葉桜の「日々是好日」

アクセスカウンタ

zoom RSS 初稽古

<<   作成日時 : 2008/01/23 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

今日は初稽古でした。初稽古なので、難しいお点前は行わずに、交代で
濃茶と薄茶を点てて、恒例の花びら餅とお干菓子でのんびりとくつろぎました。
私は濃茶を練りましたが、今日はどうにか上手く練れたようです。
炉開きの時、娘先生の濃茶点前を見て、練り方を盗んだのもありますが(笑)
でも、何はともあれ濃茶は数多く練らないと、ツヤのある、おいしいお茶に
ならないんですよね〜 修行あるのみです。

私の稽古場では炉開きをかなり遅くにやるので(いつも12月に入ってから。
11月は地区大会その他、行事が多過ぎて娘先生の手が空かないので
出来ないのです)改めて「初釜」というのは今はやっていません。
支部の初茶会が初釜代わりでしょうか。娘先生が幹事長を下りたら
初釜を含めてお茶事をバリバリやるそうですが…さてはて、老先生の弟子である
私は呼んでもらえるのかなー? お客で呼ばれるよりも、お水屋の
お手伝いに呼ばれる確率の方が高そうです(笑)

夜咄や暁の茶事、茶飯釜の茶事など、憧れの茶事は数多くありますが
どのくらい経験出来るかしら。口切りの茶事などは、一生かかっても
お目にかかれないかも〜

話は変わりまして。

昨日のアッシー事件(笑)、何故か老先生の耳にも入ってました。
そのことについては、特に何もおっしゃらなかったのですが、
お客もいないのに最後までいたことに関しては「そういう時は用事があるとか
遠方から来ているとか言って、4時くらいになったら引き上げなさい」なんて
言われました。でも、向こうから「お引取り下さって結構です」と言われない以上
10時から17時と決まっているのに、勝手に引き上げるなんて出来ません。
そりゃ老先生ほどになれば、あちらの方に「そろそろおいとまします」と
言えるかも知れませんが、私なんかが言えるわけないじゃないですか〜
勿論、お客さんは来ないし、アッシー事件はあるしで、とっとと帰りたかったのが
本音ですが(苦笑)やはりそれは言えませんね。

ところで老先生、2月に入ってすぐ目の手術をされます。
私が透析に通っている病院の眼科で。私はここに1日おきに行くから、
「お見舞いに伺って宜しいでしょうか」と聞いたら、「あなたなら寝間着だろうと
髪が乱れていようと見られても構わないから、ぜひいらっしゃい」と
おっしゃったので、手術日(水曜日)を除いて、こまめに覗こうと思ってます。
やっぱり入院してると心細いものですし、その気持ちは何度か入院してきた
私もよくわかりますので。
「多分片側ずつの手術だろうから、今回は左側だけと思う」なんて
おっしゃってましたが、まさか同時に手術で真っ暗なんてことはないですよね。

さて、明日はやっとまる1日空いているので、髪の毛を何とかして、あとは
新しい保険証がやっと届いたので、サボり続けていた整形にリハビリしに
行こうと思います。日曜日が初茶会なので、11月以来伸ばし放題の髪を
少しどうにかしなきゃ。

多分金曜も週明け月曜日も4時間透析。茶会後の疲れた体にこれはチト
きついわ。今、どういうわけか入院患者さんでHDFの人が多いので、
使えるベッドが限られていて、なかなか5時間に戻してはもらえそうにないです。
とりあえず早めに寝て、透析効率は血流でどーにか稼いで、5時間に戻して
もらえるまで頑張りますわ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
初釜の時期ですね〜。
以前、お茶を習っていた頃何度か経験しました。
松江は茶道が盛んでお茶室もたくさんあります。普段のお稽古は服なんだけど、この日だけは着物を着るのね。
薄茶点前をさせて頂いた時、張り切って振袖着ていったら慣れない着物と場所でチョ−緊張。カッチカチ。足の痺れも忘れるくらい(笑)

昨日はお客様が少なくて残念でしたね。
でも、暇だからって「お先に失礼〜」とはなかなか言い出せないよね。解るわ〜。
リリー
2008/01/24 01:03
>リリーさん
私の社中でも、老先生が若かりし頃(20年以上前)は初釜をやっていました。先生のお点前を拝見する機会はその時だけでしたから、とても楽しみにしていたのを覚えています。今は炉開きが遅いため、初釜は簡単な初稽古でお料理はなしで、お濃茶とお薄だけになりましたが、そのうち初釜復活?させると娘先生(私の師匠の娘さん)が張り切ってらっしゃいます。
慣れない着物でお点前は緊張しますよね。私も昔、洋服で稽古をしていた頃、たまに着物で点前をするとガチガチになってました。今では逆に洋服で点前すると心許ない気がします。慣れって怖いわ〜(笑)

一昨日は雨は降るし、寒いし、しかも場所は物凄くへんぴな所だし、最初から「誰も来ないかも」と思ってたんですが、本当にその通りで。だからって「もうこのへんで」とは言えませんね。一応10時から17時って開催時間が決まってましたしね。「お茶席は16時まで」なんてなっていたら、帰ることを申し出ることも出来たのですけどネ。
葉桜
2008/01/24 09:06
目の手術はよほどの事がなければ片目づつではないでしょうかねえ?白内症は入院の場合は中一日で片方づつしてましたね.
あなたなら・・・・構わない.そう言っていただけるほど心を開いてくださっているんですね.

そう言えば骨折?したところはこのところの寒さで痛みませんか?
こちらは昨日とは違いとてもいいお天気です.

ねこの母
2008/01/24 11:55
>ねこの母さん
私も、両方の手術が必要だとしたら片方ずつだと思います。今回は緑内障の手術とおっしゃっていたので左目だけなんじゃないかと。多分、詳しい話は娘先生がドクターから聞いてらっしゃると思いますけどね。

多分、老先生にとって私は孫みたいなものではないかと(笑) 12歳になったばかりの時から先生の下でお稽古してますので、今回のお見舞いもOKして下さったのかな?と思います。

骨折したところ、たまに鈍い痛みが起きますね。やはり冷えるといけないようです。こちらは今日は最高気温6℃。とても寒い1日でした。
葉桜
2008/01/24 21:39
やはりお濃茶は難しいんですね〜その美味しさが分からないままお茶をやめてしまったので、いただく機会もないですが・・・

大御所先生だと、もう帰ります、とか言えそうだけど、やっぱりそんなこと言えないですよね〜
でも老先生も手術となると不安な気持ちもあるんでしょうね。孫のようにかわいい葉桜さんが顔を見せてあげると安心して喜ばれると思います。

ホントに今週はずっと寒くて肩がすぐガチガチになってしまいます。寒いと姿勢も悪くなるので気をつけないといけません。。。
blue-rose25
2008/01/24 22:48
>blue-rose25さん
濃茶をご所望なら、お茶セット一式持参でお伺いしますわよ(笑) もっとも、もっと腕を上げないと、社中外の方にはまだまだ飲んで頂けないと自分では思っています。
昨日は「初めて濃茶を練った」という方のお茶を頂きましたが、自分が初めて練った時のことを思い出しました。その方、水屋で「私は練ったことがないので、点前は濃茶でお薄を点てた方が」と恐縮されてたんですが「私、今日はまだ濃茶を頂いてないので、ぜひ練って下さい!」とリクエストしちゃいました。

老先生は、業者さんから直接頼まれているので、都合によっては「早く帰ります」と言えますが、老先生がいないところで、私たち手伝いの人間が「帰ります」とは言えませんね〜
老先生が手術の頃は、娘先生も何かと忙しいので、ちょっとした買い物などを引き受けるためにも、こまめに覗こうと思ってます。

寒いとつい猫背になるんですよね〜 私は普段から姿勢が悪いので、意識して背筋を伸ばすようにはしてるんですが…気をつけないと(汗)
葉桜
2008/01/25 00:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
初稽古 葉桜の「日々是好日」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる