね。今はカルシウムは2.5のものが主流じゃないでしょうか」

このことでも、転院して良かったかも。ずーっとカルシウム濃度2.5のものを
使って欲しいと思いつつ、前の施設では3.0のものでしたし。
個人機はあったけど、私だけ2.5のものを使ってと言える状況でもなかったし。
そもそも転院のきっかけは「私だけ15Gの針というわけには行かない」と
いうものでしたし。

そして、明日は大学病院に行くということで、F先生にお願いして
CTの写真をお借りしました。
家で自分で開けてみたんですが(別に封とかしてなかったし)
腸管か腹膜かの何ヶ所かが見事に石灰化してました。でも、EPSの
写真でみたほどの全体的な石灰化や腸管が一塊になっている様子は
なかったです。読影結果でも、石灰化のことしか書いてなくて、
前みたいに「腸管の肥厚あり」という所見はなかったです。

「血管壁にも石灰化が見られます」とありましたが、これはマンモの
時でよーくわかってましたので驚きませんでした。これらの石灰化、
長年のPDによる高リン血症が原因と思いますが、取れるときが
来るのかしら。不思議と副甲状腺はまだそんなに大きくなっては
いませんが。

所見にはなんもなかったけど、皮下脂肪がやたら厚いのが
気になったわ(-.-;;) 9月までにコアリズムでもやろうかしら。
ウエスト部分、腕の付け根部分。今、一番痩せたい部分です。
ホント、CTはウソつかないですね。内臓脂肪が少ないのが
救いでしょうか。

明日は午前中が大学病院、透析は夜間です。
久し振りの夜間透析。昨秋の臨時透析以来です。
夜間は若い方が多いと思うので、私以上のブンブン丸な人が
いるかどうかも楽しみですわ。いたら「今以上に血流アップ」も
お願いしやすいですしね。

ただ、シャントの問題もありますしね〜
今朝もちょっと狭窄音がして、イヤな汗が。
どうも血圧が低くなるといけないようです。
今は復活してますが…またPTAをする時が来るかも〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
Tシャツに塩が浮きましたか。
季節柄というのと、安定していい透析が受けられるようになったので、代謝がよくなったのでしょうか。
そういえば私も、血流を上げ、時間を延ばしたあたりで、にわかに発汗量が増えました。
体にとってはいいことですね。
(私が言うのはアレですが)
水分の補給が大切ですね。

ところで、もうすぐ試験ですね。
試験後の楽しみがないとやってられない時期でしょうから、それがあるということはきっといいことだと思います。
お茶との両立も大変かと思いますが、くれぐれもご無理をなさいませんように。
かんでん
URL
2008/07/31 11:42
毎日あついですね。
汗を全くかかない身でも、暑いのは暑いのですよ。

葉桜さんはえらいなあ
お茶もして、お勉強もして

私は、舞月末の 市の広報の点訳も終わり、やや、ほっとしています。

後はひたすら専業主婦、蔵書の点訳です。

この暑いのに着物は大変ですね。
単でも、肌着、長じゅばんと考えると・・・

浴衣なんてだめでしょうしね。
やっぱり、絽とか、紗のきものですか?
見た目には涼しくても着る人は暑いよね。
昔はこれほど、地球の温度が高くなかったからねえ。
小夏
2008/07/31 16:54
毎月末です。
ごめんなさい。
小夏
2008/07/31 16:56
いよいよ試験も来週ですかぁ〜!
なんかあっという間って感じですよね!!
頑張ってくださいね!!同じ広島の地で透析受けながら応援してます♪(笑)(あ、寝てるかもだけど・・・・・笑)

私ももう随分前だけど、膵臓の方の関係でお腹のCTとった時、あまりの皮下脂肪の多さに思わず輪切りの写真見て、「私・・・脂肪すごいですね・・・」って言ったら、先生が「こっちもすごいですよ♪」と笑顔で、縦の輪切り見せられてパンツの上にモッコリと乗った腹の写真見せられたの思い出しました・・・・。(泣)

ホント写真て正直・・・。

普通の写真でも、「私って写真うつり悪いからぁ〜」なんて言ってたけど、それが本当の姿なのよね・・・。(泣)
もも
2008/07/31 19:28
>かんでんさん
PDをしていた頃も汗はかいていましたが、今のように「雫が落ちるほど」ということはなく…そういう体質だったのを忘れていました。考えてみれば、高校の頃に老先生宅でお稽古していた時も、今のように汗の雫が茶碗に落ちないか気にしてたんですよね。その頃の体質に戻れたのが(その頃も腎不全ではありましたが)ちょっと嬉しいです。
でも、脱水でシャントが潰れたり、脳梗塞になったりしないように気をつけないといけませんね。

ありがとうございます。いよいよ来週にせまりました>試験 来週は月火と連日透析をして、水曜日は試験、木曜日を空けて金曜日が透析です。水木と空いて、土日と空くのが困りますが、週4はちょっと言い出しにくかったので、とりあえず月火と連日で出来るのを楽しみにしていようと思います。
葉桜
2008/07/31 19:58
>小夏さん
汗をかくよりも、かかない方が暑い季節は辛いと思います。体温が上がりやすくなりますものね。私はPDをしていた頃は「ちっとも汗をかいてなくて、涼しそうに見える」と言われてました。今はただひたすら暑苦しい姿かも…

点訳はとても根気の要る作業だと思います。それをされている小夏さんの方が私よりずっとえらいわ〜と思います。

着物は今の季節、絽や紗の薄物を着ます。浴衣は着物と同じ着方をすると暑いんですね。浴衣はやはり、浴衣下だけを着て、さらりと着こなすのが一番いいかなーと。

先日の納涼茶会では浴衣を着ましたが、下に長襦袢を着たので、エアコンの効いた会場でも暑かったです。老先生のところはエアコンがありませんから、浴衣だと絽や紗の着物以上に汗をかくと思います。

日曜日は月例のお茶会ですが、この時も着物です。試験翌日の先生たちの集まりも着物。最近は洋服で参加する人も多いですが、私のような若輩者が洋服だと睨まれちゃいますしね〜〜
葉桜
2008/07/31 20:05
>小夏さん
はーい、了解しました。訂正できなくてごめんなさいです。
葉桜
2008/07/31 20:05
>ももさん
ホント、試験が火曜日や木曜日なら、「ももさん、出てこない?」とお茶や夕食に誘えたのに残念です。ま、でも9月がありますしね♪
試験は3時から夕方5時までなので、その時間帯、アルパークあたりに向かってお祈りして下さいまし〜

ギャー、縦の輪切り! それは私も見るのは辛いかも。しみじみ自分のCt画像を見ていて、周囲の脂肪らしき塊を見て「多分、15年前に撮ったら、この塊はなかったのよねえ」とないものねだりをしてしまいましたよ…(とほほ)

普通の写真も、えらくブスい写り方のってありますよね。絶対に自分だと認めたくないような写真! でも、そういうのに限って「あらー、よく撮れてるね♪」なんて言われてしまったりして、ちょっと悲しくなったりするんですよね〜
葉桜
2008/07/31 20:10
キンダリーって、なんだか分からない。
補正カルシウムも分からない。
葉桜さん、すごいわ〜。
私も少しずつ、亀の歩みで勉強して行くわ〜。

CTは正直?
写真も、たぶん正直なのよね。
でも、自分では、写真ってすごくイジワルだと思うわ〜(ハハ・・;;)
TAMU
2008/07/31 20:58
>TAMUさん
キンダリーは扶桑薬品工業の透析液で、前の施設ではこれを使っていたんです。器材置場に空き箱やら説明書やら転がっていたので、そこで着替えていた私は「あー、これを使ってるのね」と詳しくなってしまいました(笑)

補正カルシウムはアルブミンが適正値の人にはあまり関係ないかもです。私のようにアルブミンが低い人は「検査のCa値+4−検査のアルブミン値」で出した値を「カルシウムの値」として使います。今の施設では私が自分で計算しなくても、「補正Ca」の欄がわざわざ作ってあります。

でも、私もHDに変わったばかりの頃は何も知らなかったんですよ。ひたすら静脈圧が上がらないようにと、そのことばかり気を使ってコンソールと睨めっこしてましたっけ。ネットで色々な方に教えてもらわなかったら、今でも「何も知らないまま」だったと思います。

写真、自分で鏡で見た顔と写真の顔は違って見えますよね。でも、人から見たら写真の顔が私なんですよね〜
葉桜
2008/07/31 21:38
男性でもでしょうが、女性で透析液のことを聴くお方は皆無でしょうね。

医療にはこういう背景がありますから、時々病状等を説明する医療スタッフは非常に初歩的で幼稚な説明をいたしますね。
こちらもあまり知ったかぶりなどをすると厭な顔をされる事が多いので、黙って聴いていますが、ある時整形のDrだったですが、CTSのOPについての説明は、透析というのは血液が固まりにくい薬を使いますから云々を繰り返し仰るには閉口致しました。(笑)

でも日常の診療活動は殆どこういって噛んで含めるように説明しなければならない患者ばかりなので、患者側にも問題はあるのでしょう。
Green Stone
2008/07/31 22:15
こちらは寒冷前線が残っていましたので、だいぶ涼しく過ごしました。
今日は、クリニックの運動療法センターで、卓球の練習がありましたので、葉桜さんと同じくらいトレーニングウエァーに塩が付いたのではないでしょうかね。白い服を着ていたから分からないですけども、黒だと白く粉が噴いたように、染みが出て着替えないと帰れないですね。

お茶のお稽古などは、お茶室にエアコンなど無いでしょうし、炭を熾すから外より暑いかもしれませんね。脱水症にはくれぐれもお気をつけくださいね。。。

透析液の事を聞く方は少ないですね。
自分の体の中に入ってくるものですから、とりあえず、どんなものか知っておいた方が良いのにね。
こちらの患者さんは、分かったとしても何がなんだかという患者さんが多いですが…ネ
maron
2008/07/31 23:49
>Green Stoneさん
私が透析液のことを聞いた時、技士さん、ちょっと驚いた様子でした。そんな質問する人、他分これまでいなかったんじゃないかと思います。
今の施設は日機装が好き?なのか、コンソールはほとんどそのようですし(私の使っているものもそうです)ダイアライザーも私の目の前の人たちが日機装のものを使ってらっしゃいます。

ドクターが説明をされる時、確かに初歩的というか、誰にもわかるような言い方をされますよね。私も「知ったかぶり」と思われてもいけないので、必要以上のことは言いませんが、前の施設の主治医が「大分子物質」のことを「粒の大きな毒素」と表現された時はちょっとおかしくなりました。
でも、そういう言い方でないと、理解してもらえない場合も多いのでしょうね。
葉桜
2008/08/01 00:21
>maronさん
卓球の練習、お疲れ様です。今の時期、脱水にもなりやすいので気をつけて下さいね。昨日は黒いシャツに塩が吹いてて驚きました。いつもは白い浴衣下に長襦袢ですから目立たないんですよね。さすがに昨日は暑すぎて着物は辛かったので、稽古着で勘弁してもらいました。

炭火というのは意外と熱量が大きいのか、冬場は暖かいですが、夏はとにかく暑い!の一言です。クラクラしそうになります〜

透析液に興味のある患者って、前の施設では私だけだったと思いますし、今の施設でもほとんどいないのではないかと思います。私はPD時代から透析液の組成には興味がありましたから(やはりカルシウムの少ないものと多いものがありました。あとマグネシウムの量も違うものがありました)そのせいもあるかもですね。
葉桜
2008/08/01 00:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
CTは正直です 葉桜の「日々是好日」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる