葉桜の「日々是好日」

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島ラプソディ2 〜ゼミ修了式→臨時透析スタート〜

<<   作成日時 : 2007/11/27 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11/23は二年間通った裏○家中国ゼミナールの閉講式でした。
毎年5回、計10回。その間にはシャントトラブルやPDカテ抜管手術なども
あったのに、幸いに一度も休むことなく皆勤出来ました。

さてさて…「有終の美」で飾らなくてはならないこの最後のゼミに
私ときたら、危うく遅刻しそうになりました(汗)
新山口が8時26分発の「のぞみ」の切符を取っていたんですが、前の日に
目覚まし時計をかけるのを忘れて(正確にはかけるつもりが寝てしまったと
いうか…布団に入って「何時にかけたらいいのかなぁ」などと考えているうちに
そのまま寝入っちゃって)起きたら7時20分!
もう朝ごはんを作っていては間に合わないので、亭主にひとまず謝ってから
着物を着てメイクして…この間、約20分。家を出たのが7時40分で、新山口まで
高速を使って…なんとか8時10分頃には着いたのですが、なんと駐車場がどこも
満車!!

うっそぉ〜〜〜!

などと心の中で叫びながら、なんとか空いているところがないかと探したら
向かい側の通りの駐車場に「空車」の文字が。大急ぎでそこに止めて、
駅までダッシュ。といっても、着物なのでどんなに急いでも洋服のときのような
わけには行きません。それでもどうにか駅の売店でサンドイッチとペットボトルを
買う時間くらいはありました。新幹線、指定にしておいてよかったです。
朝からこれだけバタバタして、自由席で立っているのはさすがにキツイですもん。
(って、自分が悪いんですが)

今回のゼミの科目は「初炭、唐物、貴人清次薄茶、茶通箱付花月」でした。
閉講式があるので、科目がいつもより少なかったんですが、おかげで
早めに終わることが出来ました。(だから、一旦ホテルに入る時間も出来て、
着物のまま臨時透析施設に行かずに済みました)
この日は最後だからとデジカメを持って行き、班の皆さんと集合写真を
撮りました。そしたら、他の班のお姉様たちからも「私たち、カメラを誰も
持っていないから撮って下さい」と頼まれて、いくつかの班の集合写真を
撮って差し上げたり…私のヘタクソな腕なので申し訳なかったですが、
カメラが役に立って良かった〜

こちらがこの日の床飾りです。

画像


閉講式が済んでから外に出たら、道場の前の狭い道路は近くの紅葉の名所に
行こうとする車で一杯! タクシーを頼んでたのですが、これではいつになったら
乗れるかわからないので、ひとまずキャンセルしてバス停へ。横川駅までバスで
移動、そこからタクシーでホテルへ。あのまま道場でタクシーを待っていたら、
一旦ホテルに入る時間がなかったかも。

臨時透析施設のN島T谷クリニックは今回で3回目です。
今まではずっと4階だったのに、今回は珍しく3階。
4階ではリクライニングシートでしたが、3階はベッド。
3階にもリクライニングはありましたが、私が案内されたところはベッドでした。
でも、微妙に狭いベッドだし、お隣との間はほとんど空いてないし…
右シャントの人は反対向きに寝てるしで(呉の病院と一緒。広島の病院全部が
そうではないでしょうが…ちなみに私のところは右シャントの人の時は
コンソールを移動させるため、足元に頭が来るようなことはないです)
いささか落ち着きません。まあ、慣れたらどうってことはないのでしょうが。

で、体重と血圧を測っている時に、看護師さんが来て…
看「葉桜さんはいつも金曜日は5時間なんですよね」
私「はい、そうです」
看「あの、きょうはどういうおつもりで…というか、どういうお時間で…」
うーん、それって私が4時間で承知しているということの確認?
でも私は「5時間なら16時までに入って下さい」という指示をこの病院から
受けていたので、それをそのまま伝えました。

それで了解してもらえましたが、それからは大急ぎでベッドに案内され
今までなら17時一斉穿刺するまで待機だったのですが、穿刺時間にもなって
いないのに、これまた大慌てで穿刺。まあ刺すのは慣れていらっしゃるので
失敗なんかはなかったですが…向かい側の人はまだだーれも刺してないのに
慌てて穿刺したということは「とにかく21時には終了!」ということなのかしらん?
それとも、終電に間に合わなかったりなどの気遣いをされたのかしら?
(あとから聞かれたんですよね、新幹線の時間などは大丈夫ですかって。
今日は近くに泊まるので大丈夫ですって伝えましたが)
別記事に書きますが、こちらのスタッフさんは本当に親切だし、色々と
気を遣って下さるんですよね。それはもう申し分ないと思います。

それから「血流は200でいいすね」と聞かれたので、「いつも260です」と言うと
「あら、そうなんですか?」…施設から指示書を持って行っているのですが。
「まだ2階からこちらに来てないので」って…うーん。
液温はその時は36度ということで、私も暑かったから「もしあとで寒くなったら
言いますから」ということで、とりあえずスタートしてもらいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
広島ラプソディ2 〜ゼミ修了式→臨時透析スタート〜 葉桜の「日々是好日」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる