葉桜の「日々是好日」

アクセスカウンタ

zoom RSS さよならは別れの言葉じゃなくて

<<   作成日時 : 2008/03/21 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

再び逢うまでの遠い約束〜♪
懐かしい薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」
実は高校の頃、この時の薬師丸ひろ子さんと同じヘアスタイルをしてました。
そしてセーラー服でした。顔の中身は全く違いますが(笑)

さてさて、今日は最後の校区福祉委員協議会の会議でした。
うちの校区、こうした役員は一年任期で終わってしまうことが多く、
私も三月末でお役ご免。
仲良くなった福祉の会長さんやその他の皆さんともお別れです。
今回の会長さんはとても素晴らしい方で、皆をまとめてしっかり
リーダーシップを発揮して下さいました。私は事務局をやってましたが
会議や行事の日を透析日から外すなど、色々気遣って頂き、
本当に助かりました。

役員は終わりますが、せっかく得たご縁なので、またどこかでお会いして
お話が出来たらいいなーと思ってます。

考えてみれば、生まれてから今まで、物凄くたくさんの方と出会い、
別れたり自然消滅したり。親しくしていた方と音信不通になって、
人間不信になりかけた時期もあったんですが…
やっぱり人とのご縁、絆は、何にも代え難い大切なものだと
私は思ってますので、出会いの場に出て行くことはどうしても
やめられません。

人と接すれば、勿論軋轢もあるわけですが…楽しいことや、学ぶことも
たくさんあります。私は未熟者だから、いろんな方から学ぶことは
本当に多いです。

長くお付き合いしている方、ほんの少しだけの間お手紙をやりとりした方
学校の友人たち、お茶を通じて出会った方たち、ネットのお友達…
その出会った全ての人がいらしたからこそ、今の私があると思います。

私もどなたかの「人生のほんの一部分」になれていると嬉しいですが…

さきほど会議から戻ってきたばかりで、ついそんなことを考えました。
桜の季節は別れの季節であり、出会いの季節なんですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね、春は別れと出会いの季節ですね。
子供たちもみな成長し、学生じゃなくなったので、卒業とか、入学には縁はなくなりましたが・・・

今日、TVで、例のホームレス○学生のはなし 本人がやってましたが、高1の時の先生のお手紙が人生を変えたって。お母さんが病院に入院してて、死んじゃうとは思わなかったから、あんまりお見舞いに行かなくて・・・って。

そういえば、息子は小6のとき、私が入院してて、夏休みの40日間、毎日お見舞いにきてったっけ・・・あの時、私が死んじゃうと思ったのかなあと今夜はふと気づきましたが・・・
小夏
2008/03/21 23:58
セーラー服と機関銃、なつかしいです。
当時まだ小学5年生だったおいら
友達2人と一緒に子供3人だけで映画見に行きました。
すると、次の日に学校にバレて
3人そろって正坐させられた(苦笑)

その後も何かあるたびに3人一緒ってことが多く、
地元では「3バカトリオ」とまで言われてました(笑)
今も時々飲んだりしてるんだけどね。
アロハ
2008/03/22 00:08
セーラー服と機関銃、、、これ、mamajoにとっても懐かしい。
体調が悪くて息子を母にあずけて、ずっと入院していた頃に流行っていたから。
なんかこれ聞くと切なくなっちゃう。

で、親友というか、最近、入院ばっかりしているから
つるんで遊んでいた方は離れて行っちゃった人もいるわね。
そのかわり、ずっと心配して、お節介じゃないけど
気を使ってくれる近所の友人が残った。
それといっぱい励ましてくれるネットのお友達。
感謝してます。
mamajo
2008/03/22 07:04
この歌、よく物まねして歌ってました(笑)

ホント、出会いと別れの季節ですね。
私が最近出会うのは、ほとんどネットのお友達。リアル生活では、なかなかお友達って出来ません。
人見知りするし、なんか表面上だけのお付き合いというか、そんな感じになっちゃうの。

そのかわり、古くからの友人とは、もうめっちゃ仲がいい。誰かが死ぬまで、いや、もし私が死んだとしても、みんなはU君とずっと付き合ってくれるだろうなぁ。
友達っていいよね。
ゆうき
2008/03/22 08:14
>小夏さん
うちには子供がいないので、入学式や卒業式に家族として出ることはありませんが、学校茶道の指導に当たっているため、生徒さんたちの卒業式には学校から招待がきます。三年間クラブでお茶を教えた子たちが成長して卒業して行くのは、やはり感無量ですね。

実は私も早くに父親を亡くしているのですが、亡くなる前の2ヶ月くらい、入院していたのにあまりお見舞いにも行かなくて。私も、父がかなり悪い病気とは知っていましたが、まさかそんなに早くに亡くなるとは思わなかったもので…これは今でもずっと引きずっている後悔ですね。

息子さん、とってもお母さん思いですね。真夏の炎天下、毎日顔を覗かせてくれるって、なかなか出来ることではないです。やっぱりお母さんの小夏さんがお優しいから、優しいお子さんになられたんじゃないでしょうか?
葉桜
2008/03/22 16:41
>アロハさん
『セーラー服と機関銃』が流行った頃、アロハさんは小学生だったんですか〜 やはり年の差を感じるわ(笑)
あー、そういえば私の小学校も「映画館は保護者同伴で」なんて規則がありましたね。

3バカトリオ(笑) 今でも仲良しなんですね。昔の友達同士が今も仲良しと聞くと、つい長渕剛の「乾杯」を思い出します。私の学生時代の友人たちは結婚して、ほとんどが県外に行ってしまったので、なかなか会えなくて、年賀状のやり取りだけになっちゃってますね。
葉桜
2008/03/22 16:44
>mamajoさん
そうそう、入院中に流行した歌なんかを聞くと、何となく切ない気分になりますね。私にとっては聖子ちゃんの「夏の扉」なんかがそうかな? フレッシュ、フレッシュ、フレーッシュ♪が流行ったころ、いきなり入院させられ、退院の目処もたたず、留年するかも知れないという事実に怯えてました。軽い鬱状態にもなったし、昭和56年にはろくな思い出がないです〜

ネットのお友達、本当にありがたいですね。私もたくさん励まされました。PDを始めた頃はまだネット環境にはなくて、情報といえば本とバクスターの冊子くらいでした。今は色々な方とお話し出来て、時には実際にお目にかかることも出来て、本当にありがたいと思っています。
葉桜
2008/03/22 16:49
>ゆうきさん
モノマネ(笑) 私もカラオケでよく歌っていました。なつかしい〜

リアルで出会う方々は、やはりお茶を通じてが一番多いのですが、ほとんどというか、全員が年上なので、友人というより「先輩」「お姉様」になってしまいます。対等のお付き合いは無理ですが、そうした方々からは様々なことを学ぶ機会がたくさんあります。
昔のヲタク友達(笑)やネットのお友達は同年代が多いので、一緒に飲んでもくだけた話も出来ますね。

古いお友達とずっと仲良しなのは羨ましいです。上の方にも書いてますが、学生時代の友人はほとんど県外に出てしまってるんですよね。でも、何かで会って話すときは、何十年という時間を隔てていても、すぐ昔のように話が出来るのが、昔友達のいいところだと思います。ホントに友達っていいですよね♪
葉桜
2008/03/22 16:56
薬師丸ひろ子、最近久しぶりに「Always三丁目の夕日」でお母さん役になっていましたが、ナイスミドルの女性になっていました。
Green Stone
2008/03/23 11:46
いま下関商、大阪履正社との延長10回裏、2アウト、センターフライを取ったかと思ったらポロリ、さよなら負け、残念。
センター守備の子、責任感でしばらくは悩みそう、かわいそうです。
これまで高校球史ではこういう苦い想い出になった球児は沢山いたでしょうね。
気持ちを切り替えて今後の人生頑張ってほしいです。
Green Stone
2008/03/23 13:41
>Green Stoneさん
そうそう、「三丁目の夕日」では、薬師丸ひろ子さんは「お母さん」役でしたね。それを知った時、「あー、私も年を取るわけだ」なんて思いました(苦笑)
「野生の証明」で高倉健さんの娘役だったときは、確か中学2年生だったと思います。で、私も中学2年生で大して勉強もせずに遊び呆けてました(笑)

ナイスミドルの女性、私もそうなりたかったですわ〜(精神が成長しなかったのか、いつしかただのオバサンになりました)
葉桜
2008/03/23 18:18
>Green Stoneさん
実況ありがとうこざいました。今日は1日、お茶の研究会に出ていたので、それが済んでから携帯でここのコメントを見て、「あーん、下関商、残念〜」とこっそり心の中で呟きました。

センター守備の男の子、物凄く辛いでしょうね。「あの時しっかり取れていれば」って、思わずにはいられないのではないかと…でも、しばらくは辛いでしょうが、どこかで気持ちを切り替えて、今度は夏を目指して頑張って欲しいですね。
(私の母校U商も頑張って欲しいですが^^)
葉桜
2008/03/23 18:23
たまたま電気店に行っててテレビ売り場で、そのシーンを目撃しました。かわいそうだったわーその子泣いてたし・・・プロ野球も高校野球もあまり見ませんが、たまに見ると高校生はみんな一生懸命でつい引き込まれてしまいますね。いつの間にか高校野球の選手が年下になってたわ〜
blue-rose25
2008/03/23 21:40
>blue-rose25さん
やっぱり泣いてたですか…今後長く引きずることがなければと思います。

私も昔、ヒイキの選手がいた頃はわざわざ球場(しかも西武球場)まで足を運んだものですが、最近はすっかり見なくなりました。あ、でもハンカチ王子だけはわかるという…やはりミーハーだからかしら(笑)
葉桜
2008/03/23 22:05
薬師丸ひろ子さんの「セーラー服と機関銃」と「探偵物語」、カラオケに誘われたら必ず唄うレパートリー曲だけど、学生さんや若い先生は???って顔されてしまいます(笑)。
nao103
2008/03/24 20:10
>nao103さん
「探偵物語」…きゃー、懐かしい〜〜! 私が19歳の時の曲だったと思います。あー、若かったわ、あの頃は(遠い目←何か思い出しているらしい) 私もこれ、よく歌っていたんですよ。
男性が歌う「セーラー服と機関銃」は、来生たかおさんの「夢の途中」のキーの高さになるんでしょうか。
nao103さんが歌われるこの二つ、ぜひお聴きしたいです♪
葉桜
2008/03/24 21:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
さよならは別れの言葉じゃなくて 葉桜の「日々是好日」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる